抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

監察医 朝顔 10話 あらすじと感想

監察医 朝顔 10話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20190917140327p:plain

 

  

あらすじ

三郎(きづき)が夜寝室に行ったとき、結衣(松長ゆり子)と陽斗(遠藤千空)は眠っていた。
翌朝6時過ぎ、ドンという大きな音で起き、寝室を出た。
そして階段の下で陽斗を抱いたまま仰向けで倒れている結衣を発見した。

三郎は結衣が1階にミルクを取りに行く時に足を踏み外したのではと言っていたが、結衣が仰向けに倒れていたことから、警察はそれを怪しんでいる。
また以前、結衣が授乳中に陽斗の顔を圧迫し、救急車で運ばれたときのこと。
虐待だと疑われて夫婦喧嘩していたところを、児童相談所の人が見ていた。
一週間前、結衣が自転車で転んでケガをしたのも、三郎のDVである可能性は否定できない。
また、当日の朝、隣の中学生が三郎の家から金属音が聞こえたと証言しているのに、三郎は全然知らないと言っている。

そして三郎は出頭してきている。

 

解剖の結果は、頭部の打撲と頸椎の骨折。
背中には傷が少し。
脾臓が破裂し、腹腔内出血あり。
これだけ内臓が損傷していたら、階段の上から突き飛ばされたと言われても仕方ない。

 

朝顔(上野樹里)と茶子(山口智子)は警察の実況見分に立ち会っていた。
階段の段数と幅などを確認している。

結衣のものと思われる携帯電話を押収する平(時任三郎)と丸屋(杉本哲太)。
子供部屋には金属バットが。
隣の中学生が聞いたと言う金属音の正体かもしれないので、これも押収。
不審者が侵入した可能性も考えて、家全体の指紋も取ることに。

朝顔は階段を下りた先にある壁が気になる様子。
確かめたいことがあるので、大学へ戻ることに。

 

階段と人形を使って検証を始める朝顔たち。
まずは足を踏み外した場合を想定して人形を階段から落とす。
あちこちにぶつかりながら落ちる人形。
落ちきった姿は仰向けではあるが、頭の位置がかなり違うし、これだと背中に擦過傷が残る。
つまり、一番上から足を踏み外したのではないと言える。

次は警察が言っている、一番上から三郎が結衣を突き落とした場合。
向き合った形で人形を思い切り突き飛ばす。
空中を舞い、突き当たりの壁に激突して落ちる人形。
倒れている姿勢が似ているし、体が浮いていた時間が長いから背中の傷も少ない。
しかし、突き当たりの壁に頭が当たり、頭頂部を強く打っている。
結衣の頭部には後頭部の傷しかなかった。

一番上から突き落とされたのでもない。
もっと低い位置から足を踏み外した可能性を考える朝顔。

そこへ、実況見分が終わったと警察の鑑識が報告に来る。
手すりの掌紋を調べたところ、結衣は一度1階まで降りきっていることが判明。
どうやら2階に上がろうとしたときに倒れたらしい。
掌紋を見る限り、3段目までは上がっている。
でも、低い位置から落ちたとしたら、脾臓が破裂していたのは何故なのか。

それを突き止めるため、再解剖することに。
体内に残っている腹膜を見たいと言う茶子。
朝顔はホルマリン漬けにされている脾臓の組織片を調べることに。

組織片を調べていた朝顔は何かに気づく。

再解剖していた茶子も。

 

三郎を呼び、本当の死因がわかったと告げる朝顔。
結衣は首の骨が折れて脾臓が破裂していた。
だから階段の上から落ちたと考えられたが、警察の現場検証の結果から、結衣は階段を上ろうとして3段目から足を踏み外していたことがわかった。
脾臓が破裂した理由が分からなかったが、再解剖の結果、結衣は遅発性脾破裂を起こしていたことが判明。
これは打撲などで脾臓が損傷し、しばらくは無症状だが、何かのきっかけに発症。
脾臓が突然破裂する病変のこと。
亡くなる1週間前、結衣は自転車で転んだと言っていた。
その時に脾臓を損傷したと思われる。
体内で徐々に悪化して、あの日の朝、発症した。
その痛みで階段を踏み外した。
再解剖の結果、腹膜に変色が見られた。
これは階段を踏み外したときではなく、自転車事故での損傷の形跡だと思われる。
摘出した脾臓の組織片からもそれが分かった。

隣の中学生が聞いたという金属音も怪しい音ではなかったと言う平。
結衣はアラームを止めるために2階に戻ろうとしていたらしい。
目覚ましのアラームにモスキート音を使っていたのだ。
これは高周波の音で、年齢が高いほど聞き取りにくい。
結衣は仕事で疲れた三郎を起こさないように、自分だけ聞こえるようにしていたのだと思われる。
陽斗が運ばれた病院のカルテや傷の写真を朝顔が見たが、陽斗には片側にしか圧迫した痕がなかった。
これは間違いなく授乳中の怪我。虐待なんかじゃない。
泣き出す三郎。

 

その頃、また新たな事件が発生していた。
鋭利な刃物で腹部を複数回刺されている男の遺体。
免許証から身元は西川誠・38歳。
この男に見覚えがあると言う山倉(戸次重幸)。
鮫島組の人間らしい。
ズボンのポケットには
「国江建設 執行役員 白石隆善」
という人物の名刺が。
国江建設は、県警本部の神崎(市川右團次)がマークしている会社。

法医学教室を訪れる桑原(風間俊介)と神崎。
朝顔は、昔 平とバディを組んでいた神崎のことを「おじちゃん」と呼んでいる。
茶子とも顔見知りらしい。

国江建設では最近、社員が立て続けに自殺しているらしい。
桑原と神崎で国江の内部の人間に聞き取りをしている。
発見された遺体について報告する丸屋。
鋭利な刃物で腹部を数回刺されていること。
死亡推定時刻は昨夜の10時から11時の間。
解剖が行われることになり、朝顔が執刀することに。
自分の手を見つめる朝顔。

解剖開始。
やはり手が震えて器具が握れなかった朝顔。
執刀は茶子に代わることに。
解剖室を出て行く朝顔を心配そうに見つめる平と桑原。

朝顔と茶子が屋上で焼き芋を頬張っている。
茶子に、自分の代わりに学生に講義をしてほしいと頼まれる朝顔。
焼き芋は報酬。

f:id:matchadrama:20190918085421p:plain

 

保育園で三郎の店の小野ちゃん(喜多乃愛)に会った朝顔。
陽斗が保育園をやめると言う。
落ち着くまで結衣の両親が預かることになったらしい。

膝に絆創膏を貼ってむすっとしているつぐみ。
すべり台の順番でお友達とケンカになり、擦りむいてしまったらしい。

家に帰っても朝顔から離れないつぐみ。
「つぐみがそうやってずっとぐずぐずしていたら何もできないよ。仕事も行けないじゃん。」
と言うと、
「それでいい」
と言うつぐみ。
そっか…。それもいっか。つぐみを抱きしめる朝顔。

講義に出かける朝顔。
授業が始まってもざわついている。
学生たちは法医学にはあまり熱心ではないらしい。

 

帰宅した朝顔。
陽斗が保育園をやめたことをつぐみに話す。
結衣が亡くなったことも。

 

今日も講義。
真面目に聞いていない学生たちに解剖の映像を見せることにした朝顔。
まずは口頭で解剖の流れを説明する。
茶子も様子を見に来る。
解剖は拒否できないのかと質問する学生。
基本的に司法解剖に関しては拒否することはできない。
事件に巻き込まれた場合は家族の承諾がなくても解剖が行われる。
学生は、許可なく遺体を切り刻むことは人間の尊厳みたいなものを傷つけることになるのではと思っている様子。
気持ちはわかるとしながらも、死因を見つけるためには解剖するしかない場合もあると言う朝顔。
事故で死んだと思われていた人が、解剖によって他殺や病死だと判明することもある。
正しい死因が分かれば、犯人を捕まえたり、遺族の気持ちを少しでも和らげることができるかもしれない。
「不詳の死」にはなるべく丸をつけたくないと話す朝顔。

震災で母を失ったことを話す。
混乱の中、溺死した人もたくさんいたが、もしかしたらその中には濡れた状態で救助を待っている間に凍死した人もいたかもしれない。
災害大国の日本で正しい死因を知ることは、今後、死者を減らすことに繋がっていく。

「私たちは亡くなられた方の命から学び、事前に正しい対処や適切な設備を整える必要があると思います。
ただ、私自身法医である前に一人の人間ですし、どんなときもどんなご遺体も解剖できると言いきることはできません。
それでも法医をやってきて言えることは、法医学者はもう命を救うことはできませんが、ご遺体に耳を傾けることができる唯一の存在だということです。」

「その方が生きている間に伝えたかったことや法医学者にしか読み解くことのできないその証を一つでも見つけようとする。
それが人間が人間の手で亡くなられた方の魂を弔っていくことにつながっていくと思います。」

ざわついていた学生たちも、いつの間にか朝顔の話に真剣に聞き入っている。

解剖の映像を流す朝顔。

法医学教室に戻ってきた朝顔。
解剖室に入り、台に触れる。

西川の殺しはチンピラ同士の抗争だと言っている矢神(宇梶剛士)。マル暴で甘党の平の知り合い。
鮫島組は3年前から国江建設と組み、手広くやり始めているらしい。
国江社員の連続自殺との関りは、まだ不明。
国江建設の情報提供者とコンタクトが取れたと言う桑原。
神崎とともに会いに行く。

情報提供者の赤井(笠原秀幸)によると、自殺した鈴木という社員は鮫島組から脅され、かなり追い詰められていたらしい。
役員に鮫島組と繋がっている人がいると思うと話す赤井。
数年前から違法な開発や産業廃棄物の不法投棄を始めており、反社会的勢力から請け負う仕事も多い。
赤井にはもうすぐ子供が産まれるらしい。
恥ずかしくない父親になりたいと思い、告発を決心したようだ。死亡フラグ?

赤井の案内で不法投棄の現場へ行く神崎と桑原。
雷鳴がとどろき、雨が降ってきた。

 

雨足が強くなる中、違法に投棄された大量の土砂を目の当たりにする桑原。
確認できたので戻ることにしたが、その時、轟音が…。

 

 

 

感想

桑原くんが土砂に埋まっているような描写が。
まさかね。
死亡フラグは情報提供者である赤井さんの方に立っていましたから…。
赤井さんも死なないでほしいけど。
これから子供が生まれるんでしょう?
子供に恥ずかしくない父親になりたいと、告発を決意したんだよね。

国江建設絡みも気になるところですが、まずはさぶちゃん。

結局自転車で転んだ傷というのは、DVではなくて本当に転んだということなんだよね。
自転車で転んで密かに脾臓を損傷して、後から発症って怖すぎるんですけど。
そんな珍しくないことなのかなぁ。
それで階段から落ちて、打ち所が悪くて死亡。
怖すぎるよ。
階段の3段目から落ちて死亡だよ?
発症したのが平地だったら死ななかったかもしれないのに、可哀想すぎる。
小さい子供もいるのに…。

そして目覚ましにモスキート音?
そんな人いるの?
目覚め悪そう。
三郎を起こさないように、自分にだけ聞こえるようにって、確かに思いやりなんだけれども、小さい音で普通の目覚ましかけるとかじゃ駄目?
三郎は眠りが浅くて小さな物音にも反応してしまうタイプ?
結衣は三郎よりかなり若い奥さんだったのかな?
見た目はそんなに差がないように見えたけど、数歳の差で聞こえに違いがあるものなのかね。
隣の中学生にははっきり聞こえていたみたいだけど、目覚ましとして使っていたならその日だけじゃなくて何回も聞こえていたはず。
め・い・わ・く。

次回はいよいよ最終回。
里子さん、見つかるのかなぁ。

matchadress.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村