抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

君と世界が終わる日に 6話 あらすじと感想【ネタバレあり】

船で横須賀駐屯地に行くことにしたらしい響(竹内涼真)たち。ガソリンが足りなくなって?難破しちゃってるらしい。

猿ノ島に到着。どこww

甲本さん(マキタスポーツ)がかなりイライラしてきてますね。もう戦うのとかほんと疲れちゃったんじゃない?結月ちゃんが父親をゾンビに噛ませた時もなんかすごい怒ってたし。一人だけ。

逆にかなえ(飯豊まりえ)は最初は殺してほしがるくらいこの生活を嫌がってたのに、だんだん頼もしくなってきてる。

 

自衛隊に捕まっている等々力(笠松将)はくるみのことを心配しています。良い人っぽいけど口の軽い自衛官(浅香航大)が、くるみは研究を手伝っていると教えてくれたので、早速捜しに行くぞぉ~!

ちなみに自衛隊は横須賀駐屯地から撤退するつもりみたい。もうゾンビに囲まれてて危険だからね。でも首藤(滝藤賢一)は撤退には反対しているようです。なぜならワクチンの開発に不可欠な冷却装置の移動は簡単ではないみたいなんだね~。

ワクチンより安全確保。いやそれよりワクチンだと、なんか対立してる。自衛隊幹部たちは首藤に賛成。首藤が幹部たちを丸め込んだと思っている司令官(神保悟志)。

 

猿ノ島には先客・あの刀集団がいました。

なんだかんだでリーダーの坪井たちと横須賀駐屯地に潜り込んで武器や薬を調達することになった響たち。

響たちには、変な男が住んでいるという外れの部屋だけあてがわれました。

変な男っていっても、読経しているだけで普通の人に見えるけど。読経はちょっと怖いけども。

 

やっぱりかなえ(飯豊まりえ)は響のことが好きみたいだね。 

 

次の日、駐屯地へ向けて出発します。

読経男に、「行ったら心底人を憎むことになるから行かない方がいい」と言われてる響たち。

行きの船の中で甲本に絡まれるミンジュン。甲本ほんとイライラしてどうしちゃったの。

ミンジュンの姉は首藤というドクターとワクチンの開発をしていると聞いた響は、母の主治医だった首藤を思い出していました。

 

結月ちゃんと紹子さんは留守番。

咳き込む結月ちゃん。

読経男が漢方をくれました。もう薬ないんだよね。怪しんでいた紹子さんだけど、漢方は効いたみたいで良かったね。

 

その頃、横須賀駐屯地では、病室のベッドでせん妄状態になっているくるみの姿が。

せん妄状態って、高齢者に多く発症する意識精神障害だって。何かやばい薬でも入れられたのかな。

 

そして首藤と対立していた自衛隊の司令官が行方不明らしい。←こっちもやばい予感

 

駐屯地にいる避難者たちももう我慢の限界。自分たちで横浜に行くと暴れ出しているところに首藤登場。

都心部との連絡が途絶えていると発表。バスも来ないし、応援部隊も来ない。

動揺するみんな。

首藤たちは日韓振興感染症対策機構の研究者なんだって。日本政府の特命でゴーレムウイルスのワクチンを作るためにここにいるのだと。つまりここはワクチンから最も近い場所、日本中で最も安全な場所だと言ってみんなを落ち着かせました。
変なカリスマ性あるよね、首藤って。

 

上陸した響たち。戦時中の防空壕が駐屯地に繋がっているらしく、あっさり建物内部に着いた模様。物資を探すぞ~。

でも首藤たちは侵入したことに気づいてる~。

 

まなちゃんがゾンビになる前、冷たく当たってしまったことを思い出して拘束ベルトをゆるめた兄。なんでやねん!!そこへ響とかなえが。案の定、拘束を解かれたまなちゃんゾンビがかなえに襲い掛かり、かなえを助けるために響がまなちゃんを刺しちゃった…。隠れて見てた兄。なんやこの兄。

 

等々力たちは、まだ武器は入手していないけど、何か様子がおかしいと言って撤退を決めてました。賢明な判断。

 

くるみを捜すために部屋から脱走していた等々力は、無事見つけて連れ出すことに成功。せん妄状態だから車椅子に乗せられてぐったりしているくるみ。

そのくるみを偶然目撃した響。くるみがいる?!ってびっくりして、後を追います。

等々力は地下通路を発見してくるみを支えつつ入っていきました。響も地下通路に到着。

その頃かなえたちは坪井たちと合流。坪井はもう猿ノ島に戻ると言っているので、かなえはゲットした結月ちゃんの薬を坪井に託します。かなえとミンジュンは残って響の帰りを待つみたい。甲本は自分の命が一番大事だから坪井たちと一緒に帰りたい気持ちでいっぱい。今までさんざん響に助けてもらってきたのに待たずに帰んの?!って仕事の部下であるミンジュンにも軽蔑されちゃった。

 

地下通路は真っ暗のようだね。とりあえずくるみ~!って叫んだ響。その声は等々力に届き、くるみを置いて様子を見に行った先にはゾンビになった司令官が~!そして等々力は誰かに注射を刺された。まぁ首藤の手下だよね。

 

 

ゾンビになる前の司令官☝ 

 

響がもう一回くるみ~!って叫んだら返事が聞こえた。え、くるみ?「響?」って返事がきたからくるみなの?せん妄状態なのに。しかも「あなたは死んだ」って言ってきてめっちゃ怖かったんだけど。せん妄状態なんじゃないの?急にはっきりしゃべり出すこともあるのかな。暗闇の中、くるみの手に触れた響。その瞬間殴られて気絶しちゃった。倒れた背中の弓矢が哀しい…。

 

ミンジュンに軽蔑されてちょっとだけ心を入れ替えたのか、甲本は一応日暮れまで坪井たちを引き留めてたけど、これ以上待てないと言われて、もう少し待ってくれるように懇願。でも聞き入れてもらえなかったのかな?

 

紹子さんが寒がる結月ちゃんのために、何かなかったっけな~と死んだ夫の荷物を漁っていたら、取材メモを発見。

日韓振興感染症対策機構とか人体実験って書いてある。血液にウイルスを入れる?

 

ジアン(玄理)たちによってベッドに連れ戻されていたくるみ。

響は地下牢みたいなところに捕らえられていた~。ゾンビたちとお隣のお部屋。司令官のゾンビもいる。そこに首藤が来たんだけど、響は一目見て母の主治医だった首藤だと気づきました。すごくない?何年ぶりなの。ミンジュンから首藤のことを聞いていたからかな。

首藤にとって響はハエらしい。←あまりにもひどい例えw

だから追い払った。あの時も…。よみがえる悲劇。本郷さん(大谷亮平)は完全にとばっちりだったんだ。可哀想。笑顔で「おーい!」って手を振ってただけなのに。

でもまた来たからこのハエを有効活用しようと思ったらしい首藤。響とほぼ同じ遺伝子の解析は済んでいると言っています。母親のことかな。くるみのことだと勘違いして発狂する響。

その時停電が。首藤は冷却装置のことが気になって、司令官のゾンビを響に向って放って去って行ったよ。

案の定冷却装置の温度が上がって焦る首藤。

響は司令官のゾンビに襲われて絶体絶命の大ピンチ!間一髪、かなえとミンジュンが響を助けにきました~。

せっかく助けに来てくれたけど、響は一人残ってくるみを捜すことに。

 

猿の島の読経男は、もともと研究者で首藤の部下だったようです。

首藤は狂気に取りつかれていると言っています。政府は首藤の狂気に気づかずに肩入れしてしまったと。

 

冷却装置が直って喜ぶ首藤。

 

まなちゃんに会いに行ったくるみは、血を流して倒れているまなちゃんを発見。テロリストにやられたと言う兄の言葉を聞き、「まなちゃんをこんな目に遭わせたやつは私が必ず殺す」と言ってるくるみ。響だよ。ていうか兄がベルトを外すから…。

 

 

「001」ゾンビのところに辿り着いた響。

響の母親だった。ゾンビになっててわかりづらかったけど。001は首藤の妻じゃなかったんだ。妻がいたという話自体嘘?

若い頃のままの見た目だったよね、一応。ゾンビになると年取らないのかな。どれくらい生きるんだろう。

響の父親もゾンビになってるんじゃないの?

ワクチンができたら母親は人間に戻れるのかなぁ。若い見た目のままで?

 

なんかね、ゾンビパニックが面白いのに、vs首藤になっちゃっててちょっとつまんない。もっとゾンビ頑張って。

 

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

f:id:matchadrama:20210126132715p:plain