抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

【朝ドラ】スカーレット第6週「自分で決めた道」ネタバレありあらすじと感想

スカーレット第6週「自分で決めた道」
ネタバレありのあらすじと感想です。

f:id:matchadrama:20190930122557p:plain

  

 

第6週「自分で決めた道」 あらすじ

 喜美子(戸田恵梨香)のもとに常治(北村一輝)から、マツ(富田靖子)が倒れたと連絡が。

慌てて信楽に帰ってみると、それは常治のうそだった。
常治から、大阪を引き払って信楽で働くようにと命ぜられた喜美子。
反発したものの、川原家の家計の苦しさや、妹の直子(桜庭ななみ)らのつらさを思いやり、絵の学校を諦めて帰郷する決意を固める。

喜美子は一度大阪に戻り、さだ(羽野晶紀)、雄太郎(木本武宏)らに別れを告げる。

新聞社を辞めてしまったちや子(水野美紀)とは会えずじまいとなったが、喜美子は、信楽で新たな道に歩みだす自分の思いと荒木荘の日々への惜別をこめた手紙を残す。

信楽では照子(大島優子)の実家の丸熊陶業で、いよいよ働くこととなる。
製品作りではなく、食堂での仕事だったが、喜美子はやる気を持って臨む。

仕事の合間に、当時流行の絵付け火鉢を目にし、喜美子は興味をひかれる。
折しも親方が辞めることになり、空きがあるならば火鉢の絵付けを学んでここで仕事をしたい、照子にそう頼み込む。
信作(林遣都)の後押しもあって、許可をもらい、希望いっぱいで絵付け係を訪れた喜美子。
目の前にいたのは、見知らぬ初老の男(イッセー尾形)だった。

公式サイトより

    

第31話(11/4)あらすじと感想

お母ちゃんが倒れたというのは常治の嘘でした。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#仮病 🤧 #北村一輝 #富田靖子 #スカーレット

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

 

荒木荘には喜美子の代わりに大久保さんが来て、みんなで心配して送り出してくれたというのに。

常治は喜美子に、信楽に帰ってこいと言っています。
荒木荘のさだにも、もう喜美子は戻らないと電報を打ったそうです。

お母ちゃんは今は元気そうでしたが、夏に一度倒れたとか。
直子も、喜美子がいないとこの家は回らないと言います。

そんなことを言われても、荒木荘の仕事をほっぽり出すわけにもいかず、大阪に戻るつもりの喜美子。

その夜、川原家にご近所さんが集まり、宴会が開かれました。
喜美子を子ども扱いして、偉そうにふるまう常治。
相変わらず酔いつぶれて、その場で寝る。

片づけをしながら、お母ちゃんが作ろうとしていたという肉なしの肉じゃがに驚く喜美子。
仕送りもしてるし、肉が買えないわけないのにどうして?

家の前にあった立派なオート三輪も気になります。
買ったのか?借りたのか?

お母ちゃんはなんとなく濁そうとしているし…。

喜美子がいない間に、川原家に一体何があったのでしょうか。


川原家の家計も気になりますが、他には、あれからちや子が荒木荘に戻っていないようで、こちらも心配です。

そして、信楽の信作が女子たちに「信様」と呼ばれてめっちゃ調子に乗っていました。
何?「このぉ~!」ってw
自転車を買ってくれた伊賀の祖母は2ヶ月前に亡くなったそうです。
喜美子がいない間に知らないことが色々起こっているという暗示でしょうか。

直子は常治に反発して、口を聞いていないらしいです。
目を合わせたら目が腐るとまで言っていました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#思春期あるある 次女 ⚱川原直子 #桜庭ななみ 三女 ⚱川原百合子 #住田萌乃 #スカーレット #思春期 #反抗期

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

思春期の女の子なので不自然ではないですけどね。
直子は昔から常治とは合わなさそうだったし。


第32話(11/5)あらすじと感想

喜美子は美術学校に通おうと思っていることをお母ちゃんに言おうとして、

  • もう18やから…
  • ジョージ富士川と…
  • 来年の春に…

と小出しに伝えたために、お母ちゃんは結婚だと勘違いしてしまいます。

喜美子ってこういうところあるよねw
あき子さんのお父さんに圭介との関係を聞かれて、まず「女中」だと言わなければいけないのに、うっとりと笑顔を浮かべて

「とても…ええ関係です(#^^#)」

今思い出しても笑える。

 

酔いつぶれて寝ていた常治も目を覚ましたので、喜美子はためらいながらも絵の学校に行こうと思っていることを話し始めます。

結婚だと思っているお母ちゃんは

「お嫁さんになりたいのは女だったら当たり前」

と言いますが、大阪で生き生きと働く女性たちを見てきた喜美子は「そんなんつまらん」と言って常治に叱られていました。
たった2~3年働いただけでわかったような口をきくなと。

喜美子が学校に通いたいと言っても、常治は頭ごなしに否定します。

「学校で何勉強するか聞かへんの?
うちが何をしたいか聞いてくれへんの?」

大阪に行きたくない、信楽にいたいと泣いた15歳の喜美子とはもう違うのです。

「もうあの頃の喜美子とはちゃうよ、お父ちゃん…」

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#今は #自立 #自分のために #心境の変化 #成長してきた #スカーレット #戸田恵梨香

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

 
それに対して、「あかん」「アホ」しか言えない父ちゃん。


翌朝、早々に家を出た喜美子でしたが、百合子が学校ではなく病院にお母ちゃんの貧血の薬を取りに行くと聞いて、自分が代わりに行くから百合子には学校へ行くように言います。

でも様子がおかしい百合子。
病院に行くのは子供じゃないとダメだと、わけのわからないことを言います。

百合子も直子も「余計なことは言うな」と言われているらしく、なかなか本当のことを言おうとしません。

通りかかった信作が、川原家は病院にツケがたまっていることを教えてくれました。

子供ならお金を請求されずに薬がもらえる。
学校へ行かずに薬をもらいに来るなんて、可哀想だと同情さえされると。

つらい…。

そして、家の都合で高校も行けずに大阪へ働きに行かされて、それでも頑張って大阪での暮らしも慣れ、お金も貯めて、自分のやりたいことを見つけたところで戻ってこいって。
喜美子は大阪でちや子さんやさださんみたいに働く女性を見て、大久保さんという厳しくも懐が深くて賢い女性のもとで仕事を教わり、一回りも二回りも成長しているというのに、常治はこの3年間一体何をしてたんだろうね。


第33話(11/6)あらすじと感想

直子と百合子が置かれている厳しい状況がわかってきた喜美子。

川原家に泥棒が入ったあと、常治はオート三輪を買うのにえらい借金をしたそうです。
そして張り切り過ぎて足をくじき、しばらく仕事ができなかったらしい。
なのに飲んでばっかりで飲み屋にもツケが溜まり、借金は増え続け…

最悪やん!!

喜美子は病院で薬代を少し払ってきたようです。
家に戻り、たまっているツケを計算することに。
ありすぎて笑ってしまう喜美子。
お母ちゃんも内職を頑張っているけど追い付かないらしい。

お父ちゃんはお金の問題だけではなくて、喜美子に帰ってきてほしいと思っているんだとお母ちゃんは言いますが…。
久しぶりに大きな声を出して笑った、と言うお母ちゃん。

照子の父が社長を務める丸熊陶業では、雑用の若い人を募集しているようで、常治は喜美子はそこで働けるように話をつけてきたとか。

その話が本当かどうか、大阪へ戻る前に喜美子は丸熊陶業に寄りました。

照子の父は待遇をめぐって絵付係の親方と揉めて、取り込み中の様子。

その代わり、試験期間で早く帰ってきた照子に会えました。
照子が言うには、喜美子が丸熊陶業で働けるのは確実のようです。
約束に一筆書いているとか。

その頃荒木荘では、常治からの電報を受け取ったさださんたちが驚いていました。
お母さんの具合がよっぽど悪いんだろうと心配しています。
喜美子の荷物は小さな風呂敷の包みが二つだけ。

そこへ喜美子が戻ってきました。

最初は当然大阪へ戻って美術学校へ行ってやると思っていたでしょうが、丸熊陶業で働けるのが確実なのであれば、信楽へ帰ろうと思っているのでしょうね。

常治の頼みだけなら突っぱねたかもしれないけど、妹たちの涙を見たらそう思わずにはいられないよ。

子供の頃はお父ちゃんが絶対だったんだろうけど、外の世界を見てきた喜美子には、今お父ちゃんはどんな風に映っているんだろうか。
常治も、もう喜美子が昔のような子供じゃないことは分かっているけど、語彙力なさすぎて「あかん」「アホ」しか言えないという。
学校の話をする前に草間さんの話をしたのも良くなかったよね。
常治は自覚あるのかないのか分からないけど、自分に学がないことにコンプレックスを感じているふしがあるから。

自分がやりたいことを知ろうともしない父親に、喜美子は失望したことでしょう。

溜まったツケ、喜美子が学校へ通おうと思っていたお金で払うのかなぁ。
でも、喜美子は学校へ行けなかったことを絶対しつこくぐちぐち言ったりしないし、いつまでもくよくよもしていないだろう。
いつでも自分の道は自分で決める子だもん。
大阪へも、自分で納得して来たって言える子だもん。

この子なら、どんな道を選んでも大丈夫だと思える。
そういう意味では常治(とマツ)の子育ては間違ってなかったとも言える。のか?

でも直子は単なる思春期、反抗期では片付けられないね。
心配です。

視聴者は「大阪で働く」が多いw 


おまけ。

ツンデレの照子が可愛かったw

「喜美子いいひんと寂しい。
喜美子が、うちがいいひんと寂しい!」

 

第34話(11/7)あらすじと感想

喜美子は信楽へ帰る道を選びました。

学校へ行くために貯めたお金は家の借金に当てます。

荒木荘のことは、まだ大久保さんに認めてもらっていないのに申し訳ない気持ちもありましたが、大久保さんはもうとっくに喜美子のことを認めていたようです。

「家の仕事に終わりはない。認める日なんか来るわけない。」

と言いつつ、

認める認めんで言うたらあの時や。
「大久保さんが作ったご飯は大久保さんにしかできへんのんちゃう?」
て言われた日に認めてた。

最初の日やんか! byさだ

話を聞きながら静かにすすり泣いていた雄太郎ですが、ギターを持ってきてはなむけの歌を歌ってくれましたw

“寂しいけど、喜美ちゃん去ってもかまへん”の歌 作詞作曲:雄太郎

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

きみちゃ~ん おらんでも~ か~ま~へ~ん♪ #別れの歌 #ご唱和ください #スカーレット #木本武宏 #farewellsong

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -


「さえずり」にも別れの挨拶をして、残るはちや子なのですが。

喜美子が信楽へ向かったあの日、入れ違いで酔っ払って帰ってきたちや子は新聞社を辞めてきたそうです。
そしてしばらくの間実家へ帰ったとか。
ちや子さんの実家ってどこなんでしょうね。

ちや子に会えなかった喜美子は手紙を残すことにしました。

そしていつかブレイクする雄太郎のために

「信楽太郎」

という芸名をつけて信楽へと旅立った喜美子なのでした。

テレビジョンで「信楽太郎」を見られる日が楽しみですね。

猫ちゃんともお別れです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#猫 本番中とオフショット🐈🐈 #スカーレット #猫役者

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

 

それからしばらく後。

荒木荘に戻ったちや子は喜美子からの手紙を読みます。

手紙には「自分の選んだ道が正しいかどうか分からない」と書いてありました。

荒木荘で働きながら、仕送りをしながら、学校へ通って絵を学ぶ道と、信楽へ帰る道。

ジョージ or 常治

 

想像するだけで楽しくワクワクする絵の道とは違って、信楽へ帰る道はどうなるか分からない。

分からない道を選ぶのは勇気がいるけれど、勇気を出して自分で決めた。

自分で決めたのです。

「自分で決める」ということを教えてくれたのもちや子でした。

新聞社を辞めたちや子のことも心配だけど、色んなことを教えてくれたちや子ならきっと大丈夫。

「この道を選んで良かったと、笑って会える日が来ますように。」

喜美子だけでなく、ちや子もまた「新聞社を辞める」という、勇気のいる道を選んだんだもんね。
また二人が笑って会える日が来るといいなと心から思いました。

ちや子は、喜美子が書き残した

「ちや子さんのお茶漬け」

のレシピを見ながらお茶漬けを作り、泣きながら食べていました。

泣きながらご飯を食べたことのある人は生きていけます。by「カルテット」

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

😭😭きみちゃんの#お茶漬け #レシピ 公式サイトで公開中♪ #スカーレット #水野美紀

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

 
その頃、信楽の喜美子は直子にお弁当を作って持たせてあげていました。
相変わらず仏頂面の直子。

妹たちを送り出したら土間の掃き掃除。

丸熊陶業での仕事はまだこれからなんでしょうかね。

お母ちゃんの姿は見えなかったけど、喜美子が帰ってきて安心して寝込んでるんかな。
貧血を侮ったらあかんで。

 

第35話(11/8)あらすじと感想

喜美子が信楽に帰ってきてみんな嬉しそうです。

特にお父ちゃん。
お酒を控えるように言われて「大阪に帰れ」なんて言ってるけど、陰でめっちゃ喜んでて。こういうところがあるから常治を完全に嫌いになれない…。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#こっそりと #喜びをかみしめる #笑み #スカーレット #北村一輝

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

 

えらい借金をして買ったというオート三輪には

「カワハラ運送」

と書いてありました。
軌道に乗ってくれたらいいんだけどね…。

直子はとにかく信楽を出たいらしく、特にやりたいことがあるわけではないけれど、中学を卒業したら東京に行くと言っています。

百合子は家庭科が得意で、性格も穏やかそう。
喜美子似。

さて。
丸熊陶業での喜美子の仕事ですが、陶工さんや絵付けの職人さんたちのお昼とお茶の用意とのことです。

喜美子を入れて3人の職場。
忙しいのはお昼どきの1~2時間だけで、それを過ぎるとあとはお茶の用意だけです。
暇な時間はおしゃべりに興じる八重子さんと緑さん。
荒木荘を思えば、ここの仕事のなんと簡単なことか。

お茶を入れたやかんを各部署に運ぶのですが、喜美子が以前はなかった

「絵付係」

という部屋にお茶を運んだときのこと。

美しい絵付けが施された火鉢に思わず目を奪われます。

職人さんの作業にも興味津々の喜美子でしたが、関係者以外立ち入り禁止だと親方に追い出されてしまいました。

それでも名残惜しそうに、ガラス戸越しに作業を見ていましたね。

女の喜美子が本当にこんな世界に入っていけるのでしょうか。

親方の「ちょん」って一筆にも「おぉ~」とどよめく弟子たちにちょっと笑っちゃったけどw


夜は3姉妹、並んで寝ているんですね。

めっちゃ狭くて身動きとれなさそう。

昼間に見た絵付けのせいで、なかなか眠りにつくことができなかった喜美子なのでした。


あとは…
照子の母によると、照子は高校を卒業したら京都の短大へ行くんだとか。

あんなに喜美子に帰ってきてほしがっていたのに、あっさり京都へ行ってしまうんですね。
まぁ、人生ってそんなものよね。
毎週帰ってくると言っているようですがw
信楽と京都って、今は電車で2時間弱くらいみたいだけど、当時はどうだったんだろうね。
大阪よりは近いのかな。

照子の母は、成績が良いから短大に進学させると言っていたので、試験のとき「勉強しなくてもできる」と言っていたのはあながち嘘でもなかったようですね。

第36話(11/9)あらすじと感想

昼間見た美しい火鉢に興奮してなかなか寝付けなかった喜美子ですが、直子も起きていました。

久しぶりに空襲の夢を見たとか。

子供の頃、逃げる途中で喜美子が手を離してしまったせいで迷子になり、怖い思いをしたんでしたよね。

百合子も起きてきて、3人で他愛もない話をしながら手を繋いで寝ました。

直子のゆで卵好きのエピソードといえば、借金取りですよね。
草間さんが助けてくれた。
昔のエピソードをちょこちょこ思い出させてくれて嬉しい。

ゆで卵に囲まれる夢を見たら、それはそれでシュールで怖いけどw


さて、喜美子の仕事終わりの時間に照子が会いに来ました。

仕事は簡単な方がいいだろうと照子が余計な気を利かせたおかげで、喜美子の丸熊陶業での仕事は食堂係になったようです。

仕事は大変な方がおもろいでーと喜美子は言っていました。
忙しいのも大変だけど、やることがなくて暇なのもひじょーに辛いので、わかります。

そこへ信作もやってきました。
4月からスーツを来て役場で働くんだとか。
信作は進学しないで就職するんだね。
モテているようだし、すっかり軟派な感じになったのは、やっぱり伊賀のおばあちゃんが亡くなってからのようで。照子もそう言っていました。
一体何があったのか…。

じゃれ合っている(ようにおばさんには見える)信作と照子はなかなかええ感じに見えます。

絵付けが気になる喜美子は、照子と信作とともに関係者以外立ち入り禁止の絵付係へ入ります。
信楽の絵付けの火鉢は高級品として売れているんだとか。
火鉢が使われなくなる将来、丸熊陶業がどんな舵取りをしたのか気になります。

そんなこんなで、絵付係にいるところを親方に見つかって怒られました。
社長令嬢である照子にも容赦ない親方。
社長と折り合いがつかなかったらしく、丸熊陶業をやめることになったようです。

絵付け職人がいなくなることを知り、喜美子は絵付けをやってみたいと照子に頼みます。

翌朝、絵付係には新しい絵付け師(イッセー尾形)の姿が…。

これまたかなりクセの強そうな職人さんでしたねw
でも前の親方よりは優しそう。

そして次週、ちや子さんと感動の再会!

それと常治のちゃぶ台返しあり!!楽しみです。

大阪編も楽しかったけど、信楽もやっぱり良い。
ちや子さん以外の荒木荘の人たちにもまた出てきてほしいな。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#絵付け 新しい道をみつけました✨ #スカーレット #戸田恵梨香

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村