抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

インハンド 5話 あらすじと感想

 

インハンド 5話 ネタバレありのあらすじと感想です。

CDC…アメリカ疾病予防管理センター。紐倉(山下智久)と入谷(松下優也)の元職場。

SM対策室…サイエンスメディカル対策室。牧野(菜々緒)が所属する部署。

 

5年前に亡くなった元助手、入谷の姿にうなされる紐倉。

右腕にまつわる記憶がフラッシュバックすることで、ないはずの腕が痛むという幻肢痛に苦しむ紐倉を見かねた高家(濱田岳)は、心理カウンセラーを呼ぶ。

そのままの姿では紐倉に受け入れられないと思った高家は、寄生虫愛好家として紹介。笑
サナダムシTシャツを着せられるカウンセラー。サナダムシに食いつく紐倉。

f:id:matchadrama:20190511185044p:image

「そのサナちゃん、いいよねぇ」

寄生虫トークをしようとする紐倉の顔。ちょっと胡散臭いとか面倒だとか思いつつも、サナちゃんについては語りたいっていう絶妙な表情。

でも寄生虫愛好家でないことはすぐバレた模様。腕にマダニをつけられて、即逃げ出す。

うん、これが普通の人の反応よね。
すんなり受け入れていた高家はやっぱり ドM 貴重な存在。

 「何がしたいんだ」と高家を問い詰める紐倉。

「お前はもっと外へ出ていくべき人間なんだ。幻肢痛を治すために治療してほしい」と訴えるが、紐倉は余計なお世話だと突っぱねる。

もうすでに治療は色々と試した。それでもダメなんだと。

「亡くなった入谷さんのことか?」と聞く高家。

「入谷は僕を恨んでた。僕が入谷を自殺に追い込んだ。入谷が落ちるとき、あの時あいつがなんて言ってたのか思い出せない。

お前が来てから痛みが酷くなってる、出て行け。」と言われ、荷物をまとめて出て行く高家。まさかの家出。部屋から出て行くだけかと思った。

 

一方、いつも手柄を他の部署に横取りされているせいで、成果が見えないと言われたSM対策室。内閣官房スリム化のあおりで存続の危機。

真実よりも「どう見えるか」が大事なんですね。わかりました。

優秀な紐倉博士をアドバイザーとして雇うことで、これを回避しようとする網野(光石研)。

紐倉には疑わしい過去(入谷を自殺に追い込んだかもしれないこと)があるからダメだと言う牧野に、「上がこの部署をたたむと言い出しかねない危機なんだから、紐倉の手綱を握っとけ。お前にかかってる」と丸投げ発言。


さて。研究所を出てカプセルホテルに泊まる高家のもとに牧野がやってくる。

SM対策室存続のためにも、紐倉が入谷を自殺に追い込んだという海外の記事の真相を探ることに決めた牧野は、紐倉のCDC時代の上司を見つけていた。

フューチャージーンという会社のCEO・福山(時任三郎)だ。

「会って話を聞いてみよう。紐倉が入谷を自殺に追い込むような人間じゃないとわかったら、SM対策室に招聘する。」と牧野。

 アポが取れなくてなかなか福山に会えない二人だったが、裏口に行ったらたまたま出てきた!タイミングが良すぎる!


「紐倉のことはずっと気になっていた」と福山。

入谷は正義感が強くて明るい、情に厚い男だったらしい。牧野の言うとおり、誰かさんとかぶるね。

「入谷はクローン病(免疫系の異常で消化管の至るところに炎症が起きてしまう難病)だったから、アメリカに連れて行くのは反対だった」と話す福山に、
「本当に紐倉が入谷を自殺に追い込んだんでしょうか?二人に何があったんですか?」と切り出す高家。

 

ーーーー

5年前。フィリピン沖の小さな島

CDCはアジアで流行がみられる感染症について調査していた。

仲良く働く紐倉と入谷。
寄生虫天国で イキイキ♪ している紐倉。

泥水を浴びる姿も無邪気で可愛いじゃないですか!

「いつか世界を救うのはおまえなんじゃないかと思ってる。最高の助手の自分がいるから」と笑う入谷。
兄弟のように仲が良かった二人。

そんなとき、二人を慕ってくれていた少女マリアがエボラウイルスに感染。

「アジアでエボラ?」と驚く福山。

CDCに報告するとすぐ翌日、キャラウェイ率いるアメリカ陸軍が調査にやって来た。

報告してすぐ、しかもこんなに大勢でやって来るなんて妙だ。まるでエボラが発症することを知っていたかのようだ…。怖い…


最初の患者であるマリアの感染源を調べようと、二人はマリアがいつも遊んでいたというジャングルの中へ。

エボラが蔓延しつつあるのにあんな軽装で大丈夫なのかな。

そこで二人は墜落した米軍機の残骸を見つける。さらにガスマスクや、エボラウイルスを輸送していたらしい痕跡が。

そんな中、マリアが亡くなる。

感情的になる入谷を抑える紐倉。
島から撤退せよとの命令が出るが「俺は残る。島を見殺しにできない」と言う入谷。
「残ってもできることは限られる。感情の奴隷になるな!」と紐倉。
「わかったよ…」と言いながらも紐倉の手を振りほどく。絶対納得してないよね。決別する二人。

 

その後、アメリカに戻り、入谷とは別のチームで働く紐倉のもとに一通のメールが届く。

添付されていた画像には、村を焼き払う軍の姿が。


紐倉のもとを訪れてきたキャラウェイは「感染は落ち着き、村は元の姿に戻った」と言うが…。
どうやら入谷について探りを入れに来たようだ。

なぜなら入谷は、密かに病原体を持ち帰って研究していたのだった。やっぱりー!

その結果、病原体はただのエボラではなく、人工的に感染力も殺傷力も増幅させた新型ウイルスの生物兵器であり、軍はそれを隠蔽するために島ごと消そうとしたと。

輸送の途中で墜落して、意図せずともウイルスをばらまくことになってしまったのを隠蔽しようとしてたってことだよね?輸送機に乗っていた人はどうなったんかな。

 

送られてきた画像は、亡くなったマリアの兄・マニーが入谷に頼まれて送ったものだった。入谷に送ったのと同じものを紐倉にも送ったということらしい。


入谷が病原体を持ち帰ったことを嗅ぎつけた軍が二人を包囲する。

紐倉が共犯だと思われないよう、わざと「I hate you!」と叫んで建物から飛び降りる入谷。咄嗟に掴む紐倉。引き上げようとしたそのとき、軍に腕を撃たれーー

落ちていく入谷。 

ーーーー

 

これが福山が語った真相だった。随分詳しいことまで知ってるな。

「どうして紐倉のようなひねくれ者の助手をやっているのかな?」と訊ねる福山。

「あいつは必要なやつだからです。いつか世界を救うって僕も思ってます。」と答える高家。

 それを聞いた福山は、入谷の遺留品を高家に託す。その中にあった研究日誌を読んだ高家。研究所に戻り、紐倉に日誌を読むよう促す。

日誌によると、入谷はエボラの生ワクチンを開発しようと研究していたが、ある日誤ってウイルスを自分に刺し、エボラに感染してしまう。うそん…。

「なんで教えてくれなかったんだ…」とうなだれる紐倉に、高家は「そんなことをしたらお前も共犯者になってしまう。助手は研究者を支えるのが仕事だ。自分が足を引っ張ることだけは許せないんだ」と。
いつの間にか助手の鑑みたいになってる高家。


「お前が世に出て行くのをそばで見ていたい」という入谷の言葉を思い出す紐倉。


日誌の最後には

紐倉哲の助手で良かった

哲、ありがとう

と書かれていた。

そうだ、入谷の最期の言葉は「紐倉哲の助手で良かった。哲、ありがとう。いつか新しい助手を見つけてくれ。仲間を見つけてくれ。あとは頼んだぞ!世界を救ってくれ」だったのだ。意外と長かった。

涙を流す紐倉。

ふと、CDC時代の集合写真の左上、欠席した生徒みたいに小さく貼られた高家の写真に気づいて「あいつ…」と舌打ちする。

言葉ではうまく言えないんだけどね、親しみを込めた「あいつめ…」みたいな紐倉の気持ちが、泣き笑いの表情からよく伝わってきた。


僕が間違ってた。
やはり一人では何もできない。
君は優秀な助手であり大切な仲間だ。

これからもよろしくな。


と、サモンに言う紐倉。

f:id:matchadrama:20190511185146p:image

素直じゃなさすぎる。笑


入谷の本心を知れたことで少しずつでもPTSDを乗り越えられると良いね。

でももう少し早く気づいていたら良かったのに。
「お前が憎い!」と叫んだ時点で、端から見ても紐倉をかばうためだとわかったけど…。
でもそのあと死んじゃったらやっぱり自分を責めるよね。


最後、厳重に保管された新型エボラウイルスを取り出す福山?
なんなの~気になる~

 

今回は紐倉の右手の秘密が明かされる大事な回だったので、だいぶ削ったのに長くなりました。
最後まで読んでくださった方ありがとうございます!

次回も楽しみ!

 

前回のあらすじと感想はこちら↓

 

www.matchadrama.com

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村