抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

パーフェクトワールド 7話 あらすじと感想

 

パーフェクトワールド 7話 ネタバレありのあらすじと感想です。

f:id:matchadrama:20190611092709j:plain 

ーーーー
いずれ車椅子になる妻のため、完全バリアフリーの家を建てたいという高木(山中崇)。
その件で樹(松坂桃李)に会いに行ったつぐみ(山本美月)。
家を建てるのは自分の夢だが、そのせいで夫に迷惑をかけたくないと言う高木の妻・楓(紺野まひる)の気持ちがわかるから依頼を断ったと言う樹に、
「迷惑をかけたくない」とか「相手を不幸にしている」って、本心を隠す言葉なんじゃないか。その言葉が一番高木を不幸にしている、と、楓と同じようなことを自分に言ってきた樹を暗に責めるつぐみ。
「力になってあげて。」
依頼を受けるかはわからないけど、一度松本に行って二人に話を聞くと答える樹。

また連絡先を交換する二人。

 

樹が家に帰ると長沢さん(中村ゆり)が部屋を掃除している。
松本に出張することになったと伝える。
微妙な顔をして聞いている長沢さん。
つぐみはヒロと付き合っていて、結婚の話も出ているらしいと言うと
「樹くん、それでいいの?」と。またまた。内心ほっとしたくせに~。

 

つぐみに会えて喜ぶヒロ(瀬戸康史)。
「結婚のこと考えてくれた?お前と一緒になるまでは絶対に諦めない。」
またしつこいなぁと思ったら、
「私で良ければよろしくお願いします。」
プロポーズを受けるつぐみ。え、受けるの?!
こっそり聞いてしまったしおり(岡崎紗絵)は
「失恋確定」「目標達成」と晴人(松村北斗)に送る。
失恋確定はわかるけど、目標達成ってヒロの目標達成てこと?

 

つぐみの実家に挨拶に行くヒロ。
喜ばしいシーンなのに、この後の展開を思うと嬉しそうな照れくさそうなヒロの笑顔が哀しい…
つぐみ、こんなにみんなから祝福される結婚ってストレスなくていいなとか思っちゃうかも。

ヒロといるときに、偶然高木に会う。
つぐみが樹を説得してくれたとお礼を言う高木。
つぐみは樹と会っていたことをヒロに言えないでいたけど、実は樹からの連絡で知っていたヒロ。
つぐみは一緒に仕事をすることが決まってからヒロに話そうと思っていたらしい。
でも「いい加減ちゃんとする」って言っても気持ちの問題だからねぇ。
インテリアは別に自分じゃなくてもいいから、正式に受けることが決まったら自分は断ると言うつぐみに、そんな理由で仕事を断るのは良くないと諭すヒロ。
ヒロが嫉妬して面倒だから断るって言ってんだよ。

 

高木夫妻との打合せの日。
わざわざ東京からやって来た樹に会わないと言い出した楓。
朝は楽しみにしていたのに、急に家は建てたくないと言い出したらしい。
奥さんと二人だけで話をさせてもらえませんか?と樹。
なんか怒っている楓。
「健常者と障がい者のカップルがうまくいかないのわかってて無責任じゃないですか?」
彼の夢を奪いたくないと楓は言うが、初対面の樹に対してこの不機嫌っぷり、朝まで乗り気だった人とは思えないんですけど。

それはさておき、高木の夢とは?

高木が働いてきたレストランを見せて欲しいという樹。

 

出張を一日延ばしたいと長沢さんに連絡する樹。
いつもいるし、フレキシブルに対応してくれるけど、長沢さんは他に仕事してないのかな?

 

一晩で家のイメージ図を描いてきた樹。
それを見た楓は「素敵だと思います。でもやっぱり…」と躊躇う。ともかく楓は落ち着きを取り戻したみたいで良かった。
樹は待ってましたとばかりに、実は仕切りを外すと広い空間になり、一年中レストランとしても使えると説明。
高木の夢は自分の店を持つこと。
これなら両方の夢を叶えられる。

 

つぐみがお世話になっているハウスメーカーで長野県産の材料を使ったバリアフリー住宅を建築中とのことで、参考にするため、樹に見せることに。
生き生きと働くつぐみを見て「川奈、強くなった。」と。
一度東京へ戻る樹。

 

美姫(水沢エレナ)にヒロとの結婚を報告するつぐみ。
「無理してない?樹のこと引きずってるんじゃない?」と心配する美姫に、
「ヒロは大切にしてくれる。父も喜んでる。これでみんな幸せになれる。」と答えるつぐみ。
無理やり自分に言い聞かせている感がビシバシ伝わってきます。
みんなに祝福される結婚の方が楽だもんね…。

 

「松本と行ったり来たりの生活になったら、私のやることなくなっちゃうなー。」と長沢さん。だーかーら?

 

しおりの部屋に来る晴人。
ヒロを見に来たらしい。
足をさする晴人に、「義足外したら?楽なんでしょ?」とストレートな気遣いを見せるしおり。
樹とつぐみみたいにお互いを思いやりすぎる関係も悪くはないけど、こんな気兼ねない関係もいいよね。
自己紹介で樹の関係者だとバレないように、
けんち…(く関係で働いてますじゃなくて)、けんちゃんラーメンで働いてます…」
と声が小さくなる晴人。
屈託なく笑うヒロを見て「秒でわかるね、良い人だって。」と。

 

さてさて。なんと松本までやって来た長沢さん。プライベートの話でつぐみの職場に来たよ。
「樹くんと付き合うことになった」と言う。
不機嫌さを隠さない長沢さんを見かねてドッグランに誘ってはいたけど…。
一緒にドッグランに行く=付き合ってると周りに宣言しても良いという図式が長沢さんの中では成り立つようです。

樹と長沢さんが付き合っていると聞き、樹が「もう一度見たい」と言っていた思い出の絵を捨ててしまうつぐみ。
わかりやすくショック受けてる。
捨ててある絵を見つけるヒロ。

そんな中、ヒロと見学に行った結婚式場で、入籍記念の写真を撮っていた樹の母(麻生祐未)とばったり会う。松本って結婚式場一個しかないの?
まだつぐみに未練がありそうな母。
樹にも新しい人がいるみたいですよ…と言うつぐみ。

入籍のお祝いに母にハワイ旅行をプレゼントする樹。
つぐみに会ったと話す母。
「新しい彼女も早く紹介してね。」と言うと、
「は?何言ってんの?」
と、照れてごまかしているわけではなさそうな反応。あれ?

 

一緒にドッグランに行く樹と長沢さんとチャコ。
樹は自宅で夕食をご馳走すると長沢さんを誘って手作りパスタをご馳走する。
チャコのリードを取ろうとして長沢さんのバッグを落とし、松本行きの切符を見てしまう樹。
松本へ行ったのがバレてしまった長沢さんは、つぐみと一緒に仕事をすると聞いて自分の居場所がなくなると怖くなり、つぐみに「樹と付き合っている」と嘘をついたことを白状する。
「私…いつからこんな人間に…?」
って、そんな。まるで誰かに操られてるみたいな。神様に責任転嫁。
樹もどうしていいかわからんよね。

f:id:matchadrama:20190611094034p:plain


高木邸地鎮祭の日。
実家で準備をしていたつぐみを突然の地震が襲う
一方、同じく地鎮祭に参加する樹は、一人で建築中のモデルハウス?に来ていたらしく、建材の下敷きにーーー

ーーーー 


せっかく紆余曲折を経て二人の夢が詰まった家を建てることになったのに、話の都合で地鎮祭の日に地震て。高木夫妻可哀想…。

つぐみは樹がどこにいるのか知らないみたい。
危険を顧みず(悪い意味で)必死で探す姿が想像できる…。

長沢さんも暴走してるし。
樹は長沢さんと付き合う気がないならヘルパー替えた方がいいよね。

つぐみはヒロをこれ以上傷つけてほしくないけど…。
結婚が決まってあんなに喜んでいるヒロが不憫。
気持ちは別のところにあるのも覚悟の上、つぐみの気持ちが100%自分に向くまで待つって、ヒロほどイケメンで一応社長なら引く手あまたでしょうに。
つぐみってそこまでの女か~?

 

 

パーフェクトワールド(1) (Kissコミックス)

パーフェクトワールド(1) (Kissコミックス)

 

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村