抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ルパンの娘 9話 あらすじと感想

ルパンの娘 9話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20190919091710p:plain

 

  

あらすじ

華(深田恭子)を乗せたパトカーの運転手は円城寺(大貫勇輔)だった。
華のピンチを知ってリヒテンシュタインから緊急帰国した円城寺。
タワマンの駐輪場で和馬(瀬戸康史)に会い、華のことを守ってほしいと頼まれたのだった。
華は、円城寺が用意した豪華な隠れ家に身を潜めることに。

和馬からもらった指輪を見つめる華。
そんな華に、円城寺はマジの告白を。
子供の頃からずっと好きだったらしい。

 

和馬は捜査一課への異動が決まった様子。
結局華を逃がしてしまったのに、何の懲罰もなく希望部署に異動できるなんておかしいと思い、エミリ(岸井ゆきの)に聞いてみる。
この人事の裏には何かあるのでは。
でも、元警視総監の祖父と気軽に話をするなんて無理だと言うエミリ。
そんなことよりも、
《見てください 私のことも 見てください》
の答えを聞かせてほしいと言う。
もう誰かを好きになることはないと思うと謝る和馬。

 

一年後

和馬とエミリは婚約していた。
一年前、エミリに言われた。
華を思い続けていても構わない。
華を思い続ける和馬ごと受け止めると。
《あの人を 思い続ける あなたごと 全部 私が受け止めます》
短歌。
それからエミリに心を開けるようになったらしい。


タワマンにも三雲家のみんなが戻ってきた。
そろそろLの一族、再始動。
渉(栗原類)のことをまだケビンと呼んでいる尊(渡部篤郎)。
この一年ホントに大変だったと言う渉。
まだ新たなターゲットを探す気にはなれないらしい。
ケビンという名前も気に入っていない。

 

華は円城寺と待ち合わせをしてチャペルへ。

♠女の夢 それは バージンロードを 歩くことだよね
If I can get married バージンロードを
♥歩きたい
♠If I can get married 真っ赤な バージンロードを
♥歩きたい
♠愛する人が待つ バージンロードを 一度でいいから
♠♥歩いてみたいよ

華の心の中にまだ和馬がいることはわかっているけど、和馬を思い続ける華ごと受け止めると言う円城寺。
急遽イスタンブールに行くことになったらしい。
2年は日本に戻ってこられないから、華に一緒に来てほしいと。

 

一方、和馬とエミリも結構式場の見学で同じチャペルに。
華たちと入れ違いで入ってくる。
出来上がったばかりの指輪をエミリの指にはめる。

f:id:matchadrama:20190816100159p:plain

ぴったり。
エミリはこんなに幸せな気持ちになれたのは生まれて初めてだと、一句詠む。

「満たされる あなたといれば まんぷくだ」 『まんぷく』でも夫婦役だったもんね

 

捜査一課。
今月に入ってから2件、女性が連れ去られる事件が連続して発生しているらしい。
被害者は吉祥寺のガールズバーで働く須藤美奈と、幡ヶ谷のキャバクラ店で働く江口琴葉。
付近の防犯カメラの映像から、犯人は3人組の男と見られる。
被害者の二人に、飲食店で働いていたという以外の共通点は今のところない。

事件の聞き込みをする和馬。
ここ最近、二人とも変な客から指名を受けていたことが判明。
浮上した二人の男は、どちらも都内に勤務するサラリーマン。
三枝夏彦と戸口秋彦。
三枝は店に来ては女の髪や使用済みのストッキングを欲しがっていた。
戸口は飲みながらビンタをしてくれと要求。
悪趣味な二人。
店は出禁にしていたらしい。

被害者の二人に直接的な接点はないが、三枝夏彦が使用していたSNSアカウントを調べたところ、通っていた店の江口琴葉の悪口がひたすら書き込まれている。
中でも注目なのは、江口琴葉が失踪する1週間前の書き込み。

「女は鑑賞してこそ至高品。一緒に標本作りしませんか?メッセお待ちしています。」

男たちはSNSでつながりを持ち、それぞれのターゲットを拉致したのかも。
でも犯人は3人組。
だとしたらあと一人、犠牲者が出るかもしれない。

 

 “鈴木花”として清掃の仕事をしている華。
そんな華を見て、
「あの女を見つけた」
と誰かに電話している男。


ぼーっと歩いていたら、祖父の巌(麿赤兒)に財布をすられた華。
「隙だらけだぞ、華。」
みんなタワマンに戻ってきているからおじいちゃんも戻ってきなよと言ったけど、巌にはまだやることがあるらしい。
本当に欲しいものがあるなら自分の手で盗み取れと言う。
それで運命が変えられると。
しかし、盗むことで大切なものを全て失ったと言う華。
愛する人を傷つけ、自分の戸籍まで変えることになった。
泥棒は悪。
お天道様の下を堂々と歩ける生業ではない。
巌は泥棒として生きることを決めた時から、全てを失う覚悟はできていると言う。
命すらも。

桜庭家の台所で一緒に料理している美佐子(マルシア)とエミリ。
エミリは桜庭家のレシピをメモしている。
その様子を見て、華が美佐子と台所にいた時のことを思い出す和馬。
ちょっぴりセンチメンタルな気分に。
エミリが来ていることは知らなかった様子。
和馬の好きな料理を覚えたいと来たらしい。
披露宴は大々的にやるつもりはないと言う和馬。
しかしエミリは元警視総監の孫。
盛大にやるべきだと言う両親。
エミリは別に大丈夫だと言っている。

 

円城寺にプロポーズの返事をする華。
「まだすぐに結婚とか考えられないけど、それでもいいのなら…。ついていってもいい?」
喜ぶ円城寺。
夜だから歌はまた今度にしようと言う華を、ほんとに気の利くいいレディだと褒める。
「僕は絶対華を悲しませたりしない。その笑顔を守ってみせる。」
華のワンピースにはあ、てんとう虫3号が。

f:id:matchadrama:20190712160038p:plain

 
公衆電話で誰かに電話している巌。
「忘れるわけないだろう。」と言っている。

 

円城寺についていくため、空港へ向かう華。
子供の頃のことを思い出している。
泣いている小さい華。
泥棒はいけないことだと巌に教えられた。
大きくなってもお嫁さんになれない。
そこへ子供の頃の円城寺が。

♠私は泥棒一家の生まれ
だからそう お嫁にはいけない
ずっと一人でいるの
だけど そんなの嫌だよね
♥嫌だよ
♠大丈夫 僕がいるよ
♥ほんとに?
♠さみしいときは そばにいるよ
♥いてくれるの?
♠そうさ 華は いつだって
♠♥一人じゃないから~♪

空港で華を待っている円城寺。
子供の頃の華との写真が入ったロケットを見つめている。

 

エミリの家に挨拶に行く和馬。
和馬と交際してからエミリが明るくなったと感謝される。
エミリの祖父も、和馬との結婚を誰よりも喜んでいるらしい。

華がやっと新しい恋に踏み出せたと安心する悦子(小沢真珠)。
しかし渉は、今も華の頭の中にあるのは和馬のことだけだと言う。
海外に行くことを決めたのも、和馬を忘れるため。
渉は華のことをずっと見守ってきたから、和馬が警察官だということも気づいていた。
自分は引きこもりで泥棒の才能もない。
自分のせいで華はLの一族を引き継がなければいけなくなった。
かわいい妹を苦しめたのは全部自分のせい。
それなのに華は一度も文句を言ったことがない。
華の優しさにずっと甘えていた渉。
華はきっとまだ本当は和馬に会いたがっている。
華は和馬に嘘をついていたことをずっと苦しんでいたけど、今は自分の気持ちに嘘をついて苦しんでいる。

渉の告白に泣けちゃうみんな。

華が苦しんでいたのは尊も知っている。
だから次こそは幸せになってもらいたい。
あの二人が別れたのは誰のせいでもない。運命に引き裂かれたのだ。

渉も泣いている。
そこに警報音が。
華が拉致された。
と同時に、渉が華にてんとう虫をつけて度々監視していたこともバレる。
みんなの涙も引っ込む。

 

巻家は代々エリート一家なのに、ノンキャリの自分を喜んで受け入れてくれるなんておかしい…と思っている和馬。
エミリと一緒に歩いていると、おどおどした男にぶつかる。
「今から向かう」と電話で言っている男。
手首にハートのタトゥが。
防犯カメラに映っていた男の手首にあったタトゥーと同じ柄。そんな一瞬でわかる?
エミリを置いて男を追いかける和馬。

 

拉致された華。
“鈴木花”に人生を狂わされたと言う冬彦さん。佐野史郎に寄せてるw
花が整形したと思っているらしい。
3人は同盟を結んだ。
夏彦は追跡のスペシャリスト。
秋彦はブルース・リーが生み出した格闘術ジークンドー教室に週一で通う猛者。週一で通っているだけw

鈴木花はとんでもない女だったらしい。
ある時は伝説の女地面師。
またある時は極悪闇ブローカー。
そしてまたある時は男を狂わせる魔性の結婚詐欺師。
冬彦は骨の髄まで搾り取られた。
忠誠を誓ってタトゥーまで入れたのに。
花を綺麗な標本にするため、部屋にガスを出し、後でまた迎えに来ると言って出て行く3人。

手足を縛られて動けない華。
「誰か助けてください!」と叫ぶ。
「大丈夫ですか?」と外からドアを叩く和馬。
警視庁捜査一課の刑事だと名乗る。
和馬だと気づいた華は、海外で彼と新しい生活をするために空港に向かう途中だったと話す。
自分ももうすぐ結婚すると言う和馬。
以前、とても愛していた「華」という女性がいたと話し出す。
「どんなことがあっても守り続けると誓ったのに、僕にはその資格がなかった。
僕といると彼女は幸せになれないと気づいた。
運命に逆らうことができなかった。
運命を一緒に乗り越えようって誓ったのに。
僕はこの手から彼女を離してしまった。」
その人以上に誰かを好きになることは生涯ないと思うと言う和馬。

意識が遠のく華。
和馬は戻ってきた犯人と鉢合わせになり、格闘の末、逮捕する。
鍵を奪い、急いで華のもとへ。
ガスの栓を止める和馬。
「もう大丈夫だよ、華。」
お姫様抱っこで救出。

タワマンで目を覚ます華。
てんとう虫3号から居場所を突き止め、尊が助けに行ったと言う。
円城寺も向かっているらしい。

 

そんな中、江戸川の河川敷で身元不明の焼死体が発見される。
所持品はなかったが、被害者のものを思われる遺留品があった。

 

タワマンでニュースを見ているみんな。
江戸川の河川敷で焼死体が見つかった事件。
現場に残された遺留品から、住所不定無職の立嶋雅夫さんと判明したらしい。
ニュースに反応する尊。
「親父が死んだ…。」
殺されたと言う。
遺留品は巌が身に付けていた錠前ネックレスだった。

 

 

感想

おじいちゃん…。
エミリの祖父と関係ありそうだし、前に巌がマツに、和馬が桜庭家の人間だといつから気づいていた?みたいなことを言っていたのも関係ありそう。

華は和馬が好きなのかもしれないけど、もう円城寺さんでいいじゃん。
子供の頃から華の良き理解者じゃん。
警察から助けてくれて、あんな素敵な隠れ家や、着るものや食べるものも調達してくれて。

和馬もエミリにころっといっちゃったことだし。
いくらまんぷくでも夫婦だったとはいえ。
まんぷくのタカちゃんは、若い頃は明るくて良い子だったのに、結婚したらどんどんワガママで嫌な女になっていったよね。

エミリの母親が巻家の人間なんだね。
和馬が挨拶に行ったとき、母も祖父もいなかったけど。
巻は代々エリート一族の中で、一人だけ眉毛が太いだけのノンキャリだったんだ。
肩身狭そう。

子供時代の円城寺さんもすごかったな。
あのくらいの年齢の子にあの歌と動きは照れや恥ずかしさもあってなかなかやり切るのは難しそうだけど、ミュージカルの子役とかなのかな。
上手だったよね。
小さい頃の華役の子も。

次回はいよいよ最終回。
終わっちゃうのが寂しい~。

 

matchadress.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村