抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

知ってるワイフ 6話 あらすじと感想【ネタバレあり】

もう過去を変えることはできないと知った元春(大倉忠義)は、持ち前の切替の速さで今の妻・さやか(瀧本美織)と最高の夫婦wになることを決意。

早速朝から家の掃除なんかしちゃったりなんかして。

そんな元春に、さやかも新婚の頃を思い出してまんざらでもなさそう。

朝から優雅にウォーキングしていたら、花屋の青年(小関裕太)に出会う。

 

 

 

 一方、お付き合いすることになった津山(松下洸平)と澪(広瀬アリス)も、出勤前にカフェで朝デートするなど楽しそう。

 

会社で澪に会った元春は、吹っ切れたような爽やかな目で津山とのことを応援してるとか言ってみたり。

やっぱり今までの死んだ魚みたいな目はそういう演技だったのかな~。元春ってこんな爽やかな表情もできるんだ~って思ったわ。高校生の澪にアタックされてる時も割といつも死んだ目だったけどね…。

そんな中、元春は澪がお父さんの法事で仕事を休むことを知ります。澪と結婚していた時、少なくとも3回は法事をすっぽかしたという最低なエピソードを思い出す元春。(理由は3回とも仕事絡みではあったんだけど。でも平日が無理ならと日曜に設定したにもかかわらず、接待ゴルフはちょっと許せないかも)

せめてもの償いのつもりか、津山に澪の法事の準備を手伝ってやれとアドバイス。その代わり、津山がやる予定だった残業を元春がやることに。

その日はさやかに「話がある」と言われていたのに、結局帰りが遅くなって聞いてあげられなかったんだよね。

 

さて、法事の日の朝。澪が起きたら母(片平なぎさ)がいない。

慌てて捜しに出る澪。

 

一方、元春はこの日こそ早く帰ってさやかの話を聞かなければいけなかったのに、会社で色々あって仕事の後みんなで飲みに行くことに。車だから飲まないとは言っていたけど、さやかとの電話を切った途端、みんなに追いつこうと笑顔で駆け出しそうになってたとこがほんとイラっとしたw

さやかはもうご飯支度しちゃってたのに(惣菜を皿に移してただけだけどw)、怒らなかったのえらいよね。しかもさ、この飲み会なんて別に出なくても良くない?ただの支店長のご機嫌取り飲み会だよ。元春がさやかの夫である限り、ご機嫌取りなんて必要ないし。

 

帰りの車の中から、よろよろと自転車を押している澪を発見した元春。しかもまたこけてたよね?危ないからもう自転車やめなよ…。こんな瀕死の知り合いを見かけたら声をかけずにはいられないよね…。元春も気の毒ではあった。

事情を聞いて、案の定一緒に母親を捜すことに。

さやかにもう澪を車に乗せるなと言われていたから、一応助手席ではなく後部座席に乗せるw

さやかへは2軒目に行くことになったと嘘をつく。ここで正直に言っていればまだマシだったのにね…。

一応警察へも届け出をして、妹(川栄李奈)夫婦の店のSNSで拡散もして。澪も一日中捜していなかったならすぐ警察に行けばよかったのに。

そのうちに母らしき人の目撃情報が入ったので一緒に確認しに行くことに。澪はさすがにもう遅い時間だから一人でタクシーで行くと言ったんだけど、ここまできて「じゃあ行ってらっしゃい」ってわけにもいかないよね。

その様子を見ていた謎の男(生瀬勝久)が一言。

「愚かだなぁ」

視聴者の声を代弁。母親捜しを手伝うのが愚かなんじゃないよ。元春の思考・行動全てがもう「愚かだなぁ」って。

澪もお母さんがいなくて焦ってたんだろうけど、既婚の上司に甘えすぎな気が。私ならせめて自分で直接奥さんに電話して説明したい。夜遅くに申し訳ないし、一応一緒にキャンプ行った仲だし。

 

結局、目撃情報があった場所で母を無事発見。母は父に会いたくて思い出の場所で待っていたらしい。チャージがなくなるまでバスに乗りまくったりもしたらしい。

認知症って大変だなって思ったけど、この母親ほんとに認知症なのかね。

「母にとって父がいなくなった穴は大きかった」と言う澪に、「いなくなって初めてわかることもあるからね」と元春。その後も色々語ってたけど全然深くない。

でもここぞとばかりに、妻だった澪への謝罪を、過去の恋人への言葉かのように現在の澪に言う。

澪はこの言葉をどう受け取ったんだろう。コンビニの前で何て言ってたんだろう。

『知ってるワイフ』ってのはやっぱり澪のことなのかなぁ。

 

やっと家に帰ってきた元春を起きて待っていたさやか。もう遅いから話は明日にするって言われて「わかった」ってシャワーを浴びに行く元春。ダメすぎる。「遅くなってごめんね、今聞くよ」って目の前に座らなきゃ…。どうやらさやかは楽団に入ることを検討しているようです。

元春がシャワーを浴びている間に、元春のスマホに澪から着信が。さやかが出たら、相手は澪の母。

「元春くん、うちに泊まっていけばよかったのに。」「うちの婿さん」などと発言し、さやかがしゃべるといきなり切る。

不審に思って元春の背広を探ると、警察官の名刺を発見~からの家宅捜索ならぬ車捜索→カーナビの履歴検索→ドライブレコーダーの音声再生

元春が澪と一緒にいたことを突き止めたさやか。

すごい行動力だし一連の流れに無駄がなさすぎて。今すぐ探偵になれるよ。

そしてかまをかけたり泳がせたりとかしないのね。シャワーから出てきた元春を直球で問い詰める。嘘はついていたけど別にやましいことはしていないのでまぁ普通に事情を説明する元春。

「だからってモトくんが一緒に捜すことないでしょ?家族じゃないんだから!」

「放っておけなくて…」

放っておけなかったのは第三者から見たらわかるよ。でも妻からしたら「私のことは放っておいたくせに」ってなるよね。

家を飛び出したさやか。

ママに電話しようとしたけど思いとどまり、橋の上で座り込む。電話帳にあった「ミゲルエリオット」が気になったw チェロ関係かな。

そこに花屋の青年が通りかかる~~深夜に何やってんだ~

 

 

飲みに行った二人。さやかから誘ったらしい。軽率だなーって思うけど、気持ちはわかるよ。

そこで、なんでさやかみたいなお嬢様が元春と結婚したのかわかりました。「何でも言うことをきいてくれる人だったから好きになった」そうです。

そうか~。言われてみればそうでしかないよな~と納得してうけたw

 

酔っ払って家に戻ったさやかは、前に津山が言っていた「ビハインド」という企業の裏掲示板の存在を思い出し、『建石澪の本性』と題して何かを書き込んでいた~。

そういう陰険なことはしなさそうだと思っていたからなんかがっかり。いくら酔っていたとはいえね…。初めてアクセスしたはずなのにまずはどんなもんかと読むんじゃなくて、即行書いてたしね。怖いよw

予告では澪も負けてなくて、誰の仕業か特定して告訴するようなことを言っていたし。なんだこの展開。

 

ちなみにシャワーから上がった元春が着ていたバスローブ、「しあわせローブ」っていうんだってw

全然幸せじゃなくてうけるw

  ↓

matchadress.com

 

 

5話の感想はこちら↓

 

www.matchadrama.com

 

 

 

f:id:matchadrama:20210129112409p:plain