抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ラジエーションハウス 8話 あらすじと感想

 

ラジエーションハウス 8話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

医師であることが小野寺(遠藤憲一)にバレた五十嵐(窪田正孝)。
他の人には言わないでと言う五十嵐に言えるわけないと小野寺。

杏(本田翼)は最近頭痛に悩まされているらしい。

 

二相性急性脳症で入院している少女・久美(稲垣来泉)の希望で季節外れのハロウィンをすることになった小児科。
カボチャのカードに願い事を書くラジエーションハウスの面々。

f:id:matchadrama:20190603154139j:plain

一方、盲腸の患者・陽子(佐藤めぐみ)。
夫の祐一(板橋駿谷@なつぞらの農業高校番長)はアルバイトらしい。
陽子が「薬で散らしてまた働ける」と言うとほっとしていた。

久美が陽子に願い事カードを渡す。
「子供が欲しい」とカードに書いたが、捨ててしまう。落ちたカードを拾うたまき(山口紗弥加)。

 

検査を嫌がる久美。怖いよね。
痙攣を起こしてしまい、検査は延期に。

 

身だしなみを整えてどこかへ行く様子の祐一。
右下腹部を痛がる陽子。
陽子は子供が欲しいと思っているが、祐一は「子供なんてお金がかかるだけだ」と乗り気でない。アルバイトだしね…。

 

カンファレンスで陽子の再検査を進言する五十嵐。
「虫垂炎じゃないと思う…」
自分の診断にケチをつけられて怒る鏑木(浅野和之)。
診断にケチつけられたと怒る偉い医者ってドラマあるあるだけど実際もいるのかな。実際虫垂炎じゃなかったらどうするのさ。 

杏も画像を見るが、違和感を覚えた様子。
その後、「虫垂腫瘍では?」と、意見が一致する杏と五十嵐。
しかし虫垂腫瘍は痛みを伴わない。痛みには何か別の原因があるのかも。
再検査なんかしてしまうと鏑木の手前、今後の仕事がやりづらくなるのでは?と小野寺は心配するが、患者の命が最優先と杏。

偽陽性で実は虫垂炎でしたって可能性もある。その場合は投薬で済む。
虫垂腫瘍だった場合は手術。
トリックオアトリート。
ちょっと強引だけどハロウィン絡めてきた。

知識豊富な五十嵐に対して
「なんでも知ってるんですね。」と裕乃(広瀬アリス)。五十嵐に♡特別な感情♡が生まれてきている様子。
「まるで医者ね。」とたまき。
ごまかすのが下手な小野寺。

 

検査の結果、陽子はやはり虫垂腫瘍だった。
痛みの原因は回腸末端炎の可能性が高いが、これは自然に治るので経過観察。
虫垂腫瘍の方はこのままでは破裂してしまい、その場合は卵巣や卵管を失う可能性がある。つまり子供が産めなくなるかもしれない。

虫垂腫瘍の発見は五十嵐と杏の手柄だと言う小野寺。
みんなが五十嵐を冷やかしていると、「なんか胸がもやもやする」と裕乃。

 

自分の診断を覆されて、「私の顔に泥を塗るのか…」とワナワナする鏑木に、それで患者が助かるなら本望じゃありません?と院長(和久井映見)が現れ、顔に塗る泥をくれる。
今回はドリンクじゃなくて泥パックだった。

 

60代高齢者の鬱を検索している杏。心配する辻村(鈴木伸之)。
院長職を退いた杏の父。薬が合わなくてなかなか良くならないらしい。

 

久美の検査の日。
ベッドに久美がいない。
見つけた杏と久美がエレベーターに乗っていると、突然エレベーターが止まる。安全装置が誤作動して止まったらしい。業者の到着までには30分もかかる。
閉じ込められたエレベーターの中で痙攣を起こす久美。
エレベーターを開けようとするラジエーションハウスの面々。ラジエーションハウスの階で止まってしまったからね…。

痙攣を起こした久美を手当てする杏。
外からアドバイスする五十嵐。もう完全に医者。応急処置について医者にアドバイスしてるもん。
杏も時折頭痛に襲われる。
痙攣が10分以上続くと障害が残る可能性があると、業者を待たずにエレベーターをこじ開ける五十嵐。

久美を運んだ後、倒れそうになる杏。
五十嵐が支えるが、大丈夫ですと行ってしまう。
それを見ている辻村。

 

季節外れのハロウィンの日。

f:id:matchadrama:20190603154656p:plain

子供たちがやってくる。事前に看護師から渡されていた、入院中の子供でも食べられる栄養満点の手作り菓子を配るラジエーションハウスの面々。
一人の患者の発案でお菓子まで作るって甘春病院すごすぎない?

 

「自分の子供なのに時々何考えてるのかわからない、親なのに何もしてあげられない。」と落ち込んでいる久美の母親。
五十嵐が久美の両親に話をする。
久美がハロウィンをやりたがったのは、友達のため。
入院している子たちは体調管理のため、自由に好きなお菓子を食べることができない。
みんなにお菓子を食べさせてあげたいと、ハロウィンを思いついたらしい。

「みんなのおねがいがかないますように」と書かれた久美のカード。

 

手術することになった陽子だが、夫の祐一に言ってないらしい。え?
子供が欲しいと書かれた願い事カードを陽子に返すたまき。
「きっとその願いが届いた。普通虫垂腫瘍は痛みを伴わないから、進行してから発見されるケースがほとんど。あなたは奇跡的に早期発見できた。
ハロウィンだかなんだか知らないけど仮面取っちゃいましょう。大切な人の前では素顔が一番です。」と伝える。

祐一に手術のことを話す陽子。
「今手術しないと子供が産めなくなるかもしれない。
祐一は子供はいらないと言っていて、私もそれに合わせていたけど、本当は二人の子供がほしい。」
「俺が頼りないせいで余計な心配させてごめん。」と謝る祐一。
実はバイトに行くふりをして就活していたらしい。
「ほんとはちゃんとしてから言いたかったけど、もし子供ができたら絶対家族3人丸ごと幸せにする。安心して手術受けてください。」漢!
将来のことちゃんと考えていたんだね。
でも陽子からしたら頼りなくて本当のことをなかなか言えなかった。
上手く収まった感じだけどこれからもちょっと心配です。

 

小野寺のところに院長がやって来る。
「また五十嵐くんが活躍したみたいね。」と言う院長に、
「あいつはほんとに優秀な奴です。技師としてだけじゃなく、医者としても。」と鎌をかける小野寺。
もし医師にしかできない医療行為をした場合、技師ではなく放射線科医として働くことを条件に採用したらしい。
五十嵐は頑なに技師として働きたがっているが、放射線科医として働いてくれたら医学界を変える可能性も秘めていると思う、と院長。
それでも技師として働く以上は自分の部下、変わらず技師として扱うつもりだと言う小野寺。
それをすべて聞いていた杏。

エスカレーターで倒れる杏。
偶然見ていた五十嵐は駆け寄って杏ちゃん!杏ちゃん!て叫んでるだけ。
エレベーター閉じ込め事件のときとえらい違い。

 

五十嵐が書いたカードには「ずっと一緒に働けますように。」と書かれていた。

 

ーーーー 
杏の頭痛が気になりますね。
きっとそこそこ深刻な病気で、杏の治療をめぐって技師としての限界を感じて葛藤するとかなのかな。
医師免許を持っているのに技師にこだわるって、小さい頃の約束とか杏への恋心だけじゃやっぱり納得できないなぁ。(前も言った)
実際医師法に抵触するような読影とか診断とかしてるもんね。五十嵐自身が満足できなくなっていくんじゃないのかなぁ。
エレベーター閉じ込め事件では杏に指示してたもん。どっちが医者よって思ったよね。

次回はもう今日なので続きがすぐ見られて嬉しい。 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村