抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ラジエーションハウス 第5話 あらすじと感想

 

今回は死亡時画像診断(Ai)のお話。

 

前回(4話)はこちら↓
新人技師の ひろの(広瀬アリス)は人工知能のAIと勘違いして馬鹿にされていたけど、それは視聴者のため…ですよね。

死亡時画像診断とは…

遺体にCTやMRIを使って死因を究明すること。だそうです。

Aiの話といえば「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」。面白かった。伊藤淳史仲村トオルのドラマ。

 

技師の威能さん(丸山智己)はAiのスペシャリストらしい。

妹を亡くした際、ちゃんと死因を調べてあげれば良かった…と後悔しているようだ。


そこへ救急からAiの依頼が。亡くなったのは13歳の男の子、藤本直樹(南出凌嘉)。弟とキャッチボールするために来ていた河川敷で倒れていたらしい。

目立った外傷はなく、詳しい死因を調べるためAiの承諾を求めるが、両親はこれを拒否。


弟の雄太(斎藤汰鷹)は近所に住む少年・山村(小林喜日)とロビーで待っていた。

山村くんは当時不在だった直樹たちの両親に代わり、救急車を呼んだらしい。

お兄ちゃんが死んだのは僕のせいだと泣く雄太。


日本では死因のわからない異状死が年間15万人いて、そのうち解剖に回されるのはたったの2万人だとか。

解剖には遺族の承諾が必要であることもあり、簡単にはできないらしい。

異状死が実は殺人だったとすると、解剖されないことで有利になるのは遺族。そしてこのことで最も深刻な問題になっているのが児童虐待だ。

親が解剖を拒否すると死因を究明できないため、場合によっては完全犯罪が成立するという恐ろしい話を聞いて、直樹の腕の痣や身体の傷を思い出す ひろの。


Aiなら解剖しなくても画像から死因を調べることができる。

あれ。でもAiも遺族の承諾をとってなかった?直樹の両親は拒否していたし、虐待している親も拒否しそうだけどな。

 

f:id:matchadrama:20190507185155p:image


結局直樹の母親は、このままでいいのか…と悩んだ末Aiを承諾。


ご遺体だと線量を増やして高画質な画像を撮ることができるらしい。

忙しい中Aiを受け入れて、仕事の采配を振るうたまき(山口紗弥加)がカッコイイ。

真剣に仕事をする五十嵐もカッコイイ。甘春先生にデレデレしてる時とギャップがありすぎて。


画像診断の結果、直樹の死因は肝臓破裂による出血性ショックと判明。皮膚に異変は見られなかったため、これはAiでないとわからなかったことだ。

ボールが当たったくらいで肝臓は破裂しない。ということは、事故か殺人である。


痣が気になることもあり、やっぱり虐待を疑うひろの。

山村くんの話では、直樹は母親の連れ子で、父親から叩かれたことがあると言っていたとか。お父さんは義理の父親だったのね。

父親は一度だけ手を上げたことがあると認める。


雄太によると、家を出ようとしたら直樹から電話があり、財布を忘れたから持ってきてくれと言われたらしい。財布持って行ったらお兄ちゃんが倒れていたと。

何やら考え込み、突然山村くんにボールを投げる五十嵐。


その後、関係者を集めて五十嵐が話を。

アメリカでボクサーが試合後に肝臓破裂で死亡した事例があり、今回の事例によく似ている。

よって今回の犯人は格闘技の経験者、さらに状況から見て左手での攻撃であり、犯人は左利きであると。ちょっと…無理ない?ない…そうですか。


父親は右利きだし、直樹に手を上げたというのも、夜遅く帰ってきて反抗的な態度をとったためひっぱたいたということで、ずっとそのことを後悔していたらしい。父親は直樹と本当の親子になりたがっていた。

雄太によると、直樹も本当は父親と仲良くしたがっていたらしい。苦手なキャッチボールを練習して、父親とやりたいと思っていた。どうやら父親による虐待はなさそうだ。

となると…。

 

「左利きの格闘技経験者はこの中にいる…!」

 

突然金田一みたいな展開きた!


なんと山村くんが~~??

まぁ父親以外に怪しい人、山村くんしかいないよね。空手もやっているらしい。

五十嵐が投げたボールを、山村くんがとっさに左手で受け取ったことなどから、左利きであることを推測。

 

素朴な疑問だけど、打撲の痕が残ることなく肝臓破裂させることが本当にできるのかしらって。何かすごい技?のような気がしてしまって。アメリカの話はプロボクサーでしょ?その辺のいち空手少年にできるのか。


それはともかく、「あんなんで死ぬとは思わなかった」と白状する山村くん。

父親から暴力を受けている山村くんは、義父と上手くいっていない直樹に親近感を覚えていたらしい。

「前は親父なんていらないって言ってたのに、直樹が裏切ろうとするから。」

同じ境遇だと思っていたのに、父親と仲良くなろうとする直樹が許せなかったと。


ここで当日の映像になります。

えっ、いきなり殴ったん

ひどい…


でも山村くんもある意味被害者…。

だからといって大切な子供をこんな理由で奪われたらたまらない。


山村くんも可哀想な境遇ではあるけど、ちょっと卑怯だった。

五十嵐に「直樹は母親の連れ子で、父親とうまくいってなくて叩かれたらしい」と告げ口して父親に罪をなすりつけようとしていたよね。


遺された直樹の携帯に「お父さん」と登録されているのを見て泣き崩れる父親。


ちょっと救いようがないやりきれない話。

山村くんもある意味被害者なんだけど…。

ドラマとわかっていても子供を亡くす話は辛いです。せめて山村くんが暴力を振るう父親から離れて、更生できることを願います。