抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

ノーサイド・ゲーム 4話 あらすじと感想

f:id:matchadrama:20190811114034p:plain


ノーサイド・ゲーム 4話 ネタバレありの詳しいあらすじと感想です。

 

 

 

あらすじ

 

プラチナリーグ初戦。
最下位だったアストロズが、柴門監督(大谷亮平)によってどんな変貌を遂げたのか注目される一戦だったが、里村(佳久創)が安西(齊藤祐也)にノールックパスを出すなどの活躍で見事勝利をおさめた。
大歓声に包まれるスタジアム。

 

ジュニアアストロズの練習も始まる。
里村、浜畑(廣瀬俊朗)、テツ(高橋光臣)が子供たちに大人気。
君嶋(大泉洋)の息子・博人(市川右近)もラグビーに夢中。
ランドセルの中から中途半端な点数のテストが出てきて驚く真希(松たか子)。
勉強しないようなら即刻ラグビーをやめさせると言っている。

 

初戦の盛り上がりについて滝川(上川隆也)に報告する君嶋。
しかし盛り上がるのは最初だけだと言う滝川。
今、会社に必要なのはスピード。
そんな中で14億もの重石は捨てるべきではないか…と、態度を変えない。

 

アストロズの第二節はアウェー。
さすがに足を運んでくれるファンは少ない。
しかしアストロズのスクラムが相手のフォワードを圧倒。着実に得点を重ね、見事勝利を収めた。

続く第三節は点の取り合いへともつれ込んだが、里村、浜畑を中心に多彩な攻撃を展開し、勝利。
しかし、浜畑の体力消耗が気になるところ。

 

もっと日本中にラグビーを広めるためには、メディアの力を借りるしかないと、君嶋は「フューチャーフォーラム」というビジネス誌に取材を依頼する。
主力だった外国人選手が二人も抜けたのに去年より強くなったアストロズに、担当の坂口もビジネス的な興味を持ってくれた様子。

そこにサイクロンズのGM・鍵原(松尾諭)が通りかかる。
アストロズが取材を受けていることを知り、何か企んでいる様子。

 

さて、府中グリーンカントリーという会社から、ゴルフカートのエンジンを大量に受注する予定の工場。
生産ラインを全てコンピュータ化することになったらしく、作業員たちに説明させられるラグビー部員の佐々(林家たま平)。
今までと違う作業内容を言い渡され、「これは体のいいリストラだ」と口々に文句を言う作業員たち。
そんな中、府中グリーンカントリーの青野(濱津隆之)から、打合せ時間を変更したいと申しつかる佐々。
営業の社員に「6時に変更」だと伝えるよう、別の社員に頼む。

 

次のファイターズとの試合について戦略を練っているアストロズ。
去年はファイターズに負けたらしい。
自分の分析力のせいだと言う佐倉(笹本玲奈)。
ファイターズは最新のAIを導入して分析しているらしいが、アストロズの分析は佐倉一人がアナログでやっている。
確かにスピードではAIにかなわないかもしれないが、人間が時間をかけて取り組んだ方がより深い分析になると励ます君嶋。
やる気を出す佐倉。
膨大な量のデータ入力を、佐々が手伝うと名乗り出る。

 

里村にサインボールを書いてもらっている部員。
やはり里村のボールが人気らしい。

f:id:matchadrama:20190811114535p:plain

そこへ、府中グリーンカントリーへの打合せへ行く予定だった営業部の石井から電話が。
佐々が電話で聞いた打合せ時間は6時ではなく、16時だったらしい。
今から向かうけど、もう遅刻。
この案件を取るために営業部がどれだけ力を入れているのかわかっているのかと怒られてしまう。
自分も謝りに行くと、里村のサインボールを持って出て行く佐々。

打合せ時間を間違えて伝えてしまったことを青野に謝る。
さらにラグビー好きの青野に、里村のサインボールを渡し、
「里村さんはアストロズ唯一の日本代表なんです!僕の誇りです。アストロズの誇りです!」
と熱く語り出す。
しかし青野はサイクロンズのファンだったらしい。流れる微妙な空気。空気清浄機!空気清浄機!by凪のお暇

結局、府中グリーンカントリーからの発注はなしになってしまった。
佐々のせいで9000万の商談がダメに…?
滝川にも嫌味を言われてしまう。
君嶋はラグビー部の宣伝に本社の宣伝費を回してもらえないか聞いてみるものの、当然相手にされない。このタイミングでよく聞いたよね。

 

疲れもあってギスギスしだすアストロズ。
アストロズの弱点、選手層の薄さが露呈してきた。
試合が続くとレギュラー陣にどうしても負担がかかってしまう。
特に浜畑は年齢のせいもあって限界だ。
「七尾(眞栄田郷敦)がいればなぁ」と柴門。
ニュージーランドから帰国してきたが、ラグビーはやらないと言っていた七尾圭太。
君嶋は七尾を口説きに行くが、やはりラグビーでは食べていけないからと断られてしまう。

 

そんな中、取材を受けた「フューチャーフォーラム」には、予定と違うサイクロンズ・津田監督の記事が大きく掲載されている。

どういうことだ…

雑誌にはサイクロンズの所属会社である日本モータースの広告が。
「スポンサー契約を結んだんだ…!」

その頃、雑誌を見てほくそ笑んでいる津田。
アストロズは選手層が薄い。
勝つために必要なのは金。
「柴門もアストロズもここまでだよ…。」わかりやすすぎる悪役感!

 

その頃、滝川が進めているカザマ商事買収の件は、君嶋が反対していた1000億から200億も下がった800億で決まろうとしていた。
社長の島本(西郷輝彦)も「反対する理由はない…」と言っている。
トキワ自動車が滝川の時代になれば、ラグビー部はますます苦境に立たされる。
脇坂(石川禅)によると、役員たちも保守的な島本の路線より、滝川の攻めの経営を推しているらしい。
勢いづいている滝川は、不採算部門にメスを入れてきた。
ラグビー部も何人か減らさないといけなくなるかもしれない…。

 

カザマ商事買収の件について、200億も浮かせたのは君嶋の手柄だと言う真希。
しかし君嶋は滝川には勝てないと弱気になっている。
自分もラグビー部も必要ないとメソメソ。
「じゃやめれば?家のことは私が働いて稼ぐから。」と真希。

 

ファイターズ戦まであと少し。
練習を切り上げようとする選手たちに、佐倉の分析をもう少し確認してみようと言う佐々。
その練習中に里村が怪我をしてしまう。
軽い捻挫でリーグ戦に支障はなさそうだが、余計なことをしてくれるなと部員たちから責められる佐々。
しかし「まだまだ確認しなきゃいけないことかたくさんある」という佐倉の不安を、佐々が実践で試してみようと言ってくれたのだった。

実は佐倉の父はトキワ自動車のラグビー選手だった。
初めて日本選手権で優勝したときのキャプテンだったらしい。
佐倉も子供の頃から試合を見てきたが、父は佐倉が中学生のときに病気で亡くなった。チームの仲間が毎日お見舞いに来て、父は最期までチームが強くなるためにどうすればいいのか考えていた。
「ラグビーでの友情は生涯の友情。どんな苦境にも色褪せることはない。」
という父の言葉。
気づいたら大学で統計学を学んでいた佐倉。
今のアストロズには父の時代と同じものを感じると言う。見ているとワクワクすると。


そんな中、また成績が下がった博人。
ラグビーはやめたくない。塾をかえたいと言い出すが、そういう問題ではないと一蹴する真希。
「あなたは今ラグビーに夢中で勉強から逃げているだけ。塾のせいではなく、原因は自分にあるの。今のままでもやりようはある。苦手なところを一つ一つやっていけばいいの。」

f:id:matchadrama:20190811121554p:plain

9000万円の商談がダメになったこともあり、会社内で肩身が狭くなっているラグビー部。
誰かが辞めさせられるかもしれないという噂が一人歩きしている。
それを聞き、自ら辞めたいと申し出る佐々。
話の途中だが、一旦預かることにした君嶋。
ゴルフ場建設反対のデモ隊がやって来たのだ。
府中グリーンカントリーはカザマ商事が開発しているゴルフ場。
まだ正式に契約はしていないものの、滝川のリークによって(多分ね)トキワ自動車がカザマ商事買収するということが漏れ、こっちに来ちゃったらしい。

府中グリーンカントリーに出向く君嶋。
そこで青野からゴルフカートキャンセルの本当の理由を聞く。
ゴルフ場建設の反対運動が過熱していたから、一旦工事を止めようという話になっていたらしい。方針が決まるまではっきりしたことが言えなかった。
工事が再開されればトキワに1番に声をかけると言う青野。
佐々のミスのせいではなかった。
それどころか、仲間のことを誇らしげに語る佐々を見て、きっと良いチームなんだなと思った青野。アストロズの試合を見てみたくなったと、招待チケットを渡そうとする君嶋を制して、自分で買いたいと言う。

練習の時間になっても仕事をしている佐々に会いに行く君嶋。
佐々はチームにとって必要な存在。
裏方や分析も率先してやってくれる佐々を、みんな文句を言いながらも信頼していると伝える。
佐々のおかげで青野というファンも一人増えた。
会社が800億の買収の話をしているときに、2000円のチケットが売れたくらいでなんだと言われるかもしれない。
うまくいかないことを会社や組織のせいにするのは簡単だが、大事なのはそこから今自分たちに何かできるか。
一つ一つひたむきに積み重ねることで、きっと逆転の目はあるはずだ。
アストロズには佐々が必要だ。

外に飛び出す佐々。
みんながいる。
退部届を破り、仲間たちの元へ走る佐々。

その姿を見ている君嶋と、どこからか現れた佐倉。
昔のラグビー部もきっと、色々なピンチを乗り越えてきたんだろう。

 

アストロズ vs ファイターズの試合。
佐倉と佐々の分析によって、見事勝利を収める。
まだまだ観客数は少ないが、客席には大きな声で里村を応援している青野の姿が。

観客数のデータを見て目を閉じる滝川。

天敵との戦いが近づいていた…。

 

 

 

感想

 

対ファイターズ戦も勝利。
アストロズは快調すぎやしないかい。
柴門有能すぎ。
そんな柴門を、伝統を無視して改革ばかりするから気に食わないという理由で解雇した津田って一体。

良いところでかかる米津玄師。
泣ける。
佐々くん頑張れ。

スター選手に人気が偏るのはしょうがないよね。
どのスポーツも一緒。
私はどのスポーツもあまり詳しくないけど、どのスポーツも日本代表になるようなスター選手は大体知ってる。
そういえば次回は吉田沙保里が出るようだ。

滝川常務がね。
ラグビーにめっちゃ興味ありじゃない?
事あるごとにラグビー部を潰そうとしているけど、単に不採算部門として目の敵にしているだけではない気がする。
いちいち観客数チェックして、めっちゃ興味津々。

津田監督も逆に清々しいくらいわかりやすい悪役。
あの黒光り。
雑誌を見てほくそ笑むところ。
サイクロンズGMの、体はでかいけど拭いきれない小物感、津田の腰巾着感も良い。

このまま優勝に向けて突っ走ってほしいところだけど、ここまで快調すぎるもの。
七尾くんもなかなか振り向いてくれないしね。
早くラグビー部に入って活躍してほしいけど、ニュージーランド帰りのイケメン(イケメン関係ない?)、チームと一悶着ありそう。絶対あるよね。

次回も楽しみ。

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村