抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

パーフェクトワールド 5話 あらすじと感想

 

パーフェクトワールド 5話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

線路に落ちて病院に運ばれたつぐみ(山本美月)。
命に別状はなかったものの、骨折で全治2ヶ月の怪我。
血液検査の結果、貧血を起こしやすい状態だったらしい。

病院に駆けつけたヒロ(瀬戸康史)は、つぐみが疲れていたのは残業ではなく、介護セミナーに通っていたからだと樹(松坂桃李)にバラす。

倒れた時そばにいたのに助けることができなかった。
こんな体じゃなかったら助けられたはずだ。

と自分を責める樹。

 

目を覚ますつぐみ。
「落ちるとき鮎川くんが手を伸ばしてくれた。手が届いてたら鮎川くんを巻き添えにしてたかもしれない。手が届かなくて良かった…。」
それは…本当にその通りですよね。
そこへつぐみの両親が駆けつける。
樹を責める父(松重豊)。樹のせいではないと思うんだけどね…。

 

樹とつぐみのことを「純愛みたいなきれいなカップル」と言うヒロ。
きれいなものは長く続かないって…残酷な言葉ですね…

ヒロを病院に呼んだのは樹らしい。
「俺じゃ何の役にも立たないから…」と。
切ない。


後日、ナベさん(木村祐一)に呼ばれる樹。
つぐみはしばらく休職して松本で療養することになったらしい。
このまま付き合っていていいのかわからなくなる樹。
そんな樹の精神状態を心配して、毎日来ると言う長沢さん(中村ゆり)。

つぐみのスマホは充電切れで、樹に連絡できなくなっていたらしい。
お見舞いに来た妹・しおり(岡崎紗絵)のスマホから電話をかけるが、長沢さんに気づかれ履歴を抹消されてしまう…。Oh…
長沢さん、どんどん性格悪くなってきてない?

 

つぐみのお見舞いに来たけど、病室に辿り着く前につぐみの父に会ってしまった樹。
小さい頃、体が弱かったつぐみを背負ってよく病院まで走ったことを話す父。
自分は今、心臓が悪く、もう長くない。つぐみに何かあっても助けてやれるだけの体力がない。自分の代わりに背負ってくれる人に大事な娘を任せたい。つぐみは素直で優しい子だが、障がいを持った人を支えて生きていけるほど強いとは思えない。
つぐみと別れてくれ。

と頭を下げる父。
それを見ている長沢さん。 

f:id:matchadrama:20190525144014p:plain

 

やっと電話で話せた二人。
こんなに周りに迷惑をかけて、自分のしたことはただの自己満足だった…
と反省するつぐみ。やっと気づいた。
明日松本に帰ると聞いて、必ず見送りに行くという樹。
しかし翌日、車に乗り込むと急に手の力が抜けて倒れこむ樹。
長沢さんに助けられる。

樹が見送りに来ないまま、松本に発つつぐみ。

樹は合併症を起こしていた。
もし空洞症だったら仕事も何もかもできなくなると取り乱す樹。
長沢さんは「あなたは大変な苦労を乗り越えてここまできた。これからだって乗り越えていける。私が支えるから。」と樹を落ち着かせる。

 

一方、松本でふさぎ込むつぐみ。
「彼のことは忘れなさい。見送りにも来なかったし向こうはもう別れたつもりなんじゃないか」と言う父に、彼に何か言ったの?別れてくれとか言ったんでしょ?!ひどいと泣くつぐみ。
「お父さんはつぐみに苦労させたくないのよ。私だって苦労させたくない。お父さんの気持ちもわかってあげて。」と優しく諭す母(堀内敬子)。

一人で散歩していたつぐみは、偶然、樹の元カノ・美姫(水沢エレナ)に会う。
「何で見送りに来なかったんだろう?たとえお父さんに別れてくれって言われたとしても、そんな風に終わらせるやつじゃなくない?」と、その場で樹に連絡する美姫。
樹が入院していることを知って東京に帰ると言い出し、いい加減目を覚ませ!と父に怒鳴られるつぐみ。

高速バスで帰ることにしたと言うつぐみに、
「聞き分けが良くて、今まで親に反抗したことがないあなたがここまで人を好きになるなんて、驚いている。お父さんもお母さんもあなたのことが心配なのよ。」とおにぎりを持たせてくれる母。

 

結局東京から車で来ていたヒロが、そのままとんぼ返りで東京に戻り、つぐみを樹の病院へ連れて行ってくれる。
樹はずっと熱が下がらないらしい。
一度家に帰って用事を済ませたいからと、長沢さんに留守番を頼まれるつぐみ。
成り行きでヒロに送り迎えをしてもらう長沢さん。

「鮎川くんのそばにいたい。」と寄り添っているところに長沢さんが帰ってくる。
「手伝えることがあったら言ってください」と言うつぐみを完全に無視する長沢さん。
いっそ清々しい。

医師に樹が3日も排便していないことをこっそり相談する長沢さん。
樹はつぐみの前で摘便されることを嫌がっているのに、あろうことか自分がやると言い出すつぐみ。樹に部屋から出て行ってくれと言われてしまう。

 

その後、ものすごい剣幕でやって来た長沢さんに「なんで彼を動揺させるようなことするの?!」と怒鳴られるつぐみ。怒鳴られてばっかり。

彼はこんなに苦しんでいるのに…
あなたの気持ちなんてどうでもいいのよ!
愛があれば障がいは乗り越えられるなんて幻想よ!
歩けないこと、介助が必要な生活、
いつ起こるかわからない合併症、
障がいが進んでしまうことへの不安、
彼にとったら全てが日常なの。綺麗事じゃ済まないの
障がいを日常として捉えることができなければ、いくら愛し合っていても一緒に生きていくことなんてできないのよ!

なんで松本から帰ってきたの?
あなたがいたら彼は苦しむだけなのに…
なんでそれがわからないのよ!
最後はちょっと言い過ぎ。

もうはっきり言っておく。
私も樹くんが好き。
私には何が起きても彼を支えていく自信がある。
あなたよりも彼の役に立つ自信がある。
わかったらもう帰って! 

…私が男なら、いくら自分に優しくても人にこんな風に怒鳴る女は嫌だ。

 

どん底でトボトボ病院から出てきたつぐみに
「昔から腹減ると機嫌悪くなるもんなー」と、何も知らないヒロが笑う。
「今、笑えない」と言うつぐみ。
「今?ずっと眉間にしわ寄せて不機嫌だよ。空気重くして。周りにいる人間はたまらない。ほんとに幸せか?付き合うことでお互いを不幸にしてるんじゃないのか?」とヒロにも怒られる。
立ち去ろうとして転ぶつぐみ。思わず助けようとするヒロに
「私はヒロを利用してるんだよ?ほっといて!」 自覚していたのか。
つぐみが樹を好きなことはわかってるけど、ずっとつぐみを気にして生きてきたのに今さらほっとけない、と言ってつぐみを背負うヒロ
その姿を偶然見ていた長沢さんは、わざと樹にも見せる。性格悪い…。

樹の脳裏につぐみの父の言葉が蘇る。

「つぐみを背負える人に任せたい」 物理的な意味で。

 

樹は空洞症ではなかった。数日で退院できるらしい。
今回は良かった。でもまたこういう事が起こる可能性と常に隣り合わせの人生、ということなんだよね。

 

デートの約束をするつぐみと樹。
二人は本当にお互いを不幸にするだけなんだろうか。愛し合うことが不幸になるなんて悲しい。

何かを決意した樹に「後悔しない?」と聞く樹の母(麻生祐未)。
「するだろうね。この先つぐみより好きになる人には出会えない。でもつぐみに不幸になってほしくない。あいつには幸せになってほしいんだ。」

 

デートを楽しむ二人。
「楽しかった。一生の思い出だよ。」と言う樹に、「大げさだなぁ。」と笑うつぐみ。

高校生に戻ってつぐみと再会したい。
つぐみと一緒にいると幸せを感じる。
でも幸せを感じれば感じるほど想像してしまう。歩けていれば一緒に見れた風景とか…

「悔しい」と泣く樹。

何にもしてやれないから、助けてやれないから、つぐみのことをどんどん不幸にしている。どうして俺の体、こんなことになっちゃったんだろう。
つぐみのこと、本当に大切に思ってる。
かけがえのない人だと思ってる。
それだけは信じて。
今までありがとう。俺たちもう終わりにしよう。

うわぁぁん。。。。
こんな風に言われたら別れられないよね。

愛だけでは一緒にいられないかもしれないけど、愛がないと覚悟も生まれませんて。

 

長沢さんは公私混同っていうかさ…
長年世話してる看護師なんだから摘便だってできるし、樹は弱いところも見せられる。それを勝ち誇ったように言われても…。
空回りしてるつぐみに任せられないって思う気持ちはすごーくわかるけど…。
好きな気持ちは一方通行なんだから、恋人であるつぐみを牽制する権利はないよね。
「私も樹くんが好き」って言い出したときはぞわっとした。勢いに任せてすごいタイミングで言うなって。
でも長沢さんはヒロと結ばれることになったので(私の中で)、温かい心で見守ります。

 

 

ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村