抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

向かいのバズる家族 7話 あらすじと感想

 

向かいのバズる家族 7話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

あかり(内田理央)・緋奈子(高岡早紀)・薪人(那智)が、女性と親しげに歩く篤史(木下隆行)の姿を目撃してしまい、ギスギスしている篝(かがり)家。

また、前回じいちゃん(小野武彦)と対面し、今度はあかりの両親にも会いたいと言う涼太(白洲迅)。

桃ハゲチョップが好調で、客にほめられる桃ちゃん(小川紗良)。

 

そんな中、きゃりーぱみゅぱみゅが「いいね」したことでバズる緋奈子の生誕祭動画。

篤史が手がけるドラマ「少年スナイパー 新平!」も、青年編になってから好意的なコメントが増え、制作陣はこのチャンスを逃すまいとバズらせる作戦を立てる。

 

緋奈子と篤史によるバズりソング&ラップ。プロモーションビデオ?
完成度が高い…!あとでもう一回見よ。

 

あかりはナマハゲチョップのネタ帳作ってたんだ。もうほとんど仕事。笑
色々なことがありすぎてスランプに陥ったあかり。
精彩を欠いたナマハゲチョップを配信したところ、鍋島(笠松将)からまさかのダメ出し。ただの熱心なファン。

 

カフェの厨房・伊勢谷(永野宗典)は、本気の恋なのかファン心理なのか知らないが、緋奈子がバズってしまって不満げ。
ラーメン屋で愚痴る様子を見ていた客が、緋奈子があかりの母親だということをネットに投稿する。

同じ夜、作戦通りバズった新平。
プロデューサーである篤史の存在が浮き彫りになり、「篝(かがり)」という苗字から、あかりとの関係も紐付けされてゆく。

 

SNSの歴史は夜作られるーーー 


ヒナチャンネル、新平のプロデューサー、カフェの店長、薪人が繋がり、まるでドミノ倒しのようにネットの海に広がってゆく…。

f:id:matchadrama:20190517133546p:plain

翌朝。まとめサイトができてる…怖い。
嵐の前、静まり返る篝家。

あかりは変装して出勤するが、カフェの前で待っていた人たちに取り囲まれてしまう。
犯罪をしたわけでもないのに一般人がこんな取り囲まれることってある??
「知らぬ存ぜぬ作戦」で、何を聞かれても否定するあかり。ヒナチャンネルが母だと知られるのは嫌だな、確かに…。

 

緋奈子は変装すら楽しんでるよね。優雅だもの。
ご近所の奥様たちにも自分からご挨拶。変装を見て「どうしたのかしら?」と言う奥様に、もう一人の奥様が「篝さん、おバズりになってるのよ」って。
バズるの尊敬語は「おバズりになる」です。

 

「少年スナイパー 新平!」の撮影現場。
新平役の穂村真斗(黒羽麻璃央)に問いただされ、ネットで流れているのが家族だと認める篤史。「裏付けがとれた」と、早速拡散する穂村。これもどうなの…。
知らぬ存ぜぬ作戦するなら家族で口裏合わせておかないと…。
でも個人的には周りにこんなにネットに振り回されてる人いないけどね。
みんなそんな一般人に興味ないよね。

 

自分だけバズってない(ついでに名前を出されているだけな)ことを気にする薪人。そこ?

あかりは最初に自分がバズった経験から、過去やら知られたくないことも出てきてしまう可能性があると心配するが、「知られて困ることなんてない」と呑気な緋奈子。

その時、頼んでいないピザが届く。
住所が特定されて、イタズラされているのかも…と薪人。
しかし違った。バズっているのを知ったピザ屋からのサービスだった。そんなことってある?
喜んで受け取る緋奈子。心臓強すぎる。

 

鍋島から電話が。
「お前の家族すげえな。」と嫌らしく笑う鍋島。
科捜研の女でペットシッターやってた人かなぁ。やっぱり綾野剛に似てる。

 

度々tonight_starというアカウントから素敵なコメントをもらうあかり。
誰なんだろう…。

 

カフェの客から「素敵なご家族ねぇ。」と世間話からの、新平のサインを頼まれるあかり。色紙を預かってしまう。
さらに緋奈子の元彼?網野(大浦龍宇一)の姿が。
「娘さんのファンになりそうだな…」安定のきもさ。
「網野と会ったとお伝えください」とチョコレートを渡される。

 

好意的なコメントが増える新平。
「番組のホームページでご家族のインタビューをとらせてもらえないか」と頼まれる篤史。

 

ますます家族に会いたくなったと言う涼太。
素敵なご家族にエナジーとエモーションを感じたらしい。ほんとか。
「素敵なご家族?なんでみんなそう思うんだろう。」とあかり。
「あかりさんの笑顔を見てたら家庭がギスギスしてるなんて想像できない」と涼太。
素直で世間知らずな感じだもんな。
こいつ何もわかってないよ…と思ったかどうかはわからないが、あかりの顔から笑顔が消える…。

 

じいちゃんが来たときだけ仲良しな篝家。
ドラマの宣伝のために家族でインタビューをとらせてくれないかと切り出す篤史。
じいちゃん能天気に賛成。
「ずるいよ。じいちゃんの前なら笑ってOKするしかないもんね。私は嫌だ。もう幸せなふりして笑いたくない。今日は無理して笑えない、ごめん。」と去ったが、預かっていた色紙とチョコレートを渡しに戻ってくるあかり。
緋奈子宛のチョコレートに添えられた手紙には「俺からは逃げられない」と…。
ストーカーほんとダメ、ゼッタイ。

 

ナマハゲチョップになるあかり。
「笑うことに疲れちゃうこともある。
こんな風にずっとお面をつけていられたら楽なのにね…。」

tonight_starに笑えない旨メッセージを送る。
返信早。
「無理して笑わなくてもいいんだよ」だって。誰なんだ。

 

次回、家族解散?

 

面白いんだけど、一般人がこんなにネットに振り回されるかなぁ。バズるドラマだから仕方ないか。街の人たちもみんな篝家に興味津々みたいに描かれてるし…。
ネットで有名人かもしれないけど、ドラマの宣伝にプロデューサーの家族が出てきても…と一般人は思う。
ジャスティン・ビーバーに取り上げられてバズったピコ太郎みたいな感じなのかな。
ピコ太郎は芸能人だけどね。

あかりの過去、薪人のジャスティス活動、網野の目的、篤史と部下の女性の今後、涼太の本性(ほんとはあのままの涼太がいいけど)、あと迫滝とカフェのメンバーも気になるので最後まで見ます。(結局大好き)

 

 

ランキングに参加しています👇

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村