抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ルパンの娘 10話 あらすじと感想

ルパンの娘 10話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20190920152953p:plain

 

 

 

あらすじ

 

河川敷で発見された焼死体。
身元は「立嶋雅夫」。
これは巌(麿 赤兒)の偽装IDなのである。
巌は昔から、
「立嶋雅夫に何かあったら俺だと思え。」
と言っていたらしい。

 

「鈴木花」の戸籍を見ている和馬(瀬戸康史)。
焼死体の遺留品である錠前ネックレスを見て、巌が着けていたことを思い出す。

ちなみに立嶋雅夫の直接の死因は頭部骨折。
鈍器で殴った後に火をつけたと思われる。

 

清掃のバイトをしている華(深田恭子)。
休憩していると和馬がやってくる。
鈴木花=華に気づいた。
錠前ネックレスの写真を見せる。
和馬によると、生活保護の受給者証から身元が立嶋雅夫だと判明したらしい。
華も、立嶋雅夫が巌の偽装IDだということを伝える。

タワマンに戻り、みんなに錠前ネックレスの写真を見せる華。
巌が死んだと認めたくない悦子(小沢真珠)は、これはドッキリだと言い張る。
尊(渡部篤郎)も本当にドッキリかどうか確かめる必要があると言う。
巌の錠前は、マツ(どんぐり)が持っている鍵で開くらしい。
それを確認するため、指名手配中の身でありながら警察に侵入することに。

警察官と不審者のフリをして堂々と正面から侵入する4人。
てんとう虫を3匹飛ばす。
てんとう虫を操作している渉(栗原類)が遺留品保管室を発見。
華とマツが向かう。

 

その頃、和馬は河川敷で聞き込みをしていた。
人が燃えていたのを見たと言っている老人。
犯人の腕にも火がついていたらしい。

署内の掲示板に、Lの一族の指名手配のポスターが貼ってあるのを見たマツは、怯えてどこかへ行ってしまう。
そんな中、廊下で美佐子(マルシア)と鉢合わせた尊と華。
美佐子は「息子が結婚することになった。」と電話で話している。
顔は見られていないが、美佐子と並んでエレベーターを待つはめになってしまった二人。

ピンチを救ってくれたのは円城寺(大貫勇輔)。
警察音楽隊の一員となって廊下を歩いていた円城寺は、美佐子を誘って歌い出す。

♠愛しき息子よ とうとう結婚を決めたんだね
(そうね)
♠If I were born again また あなたを
♥産みたいわ
♠If I were born again 愛しき あなたを
♥産みたいの~
♠何度でも あなたを
♥産んでみせるわ
♠愛しきあなたを
♥♠産み落としたいの~♪

 

無事、遺留品保管室に到着。
マツも来た。
悦子は裏口で待機しているらしい。
錠前ネックレスを手に入れた尊。
誰かが入ってきたので身を潜め、てんとう虫を飛ばす。

 

犯人も腕に火がついていたという情報をもとに現場を調査していた和馬は、布の切れ端ようなものを発見。
ハンカチに包んで持ち帰る。
そこにエミリ(岸井ゆきの)から電話が。
今晩祖父の予定が空いているらしく、挨拶をしに家に行くことに。

 

タワマンに戻ってきたみんな。
盗ってきた錠前に、マツの鍵を差し込んでみる。
開いた。
泣き出すマツ。
中には3人の若者が写っている古い写真が入っていた。
そのうちの二人は、華と和馬にそっくり。
若かりし頃のマツと、和馬の祖父・和一(藤岡弘、)らしい。
もう一人の男が、巌。

さかのぼること半世紀以上。

1959年 昭和34年 夏

学生時代のマツと和一は付き合っていた。
二人の恋を応援している巌。
3人はいつも一緒にいた。

そのうち和一にプロポーズされたマツだったが、和一は代々警察官の家系。
一方のマツはLの一族の一人娘。
二人は結ばれない運命だったのだ。

いつ別れを切り出すか考えていたある日、マツが何者かに襲われた。
直前まで一緒にいた巌が警察を呼ぼうとするが、拒否するマツ。
和一も心配して警察に行こうとするが、マツは断固拒否。
Lの一族の娘だということを打ち明ける。
泣きながら走り去るマツ。
それが和一と会った最後だった。
遠くから見ていた巌。
簡単に結婚を諦めた和一を責める。
巌は和一のためにマツへの思いを封印し、身を引いていたのであった。
マツを襲った犯人は自分が見つけると言って立ち去る巌。

その後、マツは一人大阪に拠点を移して生活していた。
そして数年後。
マツの前に巌がひょっこり現れた。
Lの一族に婿入りするためにスリの修行をしていたらしい。

マツは整形した。
和一にLの一族だと打ち明けてしまったし、顔に傷も残っていたから…。

 

そして現在。
一年前のある日、ついにマツを襲った犯人を見つけた巌は、和一のもとを訪れた。
犯人は警察の手に負えるような相手ではないらしい。

マツはその話を結納の時に巌から聞いた。

巌がいつもタワマンにいなかったのは、マツを襲った相手をずっと捜していたためだったのだ。
そして錠前ネックレスは、二人で初めて大富豪の家に盗みに入った時にいただいたもの。
お宝としての価値はなかったものの、気に入った巌は結婚指輪の代わりに鍵をマツに渡した。
つまりこの錠前ネックレスは盗品。
警察が出所を探れば、いずれ、死んだのは立嶋雅夫ではなく三雲巌だとたどり着く。
だから犯人はその前にこれを盗みだそうとした。
ということは、巌を殺した犯人は…。

渉がてんとう虫の映像を流す。
尊が錠前ネックレスを盗みだした時、遺留品保管室に入ってきたのはエミリだった。
エミリは犯人に命じられ、ネックレスを捜していた。
殺されたのが巌だとLの一族に気づかれたくなかった犯人。
もし気づかれればLの一族は犯人捜しに躍起になり、たどり着く。

60年前、マツを襲った犯人はエミリの祖父で元警視総監の巻 英輔。
首元の痣が証拠。
巻英輔は、退官した今も警察上層部に強い影響力を持っていると言われている。
犯人を突き止めた巌が一人で接触したところ、殺されてしまった。
エミリと巻英輔が繋がっているとしたら、和馬とエミリの結婚も仕組まれたものかもしれない。
巻英輔は60年前の事件を隠蔽するために今でも人を殺す男。
もし和馬がこの真相に近づけば、消されてもおかしくない。

 

その頃、エミリの家に挨拶に行く和馬。
巻英輔に会う。
和馬を捜査一課の刑事に推薦したのは英輔だった。
エミリの夫として上に上り詰めてもらわないと困ると。
河川敷で発見された焼死体の件について、「犯人の目星は?」と聞かれる和馬。
犯人はまだわからないけど、現場付近で犯人のものと思われる燃えた衣服の一部を見つけたことを話す。
今科捜研で調べてもらっていると…。

 

和馬に危険が迫っている!
ということで、Lの一族は和馬を盗みに行くことに。
華も覚悟を決めて怪盗スーツに着替える。

 

科捜研からの鑑定結果を見て、目を見張る和馬。

両親に「今まで育ててくれてありがとう」と嫁入り前の娘みたいな挨拶をしたあと、頼みを聞いてほしいという。

Lの一族から手紙を受け取る巻英輔。
「花婿をいただく。
60年前のケリをつけよう。
Lの一族」

 

縁側に佇む和一のもとにも誰かがやって来た。

 

そうして迎えた和馬とエミリの結婚式。
チャペルで式が始まる。
二人に愛の誓いをさせた外国人牧師の正体は尊。
フェイスマスクを外す。
そこへ怪盗スーツに身を包んだ華も。
取り押さえられそうになりながらも和馬の元へ駆け寄り、用意した逃走ルートから消える3人。
護送車で和馬を連れ去るLの一族。

 

 

 

感想

 

ほんと何にも考えないでのほほーんと見ていたんだ私は。
エミリの祖父が怪しいとは思いつつも、Lの一族(と和一)の敵だったとは。
明かされてみると、それ以外にないよねw
まぁ、マツと和一と巌の過去も知らなかったわけですし。

巻英輔はなんでマツを襲ったんだろうね。
襲ったといっても一瞬だったのに、一瞬であんなに顔に傷がつくって一体。
猫?

f:id:matchadrama:20190922070014j:plain
そして60年もの間犯人を捜し続ける巌。
愛。

巌は死んでないような気がするけどね。
最後に和一を訪ねたのは巌では?

元警視総監ってそんなに力を持ってるの?
殺人を犯してもお咎めなしになっちゃうような?
まぁ…。
いわゆる上級国民だとしたらありえる話なのでしょうか。
なんだよ上級国民って!!

華はいまだに泥棒が嫌なんだろうし、和馬と普通の恋愛がしたかったのもわかるけど、どう見ても才能アリアリだし、潔く女泥棒として堂々と生きていってほしい。
円城寺さんと歌いながら世界各国を巡り、悪い富豪からお宝を奪ってやりなよ。
花柄のワンピースでウジウジしているより、怪盗スーツに身を包んで踊ってる方がイキイキしてるよ!

 

matchadress.com

 

10月から始まる新ドラマもチェック ↓↓

matchadress.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村