抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ルパンの娘 1話 あらすじと感想

ルパンの娘 1話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

 

登場人物

三雲 華(深田恭子)・・・泥棒一家「Lの一族」の娘。普段は図書館で働いている。泥棒としてのセンスと才能はピカイチらしい。

桜庭 和馬(瀬戸康史)・・・警察一家の長男で、警視庁捜査三課(泥棒を捕まえる課)に勤務している。華の恋人。

三雲 尊(渡部篤郎)・・・華の父。タワマンの住人から食べ物や飲み物を盗んでいる。
三雲 悦子(小沢真珠)・・・華の母。美魔女。宝石が大好き。
三雲 渉(栗原類)・・・華の兄。引きこもりのハッカー。
三雲 マツ(どんぐり)・・・華の祖母。伝説の鍵師。
三雲 巌(麿赤児)・・・華の祖父。伝説のスリ師。

円城寺 輝(大貫勇輔)・・・華の幼馴染。世界を股にかける泥棒。ミュージカルが得意。

 

 

あらすじとつっこみ

警視庁捜査三課に勤める桜庭和馬(瀬戸康史)は、結婚を前提として付き合っている華(深田恭子)を家族に紹介している。
桜庭家は代々警察官。
長男である和馬の妻も当然警察官でなければならない。
華が図書館に勤務していると聞いて、結婚に良い顔をしない和馬の家族。
和馬が警察一家だということを知らなかった華は、一族の経歴を聞いて卒倒する。

和馬に自宅まで送ってもらい、バルコニーから出てくる華。
「和馬…どうしてあなたは警察官なの…」
「華…どうして君は警察官じゃないんだ…」

f:id:matchadrama:20190712130844p:plainロミジュリ

BGMも微妙にロミジュリっぽいw
家の中。電気のスイッチを引っ張ると畳が持ち上がり、その中に入る華。
畳の中は自宅の結構後ろにそびえ立つタワーマンションに通じているらしい。
「ごめんなさい和君…。うち、泥棒一家なの…」
タワマンの一室。
盗品に囲まれ、煌びやかでゴージャスな暮らしをしている三雲家。

家族会議を開く桜庭家。
華との結婚には全員が反対している。
一生懸命説得する和馬。
「華と結婚できたら捜査一課の刑事になってみせる」と豪語する。
一族から捜査一課の刑事を輩出することは、桜庭家の悲願。
捜査一課の刑事になったら、華と結婚させてもらえることに。

 

10カラットのダイヤモンドを欲しがっている華の母・悦子(小沢真珠)。
近々宝石店に強盗が入るとの情報から、それを横取りしようと企んでいる。
しかしいつ押し入るのかがわからないため、華の兄・三雲家長男で引きこもりの渉(栗原類)が調査中。
タワーマンションのあちこちの家からワインや食べ物を盗んでいる華の父・尊(渡部篤郎)。
金持ちはワインの一本や二本なくなったくらいで騒ぎ立てないらしい。
普通の家族がいいと嘆く華。

 

図書館で働いている華のもとへ、ルクセンブルクから一仕事終えて帰国した円城寺輝(大貫勇輔)がやって来る。
華とは幼馴染で、世界を股にかける泥棒らしい。
泥棒一家に生まれた宿命として、一生結婚しないと言っていた華だが、「彼氏ができた」と円城寺に打ち明ける。
いきなり歌い出す円城寺。と華。

離れたい、だけど離れられない♪
彼のことをとても愛しているから♪

和馬と別れることを決意する華。
円城寺の役、この人も素敵だけど山崎育三郎でも見てみたかったな。似合いそう。

 

先輩刑事・巻(加藤諒)に、華との結婚を報告する和馬。
警察官が結婚するときの規則として、華の素性調査をするらしい。
家族から結婚の許しを得るためには、捜査一課の刑事にならなければならないと言う和馬に、
Lの一族を捕まえろ」と巻。

Lの一族…
先祖代々家族全員が盗みの専門家。
入念な計画と大胆不敵な実行力。
痕跡を一切残さぬ大泥棒。
だがその一方で善良な者を助ける義賊の面も併せ持つ。
それはまるでかの有名な大泥棒、アルセーヌ・ルパンそのもの。
このLの一族を捕まえたら大手柄。
捜査一課入りは確実だと巻。

 

婚約指輪の下見のため、宝石店を訪れる和馬と華。
華が別れを切り出そうとするが、そこへ悦子が現れる。
悦子も「下見」に来たと言う。

尊も現れ、4人で寿司を食べることに。
よろよろと歩いてきて、座っていた男にぶつかる悦子。
その男と一緒にいるのは龍崎組のヤクザらしい。

おみやげに寿司をもらって帰り、自宅で両親に怒られる和馬。
公務員に頂き物は厳禁。
プライベートでもらうほど三雲家と仲良くなった覚えもない。
よって寿司は退職したじいちゃん(藤岡弘、)にあげることに。
退職していれば収賄罪には当たらないw
でもじいちゃんめっちゃ日本刀振り回してた。銃刀法違反じゃないのw

一方、「あの男はダメだ。」と尊。
和馬はただの公務員。泥棒の素質がないと言う。
「可愛かったじゃない」と言う悦子に、
「カワイイだけで泥棒が務まるのか?」じわじわくる
長男の渉が本来正当な後継ぎだが、引きこもりだから泥棒はできない。
よって、華の夫が婿養子になり、泥棒を継ぐことを両親は期待している。
そうしないとLの一族が途絶えてしまう。
途絶えればいいと思っている華。

またロミジュリみたいな曲が流れているw

 

宝石店に二人組の強盗が入る。
地下駐車場に逃げてきた強盗たちを、何者かが銃で撃つ。
泥棒コスチューム姿で慌てて撤退している尊と悦子。普通に走っててうけるw
Lの一族は殺しはしないらしい。 
「黒幕はわかっている」と尊。

宝石店強盗の捜査をすることになった和馬。
華にしばらく会えないと電話する。

 

円城寺によるミュージカル。
しかし一緒に歌うテンションになれない華。
和馬が真剣に結婚のことを考えてくれているのは嬉しいが、別れなければいけない現実。

和馬と出会ったのは、忘れもしない七夕の日

図書館で子供たちに絵本の読み聞かせをしていた華。
そんな華を遠くから見つめる和馬。
七夕にまつわる絵本の内容から、いつまでたっても真面目に働いてくれない両親を思ったら悲しくなって、途中で泣いてしまい、絵本を読むのを放棄した華。
絵本を読んで泣くなんて「なんて心の綺麗な人なんだ」と、華を追いかけ、泣き崩れている華にいきなりキス。
お互い、一瞬にして運命の恋の炎が燃え上がったらしい。

円城寺「やべえ話だな。」

 

 

 

 

「自分には何の取り柄もない」と言う華だが、華の祖父で伝説のスリ師でもある三雲巌(麿赤児)から直伝された技と、泥棒ならだれもがうらやむ圧倒的なセンスが、華にはあるらしい。(円城寺談)

 

宝石店の防犯カメラを確認している和馬と巻。
高い宝石コーナーだけをまっすぐ狙っている犯人たちの行動から、事前に入念な下見をしていた可能性を疑う。
そして殺されたのがただの実行犯だとしたら、下見をした人物は別にいるだろう。
ということで、別日の防犯カメラ映像を提供してもらうため、宝石店へ行く和馬。

宝石店。
社長の金剛丸(前川泰之)に会った和馬は、彼が昨日寿司屋で悦子がよろけてぶつかった男だと気づく。
途中、巻からの電話で、殺された実行犯が最近龍崎組に出入りしていたことを知る。
そういえば金剛丸が寿司屋で一緒にいた男は龍崎組のヤクザだった…と思い出すと同時に、後ろから金剛丸に殴られる和馬…

タワマンに帰ってきた華。
両親が龍崎組の事務所の映像をタブレットで監視している。
今回の一連の犯行は金剛丸と龍崎組が組んで起こした自作自演らしい。
悦子は寿司屋でよろけたフリをして金剛丸の背中に小さな3をつけた。

f:id:matchadrama:20190712160038p:plain可愛い!けどめっちゃ目立つ!

てんとう虫3号により、寿司屋での会話を聞いていた尊。
龍崎「いよいよだな」
金剛丸「はい。今夜実行に移します。」
地下駐車場で、盗みを終えてやってきた実行犯を処理する…。

金剛丸の宝石店は盗難保険にも入っている。
自分の店の宝石を盗ませ、保険金までむしり取ろうとしていたとんでもないならず者なのだ。
天罰を下してやらないといけない。

その時、尊と悦子が監視していた龍崎組の映像に、捕らえられ連れてこられた和馬が映る。驚き、
「助けに行かなくちゃ!」と両親に頼む華。
しかし危険だからと渋る二人。
「二人だけでの侵入は難しい。でも、あと一人いれば…
「そう、あとたった一人でいいんだけど…

~回想~
自分のしていたことが犯罪行為だということに気づき、泣いて帰ってくる幼き頃の華。
その通り、泥棒は悪だと教える祖父。
しかし、盗むことで何かを変えられる日が来る。
いずれ分かる…。

和馬を助けるため、意を決して泥棒コスチュームを身に纏う華。

f:id:matchadrama:20190712171243p:plain意外とノリノリ♪

引きこもりの渉もなぜか部屋でコスチュームを着用してスタンバイ。
てんとう虫カメラを操作している。

尊と悦子が出張マッサージ屋を装って龍崎組の事務所へ。
正面の護衛たちと頼んだ頼んでないで揉めている間に、華の祖母で伝説の鍵師・三雲マツ(どんぐり)が裏口の鍵を開け、華が中へ侵入。
わざと警報を鳴らす渉。
侵入者を探せと、正面の護衛たちも招集され、尊と悦子もその隙に侵入。
てんとう虫をつけながら天井裏を移動する華。

警報は誤報だったと組長に報告する金剛丸。
和馬が捕らえられている部屋には組長と金剛丸、他組員がたくさんいるため、そこにある宝石も盗めない。
華が配置したてんとう虫カメラの映像を見ながら指示を出す渉。
尊が廊下にいた男たちに高濃度催眠スプレーZZZをかけ、携帯を奪い、金剛丸に「やっぱり侵入者がいた」と電話をかける。
組長始め全員が和馬を残し、部屋を出て行く。
天井裏にスタンバイしていた尊、悦子、華。
華が天井から逆さまに降りてくるが、途中でロープが止まってしまう。逆さ吊りのままw
華には気づいていない和馬が急に呟く。
「すまない、華…
君との約束、果たせそうもない。
最後に一目、君に会いたかった。華…君はどこにいるんだ…
華…愛してる」

真後ろにいる華。
華を吊っているロープから煙が。天井裏で一生懸命ふーふーする父母。
ロープが緩み、動けるようになった華。
<和君!ごめんね!>
チョップで和馬を気絶させる華。白目1回目
宝石を盗み、和馬のロープを解こうとしていると組員たちが戻ってくる。
間一髪のところで華は撤収。
天井裏から引き上げる際、尊が宝石をひとつ落とし、それが当たって和馬が目を覚ます。
ヤクザたちをやっつけ、公務執行妨害で逮捕しようとするが、いつの間にか部屋にいた金剛丸に銃を突きつけられる。
それを見て、和馬を蹴って意識を飛ばし、金剛丸と戦う華。白目2回目
「私の愛しい人に手を出すんじゃないよ!
ここで会ったが運の尽き。あんたが犯した罪、悔い改めな!」

 

後日。組長の部屋から大量の拳銃や実弾が見つかったと報じるニュース番組。
金剛丸が海外から宝石と一緒に密輸し、組に横流ししていたらしい。

それに気づいた尊と悦子、宝石を盗むだけでなく、この密輸事件を公にしようとしていた…?いやいやないない、と首を横に振る華。
この人たちはただの泥棒だから!

一方、宝石店から盗まれた貴金属が見つかっていないのはLの一族の仕業なのでは…と疑う和馬。
「せっかく近くにいたのに!」と悔しがる。

 

華の実家前。
結婚に当たって華の身元調査をしたと申し訳なさそうに言う和馬。
尊の表向きの職業は「ハイパーソーシャルクリエイター」“別に…” 女優さんの元夫の職業しか浮かばない。
海外を飛び回って活躍していることになっているらしい。警察官公安の調査能力…実は公安と繋がってるとかなのかな。
華の両親がまた海外に出てしまう前に会いたいと、和馬の両親がもうそこに来ているらしい。
タワマンの華の家に鳴り響く警報。
慌てて準備している家族。
「どうぞ、こちらです。」と案内する華。

 

 

 

ーーーー

感想 

面白かった~。
「ルパン」見たことないし、泥棒と警察…あんまり興味ないかもって思ってたけど見てみて良かった。

元警察犬のドンが可愛かった♡
引退した後、穏やかな余生を送っているのかな。
だといいな。

コメディだけど意外に?ストーリーもしっかりしていてわかりやすいし、音楽も良かった。

桜庭家はあんなに一族全員警察関係なのに、今まで捜査一課の刑事が誰もいなかったんだ。
刑事ドラマに出てくるのは捜査一課ばかりだから多いのかと思ってたけど、エリートしかなれないんだね。

三雲家はみんなハマり役。
特に小沢真珠、イキイキしてたw
娘の彼氏に「食べちゃいたい!」って。
渡部篤郎ともバカップルみたいで可笑しかった。
この二人を見て「良いご両親だった」って、和馬大丈夫か?

円城寺さんのミュージカルもこれから毎回あるのかな。
楽しみ。
みんな歌い出してほしい。
あのお花いっぱいのガーデンはどこなのw

突然歌い出したり、服装も奇抜なのに、華と和馬の馴れ初め話を聞いたときに真顔で「やべえ話だな」って急に常識あるところ出してきたのが面白すぎた。

瀬戸くんかっこよかった。
2回も白目剥いてたけど。
コナンの麻酔銃的な感じで毎回華に気絶させられるのかな。可哀想w

気楽に見て笑える。
次回も楽しみです!

深田恭子さんが着用していたワンピース情報はこちら↓

matchadress.com

 

 

 

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

f:id:matchadrama:20190712180537j:plain