抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

知ってるワイフ 11話(最終回) 感想【ネタバレあり】

「もう戻らない」と言いつつ、2010年のあの日に戻った元春。

バス停で澪と出会った日であり、さやかと初めてデートした日。

もう戻らないっていうのは、もうこれで最後にするって意味だったのかな。

 

「絶対に会っちゃいけない人がいるから今日は家から出ない!」って、「絶対に会っちゃいけない人」って言い方がもう自分本位だよね。「不幸にしたくない人」とか「迷惑をかけたくない人」と言え。

 

ずっと家にいたので誰にも会うことなく一日が過ぎ、次目覚めたら2020年5月になっていました。

今の元春は大阪の商社で営業の仕事をしているようです。スマホには澪もさやかも、津山の名前もありません。

実際何も知らない業界にいきなりポンと放り込まれて仕事なんてできるのかな。

 

家族連れを見て「澪と離れて良かった」とかって微笑んでるけどさ。そこ??子供たちのことは全く思い出さないわけなの??

 

そんな中、東京出張の機会がやってきました。

妹のなぎさと、その夫だった木田は一緒に移動販売?フードトラックっていうの?やってる。まだ結婚していないけど、子供ができちゃったらしい。ちいちゃん生まれるといいね。

そこへさやか登場。

さやかと木田は元春が休んだあの日に大学でちょっと会話してて、その後仲良くなったいたいだね。

さやかに「昔好きだった」と言われてもポーカーフェイスを崩さない元春。まぁ今回はさやかのことが嫌になったのもあって過去に戻ったんだしね。ほんとにどんな女性もモンスターにしてしまう元春恐ろしいな。

なになに?その後、さやかと花屋、運命の出会い?w

花屋も微妙だけど、元春からは逃げ切ったさやか~。congratulations!

 

仕事が早く終わったので、小池はどうしてるんだろうと公園に行った元春。

小池さんは地域のパトロールボランティア?で公園のお掃除をしていました。小池さん、まさかの元心臓血管外科医。

手術を失敗した時に初めて過去に戻ったと言ってます。働き盛りのとある父親の手術でミスしてしまい、仕事も家族も失って…

想像しうる小池の苦悩に比べたら、元春の「妻がモンスターになった(というか自分がした)」とかいう理由がティッシュペーパーのように軽いな。

でも何度過去に戻っても結局うまくいかず、自分が「人生を諦めていた」ことを元春に言われて気づき、この間元春が過去に戻った時に小池も一緒に戻って、本当に大切なものを取り戻したらしい。

前の人生では失ってた娘と孫だね~。良かったね~。妻はどうなったのか若干気になるけど。

 

本当に取り戻したいもの…?

自分がどうしたいかもわからないまま、あおい銀行に行った元春は津山にバッタリ。結婚指輪してる。双子のパパに戻れたかな?

 

銀行には澪もいました。

適当に口座を開設することにして観察してたら、以前振り込め詐欺に騙されかけてたお客さんが澪の窓口へ。

客が騙されていることに気づいた澪は、なぜかあの時の二人しか知らない合図を元春に向かって必死にアピール。鼻を指で挟んで寄り目って秘密の合図にしてはハードル高すぎるよなぁw

どうして澪がこの合図を知ってるのか、わけがわからないけど、とりあえず街の防犯センターのふりをして詐欺を未然に防いだ元春w

 

実は、元春が過去に戻ったあの日、澪も過去に戻っていたようです。母にもらった500円玉を使って。

2010年に戻った澪は、バス停に現れなかった元春に会うためにあちこち捜し回ったけど、結局見つけることができないまま2020年に。

当然銀行に元春はいないし、なぎさ夫婦の店もない。連絡先を知らない澪は元春への手掛かりがなくなってしまったんだね~。

 

よかった~、津山主任は無事双子ちゃんのパパになってました。

 

誰が何と言おうと元春のことが好きだから、いつか会える日を待つことに決めた澪。

2010年にバス停に会いに来てくれなかった時点で冷めないのかな。それほど避けられてるってことでしょ。虚しくならないのかな。とりあえず元春に対するすごい執念だけは伝わった。

 

なのであの日、元春が東京出張のついでに銀行に立ち寄った時。

元春を見かけた澪は思わず涙ぐんでしまい…

って!

「やっと巡り合えた」的な感動シーンになってるけど、感情がついていかないんですけど。

でも「知ってるワイフ」ってそういう意味だったのかってスッキリはしました。

元春が知らないフリして「口座開設」とか言ってんの「プププ」って思わなかったのかなw

 

でまぁ、そんなこんなで、本当は元春も澪のことが好きだから「結婚しよう!」ってことで、すぐ話がまとまったw

澪のお母さんもなぜか認知症になってないみたいだし、いいことだらけのやり直しだったね。

子供たちも元通りに生まれたようで。

元春と澪もお互いに優しい気持ちで夫婦をやり直しているようで。

でもなんだかね。

子供にご飯を食べさせるのを代わってたのは成長してたけど、アイロンは自分でできないのか??苦手なのかもしれないけど、大人なんだから頑張れ。朝バタバタしてる時に「ご飯あげるの代わるからアイロンかけて」とか言われたら「は?なんで?」って真顔で言ってしまいそうな私は澪以下だな…。どっちが大変とかじゃなくて、忙しい時に今やってることを中断させられるのが嫌…。

澪も「忘れてた!」って言ってたから、きっと普段から役割分担できてるんだろうけどね!

澪も銀行で働き続けてるから、最後の家は立派な一軒家だったのかな。結局元春は商社マンのまま?

 

今までのモヤモヤを力業でねじ伏せてハッピーエンドにもっていった感。

子供たちが元に戻ってる以上にハッピーなことはないもんね、見ている方からしたら。元春が一生独身となると子供たちもなかったことになっちゃうしね。

そう考えると元春をあそこまでクズキャラにしなくても良かったんじゃ…って思っちゃうわ。結局最後まで本当に反省したようには見えなかったし。

大阪で一人で働いている時も、こうなったのは自分のせいなのに「過去に何か辛いことがありし自分」に酔ってるように見えたw 上司にお見合いを勧められてる時とか。自分、結婚しちゃいけない人間なんで…みたいな。

だから仕事一筋で生きるのかと思いきや、あっさり澪と結婚してるしw やり直してからまだ2ヶ月くらいしか経ってなくなかった?

それなら最初から「俺はもう一度澪とやり直すぞー!」ってめっちゃ笑顔で過去に戻ってほしかったなw

あの「俺は周りの人間を不幸にする…」っていう悲壮感はなんだったん?

澪のグイグイ来るのもすごかったからね…。避けられてるのにあんなに押せるメンタルうらやま。

 

 

最終回の結婚式で女性陣が着ていたドレスはこちら↓

matchadress.com

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

f:id:matchadrama:20210129112409p:plain