抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

オトナの土ドラ「リカ」8話#最終回【ネタバレあり】あらすじと感想

オトナの土ドラ「リカ」8話#最終回【ネタバレあり】あらすじと感想

 

f:id:matchadrama:20191115212350p:plain

 

 

大事な娘・亜矢(稲垣来泉)がリカ(高岡早紀)に誘拐されたというのに、事件性がないと警察は動けないと一点張りの刑事・菅原(藤岡正明)。

警察が動くのを待ってられっか!

と、隆雄(大谷亮平)は、妻・葉子(徳永えり)も見守る中、もう一度文通アプリに登録して、リカにメッセージを送ります。

 「もう一度きちんと二人でお話がしたいです。」

メッセージに気づいたリカは早速隆雄に電話。

隆雄の家に来ることになりました。

 

危険なので葉子は実家へ戻り、菅原は表で待つことに。

警察の応援が来たら戻ると言ってますが、その前にマンション前でリカに見つかり、一瞬で刺されました

電話で「花山病院」「刑事」と話しているのをリカに聞かれてしまってね。

敵だと判断してからのリカの行動の素早さ。

見習いたいです。

 

菅原がリカをどうにかしてくれると思っていた隆雄は、インターホンに映ったリカを見てびっくり仰天。え~ん!!😢どうして?!

パニックになりながらも、包丁は棚の中に隠し、ゴルフクラブはすぐ出せるようにソファーに隠すなどよくわからない戦闘準備を整えてリカを出迎えます。

一緒に住む時のことを考えてワクワクしているリカ。

トランク一杯に自分の荷物を持ってきて、洗面所に化粧品を置きたがるリカにドン引きする隆雄。

温度差。

でも隆雄が出したコーヒーに何か入っているのではと警戒して、自分のと交換してもらい、さらに先に隆雄に飲ませるリカ。

こんな疑心暗鬼で生活をともにできるわけないのに…。

そして隆雄はそんな小細工できる性格じゃないよ。

完全に怯える子犬だもん。

 

 

 

その頃、誰にも気づかれず地面に横たわっている菅原さん。可哀想…。

早く誰か気づいてあげて。

 

高校生の頃から運命の相手を失っているらしいリカ。

全員死んでるのかな…。

部屋に飾られたハーバリウムの数々がそれを物語っています。

イヤホンとか、制服のボタンとかあったよね。

そんなリカの悲願。

「今度こそ失いたくない、あなたを。」

必死!

 

亜矢は無事なのかと聞いてものらりくらりとはぐらかすリカに、隆雄はもう正気でいられません。

なりふり構わず菅原に助けを求めます。

そしてリカが菅原の携帯を持っているのを見て驚愕!!!

からの絶望…。助けは来ない。

また怒鳴ってリカを突き飛ばす隆雄。

隠しておいたゴルフクラブを取り出し、亜矢の居場所を吐けとリカを突き飛ばします。

頭から血を流すリカ。

 

これくらいの流血なら、リカ、全然気にしません。

 

亜矢はリカの部屋で漫画を読んでいました。

なかなか楽しそうに過ごしています。

亜矢が眠たくなって寝ている間に出てきたようです。

 

リカは隆雄の大事にしているものを傷つけるつもりはないと言います。

今まで殺された人たちの立場は…。

ストーカー、人殺しとリカを罵る隆雄。

本当のことなのに愕然としているリカ。

「幸せになろうと思ってもみんな私の邪魔ばっかりして…」

どんな努力でもするからどうか嫌いにならないでと隆雄にすがりつくリカでしたが、リカの思いに答えることはできないと言い切った瞬間、隆雄の脚に躊躇なく何かを注射しました。

プランAからBへの切り替えの速さ。

行動力とこの切り替えの速さが完全犯罪成功の秘訣のようです。

そしてリカの猟奇性が大爆発。

運命の相手と認めない隆雄が悪いのだ。

あなたの手も足も全部もらう。目も口も全部リカのものよ。

隆雄さんの体が不自由になっても、たとえ目が見えなくなっても口がきけなくなっても見捨てたりしない。下の世話だってちゃんとするわ。そうすればリカの愛は本物だってわかるでしょう?

動けなくなった隆雄を椅子にくくりつけ、手術器具を並べているリカ。

「すぐに楽にしてあげるからね。」

 

そこへまさかの菅原が踏み込んできました。

傷害罪で逮捕されるリカ。

でも最後まで諦めず、警察官を刺します。

でも相手が悪かったですね。腕を撃たれました。暴れるので脚も撃たれます。

菅原は防刃チョッキのおかげで命拾いしたようです。

そして菅原が刺されたことにより事件性ありと判断され、助けが来てくれたのでした。

た、た、たかおさぁ~んと叫んで連れて行かれるリカ。

めっちゃ死刑だよね。

 

実は両親の別居が原因で友達にいじめられていた亜矢。

リカの家で結構快適に過ごしていた亜矢は、誘拐される時、リカにいじめから助けてもらったようです。

亜矢が怖い思いをしていなかったというのが唯一の救い。

「離れてたってパパは亜矢ちゃんのことすごーく大切に思ってるから。」

信じられます?これ↑、リカの言葉です。

亜矢には優しいリカ。

母親に叩かれたというリカの腕の痣を見つけた亜矢は、痣に優しく手を当ててあげていました。

何このほっこり交流。

ちょっとだけリカに同情しそうになります。

 

 

 

後日。

女児誘拐、警察官殺人未遂の疑いで雨宮リカ容疑者を逮捕

というネットニュースを見ている千秋(夏菜)。

よかった…と胸をなでおろしています。

その後会社にも復帰したらしく、隆雄に謝ります。

謝って許されるようなことじゃないと思うけど、あっさり許して千秋の心配までする隆雄。人が良すぎる。

葉子と亜矢はマンションに戻ってくることになったようです。

 

リカの過去も少しだけ明らかになりました。

もともとは麻布にクリニックを持つ医者一家のお嬢様だったとか。

母親からひどい虐待を受けていたことも事実。

その後、両親は謎の死()を遂げて、リカは親戚の家を転々としてきたようです。

謎に金持ちだったのは、両親の遺産のおかげ?

黙秘を続けているリカだけど、一点だけ。隆雄や亜矢を殺すことを考えたことはない、家族になることだけ考えていたと言っているそうです。

そんなリカを

純愛モンスター

と名付けた千秋。捕まった途端余裕やん。殺されるで。

皮肉だけど、リカが家族とやり直すきっかけになったと言っている隆雄。

背中を押してくれたのはあのモンスターって、ひどい言いようww

油断してたら半殺しにされるで。

 

数週間後。

葉子と亜矢の荷物が届いた隆雄のマンション。

もうすぐ二人も到着するようです。

本当は引越したいけど、亜矢の環境を変えない方が良いという配慮から、お祓いをしてこのまま住むとか。やーめーとーけー。

案の定。

ピーンポーン。

隆雄が嬉しそうに玄関のドアを開けると、そこにはリカの姿が。

同時に菅原から(多分警告の)電話。

そしてテレビのニュース速報

入院中の雨宮リカ容疑者 看護師を殺害し 警察病院から逃走

「ただいま、たかおさん♡」

うわぁ~! 

 

 

ー 完 ー

 

リカの暴走は止まらない。

手足を撃たれたことが良い方に働くとは。

でも刑務所に入れられてても刑務官を殺害して脱走してそうだけど。

 

こういう猟奇的な人間を見ると、先天性の異常などで治すことはできないものなのか、環境でこうなったのか、気になるんですよね。

母親からひどい虐待を受けていたことは本当みたいだけど、それでもこんな猟奇的な人間にならない人もいるわけで。

やっぱり先天性?と思うけど、虐待を受けて育った人の心は無傷ではありえないでしょう。

虐待は連鎖すると言うから、リカの母親もまた、虐待を受けて育った可能性が高そうです。

加害者はかつての被害者。

この辺を考えだすとなんとも仄暗い気持ちになってしまうのです。

虐待のニュースを見る度に、加害者も幼い頃は被害者だったかもしれないと。

じゃないと、祖父母が孫を助けないわけないと思ってしまう。

どうしたら負の連鎖を断ち切ることができるのでしょうね…。

 

7話のあらすじと感想はこちら↓

 

www.matchadrama.com

 

 

最終回の衣装はこちら↓

matchadress.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村