抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

インハンド 7話 あらすじと感想

 

インハンド 7話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

猫のフンを集めに公園にやって来た紐倉(山下智久)と高家(濱田岳)。
砂場の猫のフンのせいで子供達の間に寄生虫の感染が広がっているらしいと言う高家と、逆に日常生活からウンコを排除しすぎたせいで子供達の免疫機能が落ちていると言う紐倉。
鶏が先か卵が先かみたいな?ちがうね。

ウンコは腸内細菌の宝庫
ウンコは人間のライフログ
ウンコを見ればなんでもわかる
と熱く語る紐倉。

f:id:matchadrama:20190528161857p:plain
ウンコは偉大なり。

さて。SM対策室に報告書を提出しに来た二人。
アドバイザーらしいじゃないですか。
そこで網野(光石研)から、牧野(菜々緒)の娘・美香が重い病気で入院していることを聞く。
牧野はタフな女性だけど、最近はさすがに疲れている様子。
友人として支えてやってくれと頼む網野。

紐倉と高家は早速、牧野の娘に会うため病院を訪れる。
手がロボットの人?と無邪気に喜ぶ美香。
義手が動く仕組みを子供相手に難しく説明する紐倉をたしなめる高家。
でも美香はカッコイイ紐倉に惚れてしまったみたい♥

美香の病気はPID(原発性免疫不全症候群)といって、免疫力が弱く、ちょっとした病気でも重症化してしまう。
牧野によると、美香の場合は消化器のみの症状という特殊なパターンらしい。
治すには骨髄移植しかないが、ドナーも見つからず、母親である牧野とも合わず、父親はもう亡くなっている。父親の賢一は科学者で、PIDの研究者だったらしい。
治療法をみつけてくれと紐倉に頼む牧野。
できる限りのことはする、と紐倉。

 

今は賢一の父が研究を行っているという、たちばな研究所を訪れる紐倉たち。
PIDは遺伝性の病気だが、賢一はPIDを発症しておらず、交通事故で亡くなったらしい。
PID遺伝子を持ちながら発症しない。自分が発症しないのには体の中に秘密があるのではと研究していたが、研究費を打ち切られたので続けられなくなったらしい。
そこで賢一が自分の精子を冷凍保存していたことを知った紐倉。

 

牧野のもとを訪れる二人。
娘を救うために新たに子供を作る気だろ、と言う紐倉。
世界的には珍しい話ではなく、そのように作られた子供のことを救世主兄弟と言うらしい。
これは、将来美香がPIDを発症したときのために、夫が娘に残した保険だと説明する牧野。
そして賢一が亡くなって5年後、美香が発症。
「色々問題があるのはわかってるけど、美香を救う可能性が少しでもあるならやらないわけにはいかない。」

同じ消化器系難治性疾患であるクローン病だった入谷(松下優也)の論文を読む紐倉。

 

アメリカCDC時代の上司、福山(時任三郎)のいるフューチャージーンを訪れ、PIDの研究に力を貸してくださいと頼む紐倉。
「慈善事業で研究はできない。
治療に効果があるというエビデンスを提出してくれ。」と言う福山。

ちなみに紐倉はナチュラリストらしい。
一つの生命を守るために一つの生命を生み出すことに抵抗があり、そのため救世主兄弟に消極的だ。
だから治療法を見つけようとしているんですね…。
当事者になってみないとわからないけれど、もし自分の子がそうなったら、一縷の望みを託してもう一人産むという選択肢も考えるかも。
でも産まれた子は大きくなってそれを知ったらどう思うか…。

婦人科の医師に、骨髄移植のためのHLAの型が一致する受精卵の確率を尋ねる牧野。
アメリカでは23個中2個という記録があるらしい。
そんなに少ないんだ…。
しかし「このまま続けます」と言う牧野。
牧野の夫はもう亡くなっているので当然体外受精でしょうが、もし生きていても、骨髄移植のための子ならHLA型が一致する子でないと意味がない(この言い方がもう嫌だ)から、体外受精になるのだろうか…。

背景は全然違うんだけど、『わたしを離さないで』を思い出した。 

わたしを離さないで DVD-BOX

わたしを離さないで DVD-BOX

 

 

紐倉の研究所。
たちばな研究所から届いた大量の論文に目を通す紐倉。

 

外務事務次官の源田(紫吹淳)と偶然会う牧野。
「どこに飛ばされたんだっけ?サイエンスメディカル対策室なんて所詮お飾り部署でしょ。」と馬鹿にする源田をスマートにかわす牧野。かっこい~。
ところで源田さんは第4話で娘が問題を起こしましたが、何もなかったことになってるのかな。上級国民だから。

 

排卵誘発剤を自己注射する牧野。

 

「遅くなってごめんね」と美香の病室に顔を出す牧野だが、御子柴(藤森慎吾)から電話が。なんと会議の時間を忘れていたらしく、またすぐ行かなければならなくなってしまった。
牧野が去ったあと、美香の容体が急変してしまう。

 

研究に没頭する紐倉を研究所に残し、一人でSM対策室にレポートを届けに来た高家。
会議から戻ってきた御子柴たちの会話から、牧野が会議の時間を間違えていたことを知る。
お腹が痛くなる牧野を別室で診察する高家。いつも忘れちゃうけど高家は医者だった。
「排卵誘発剤の影響で卵巣過剰刺激症候群になっているかもしれない。
焦る気持ちはわかるけど、まずは自分の体を大事にした方がいいんじゃないか?」と言うが、
「やめるわけにはいかない。まだ治療法だって見つかってないんでしょ?!」と声を荒げてしまい、謝る牧野。
電話で美香の急変を知らされる。
腸炎が悪化して、免疫力がかなり下がっている。警戒が必要な状況らしい。

間に合わない…と呟く牧野。

美香の検査結果が思わしくなかったことを紐倉に伝える高家。

 

夜。美香の病室。
すすり泣く美香を抱きしめる牧野。
「ごめんね、また病気悪くなって…。」子供にこんなこと言われたら切ない。
でも、「ママみたいになりたい。ママカッコいいもん。」と言ってくれる美香。
昔いたタイの話をする牧野。
貧しい子供達が笑顔になれる世の中にしくて外務省に入った。
そしてパパに出会って美香が生まれて…
パパからもらった指輪を見せる牧野。
「パパは科学者だったんだよ。」
「紐倉博士みたいな?!紐倉博士かっこいいよね。大きくなったら紐倉博士と結婚する!」
微笑ましいシーンも束の間、また突然お腹を痛がる美香。

 

その頃紐倉研究所。
これだ。
HLA型が一致しなくてもインファーゼという新薬と組み合わせれば免疫の部分的再構築が見込める。
美香の治療に応用できるかもしれない。と論文を読む紐倉。

しかし「インファーゼとの併用はまだ思うような研究結果に至っていない」との結論。

美香の容体が悪化して昨日から意識が戻らない、そっちの状況はどうかなと思って…と牧野からの電話を受け、力になれなくてすまない。と謝る紐倉。

どうやら僕は天才じゃなかったみたいだ…

こんな弱気な紐倉は初めてじゃないですか?
紐倉を好きなあんなに可愛い美香のために頑張って…

 

一方、採卵していた卵子は、HLAの型が合うかどうか以前の問題で、一つも受精に成功しなかったらしい。
また一からやり直し。
やり直しって一言で言っても、またすぐに排卵誘発剤を使うわけにはいかないし、最低一ヶ月は何もできないってことだよね?今の牧野にはとてつもない長い時間だよね。
いまだ美香の意識は戻っていない。時間がないと焦る牧野。

 

「牧野ダメだったって…」と、受精がうまくいかなかったことを紐倉に伝える高家。
賢一が残したファイルを眺めている。
賢一は自分の体に秘密があるのではないかと、血液や精子以外にも爪や髪の毛に至るまであらゆるものを保存していた。
そのことと、美香の症状は消化器だけという特殊なパターンだという牧野の言葉とリンクさせる紐倉。

 

そうか、それで良かったんだ。


美香の病院で涙を流している牧野の元へ紐倉と高家がやってくる。
美香ちゃんを救う方法を見つけたぞ。

どうも、天才です。僕に不可能はない。

天才としての自信を取り戻したみたいで良かったよー。

高家「俺たちがお前の救世主兄弟だ!」


主治医に説明する紐倉。
その治療法とは、糞便移植
腸内細菌のバランスが崩れた患者の腸に、健康な人間の腸内細菌を移植するという、とてもセクシーな治療法らしい。
普通のPIDは糞便移植では治らないが、美香の場合は消化器症状に限定した特殊なPID。
欧米諸国では通常医療として行われていることもあり、やってみる価値はあると思うと主治医。

ところで…誰の糞便?と牧野。
紐倉のかと思ったら賢一のだった。(そりゃぁそうだよ!)
自分の体の中にPIDの症状を抑える何かがあると考え、あらゆるものを保存していた賢一は、もちろん糞便も保存していた。
自分より先にウンコをライフログ化していた賢一に嫉妬心を隠さない紐倉。

これはこの治療法を思いついただけでは実現できない。
賢一がウンコを残していたからこそできる治療なのである。

 

治療のおかげで無事退院した美香。
もうすぐ学校にも行けるらしい。
「天才博士、病気を治してくれてありがとう!」
「人間のお腹の中にはたくさんの小さな生き物たちが住んでいるんだ。
その小さな生物たちがケンカしたから美香は病気になってしまった。
だから美香のお父さんのお腹に住んでいた生き物たちに入ってもらって仲直りさせたんだ。病気を治したのはお父さんなんだよ。
いいパパだな。」
わかりやすく説明できるじゃん!

義手でほっぺをプニプニすると、「痛いよ、哲~♥
「哲?馴れ馴れしいな。」と言いながらも嬉しそうな哲。

ママと紐倉博士っていい友達だね。

 

紐倉に礼を言う牧野。
紐倉は「正式なパスポートをくれ」と頼むが、まだ日本にいてもらわないと困るからダメだと断わられる。

「あなたは日本を救う人だから。私は本気でそう思ってるから。」

 

さて、牧野は網野からある人を探ってほしいと言われる。
それはフューチャージーンの福山だった。
国内外の優秀な科学者を引き抜いているらしい。
何か企んでいるのでは…と、内々に探ってほしいとのことだった。

 

糞便移植について福山に報告する紐倉。
今回の件は美香にしか適用できないが、これをきっかけに何か治療法が見つかるかもしれない。
研究費を出してもらえることに。
福山に「また一緒に組む気はないか?」と誘われる紐倉。
引き抜かれた。

 

今回は牧野の母親としての顔が見られた回でした。
あんなスタイル抜群で気の強い美人だけど、美香とのシーンではちゃんと母親に見えた。
紐倉も子供嫌いそうに見えて、義手でほっぺプニプニしてるとこ可愛かったし、優しい顔してたよね。

救世主兄弟の問題は、部外者が簡単に口を出せることではないってことを紐倉はちゃんとわかっていて、でも倫理的に応援することはできなくて、だからって治療法を発見しちゃったよ!なんて天才がすぎるよ紐倉博士!

そしてフューチャージーンは何を企んでいるのか。
新型エボラウィルス保存していたよね。
次回も気になります。 

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 
わたしを離さないで (字幕版)