抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 9話のあらすじと感想【ネタバレあり】

書置きを残していなくなっていた空(浜辺美波)は、風雅(トヨエツ)と沖縄に行っていたらしく、碧(菅野美穂)が「おだや」で騒いでいたら普通に帰ってきました。

風雅も一緒に東京に来ていて、碧の家に流木を飾りまくってたんだけど、壁の流木はなんか鹿の剥製感があった…。

 

 

 

光(岡田健史)の部屋で漫画を描きながら、風雅との楽しかった日々を語ってる空。

だから…渉先生がいるのに二人で部屋にいるとかダメでしょ。なんでわかんないのかな?

 

風雅は、天性の人たらしの才能を生かしてしばらく東京に滞在するみたい。

商店街のおもちゃ屋のおばちゃんに気に入られて住むところをゲット。

渉先生の整体院の内装の仕事もゲット。

流木も売ってて結構売れているとか。本当かな。

 

ちなみに風雅が碧のことを覚えていないと言ったのは嘘だったみたい。

急に来たからびっくりして本当のことが言えなかったんだって。

許せない思いが溢れて風雅をビンタする碧。

 

色々あって風雅・碧・空の3人で鈴さんの墓参りに行くことになりました。

帰りに温泉に寄ったんだけど、「のぼせそう」と言いつつ全然あったかくなさそうな風呂だったよね。湯気が全くなくて。湯気があったら曇って撮影できないからかな。

夜、3人で商店街を歩いているところを目撃したゴンちゃん。

 

 

ゴンちゃんも背が高いけど、トヨエツのスタイルは二次元みたいなんだよな。

最低親父!ボコボコにしてやる!って思ってても、トヨエツが現れたらなぁなぁになって一緒にダンスしてしまうかもしれんw

空は物心ついた時から碧と二人だから、父親との思い出がないんだよね。子供の頃みたいに両手をお父さんとお母さんと繋いでブランコみたいに飛ぶのやってみたがるとこはちょっと切なかった。

 

風雅は碧のことを覚えていたどころか、空の存在も知っていました。

ずっと空(自然)の写真を撮り続けていたのは空(人間)のことを想うがゆえだったみたい。沖縄で空(人間)の写真を撮った3/14でアルバムは止まっていて、それってストーカーみたいやんと思った空は思わず「きっしょ」(やべっ)「ごめん父ちゃん」と言ってしまい、取り乱しながら光に電話。

この取り乱し方が碧にそっくりだった…

空の話を聞いた光は、「空の存在も名前も知ってたってこと?」って言ってて、空も「言われてみれば…」みたいな感じだったけど、空の写真を撮り続けて空の写真で終わってるってことは、空の存在も名前も知ってたってことだと明らかだと思うんだけどな。

光が鋭いのか、空が鈍いのか。空が鈍い。

 

実は20年前、風雅は鈴さんに「やり直そう」って手紙を送ったらしいんだよね。そして鈴さんからの返事で、空が生まれたことを知ったんだけど、鈴さんは新しい人がいるからって嘘をついて風雅とやり直すことを断ったみたい。

それを聞いて、鈴さんが碧に手紙のことを言わなかったのは、空を風雅じゃなくて碧に託したかったからじゃないか。って母を励ます空。

いくら親友になったとはいえ、実の父親を差し置いて、見ず知らずの女に自分の子を託す方が不自然な気がするけどね…。今はいい人のふりをしていても、自分が死んだらめっちゃ子供をいじめるかもしれないじゃん…。碧はそんなことはしなかったけどさ。

 

空は今度は自分のせいで碧に結婚を諦めさせたのではないかと悩み始めました。

わかるけどさ!

それをゴンちゃんちで聞くのは「違う」って言ってほしいからだよね。俊一郎さんは空の期待通りの答えをくれました。

碧は結婚を諦めたんじゃなくて、むしろモテモテだったけどあえて結婚しないことを選んだみたいな。

しかもゴンちゃんが口を挟もうとしたら「今は私の話だから」って遮って。血液型の時もそうだったけど、空っていつも自分自分自分!あの隠しきれない美貌がなければただのかまってちゃん。

 

碧の新作『真夏の空は、夢』の連載は好調な様子。

だけどネットでエゴサーチしちゃって、“時代遅れ”って書かれているのを見て落ち込んでいる碧。

漱石が良いこと言って励ましてたよ。

「時代遅れになれるのは、ある時代を生き切り、大衆に深く記憶された作家だけ。」

「作家が時代遅れかどうかは今勢いのある小説を書けるかどうか。碧には勢いがある。」

って。

でも「時代の方が先に老いていく」ってのは「ん??」って思ったし、今もよく意味がわからん。まぁ碧のことをティファニーみたいとか意味わかんないことも言ってたしね、漱石。時々ポエマーになっちゃうんだよね。

良いことを言われて立ち直った碧は、漱石が何か言いたそうにしていたのに「パンを買いに行くから」ってブチって電話を切っちゃった。

実は漱石、漫画の担当に戻ってニューヨークに転勤することになったらしい。

これでまた碧はぎゃーぎゃー騒ぐんだろうなぁ。

 

やーっと出てきたよ渉先生!

渉先生が風雅に店の内装を頼んだのは、風雅と空が一緒にいられる時間を少しでも長くするためだったって言ってます。幼い頃に両親を亡くしてる渉先生の気遣い。

神妙な顔で聞いてた空だけどさ、空は渉先生とのデートと、光と電話したり一緒に漫画描いたりしてることをまったく別のものとして考えてるの?

渉先生が別の女性と部屋で二人きりになったり、事あるごとに電話してたりしても平気なのかな。

まぁ…渉先生がそうしてても空は平気そうだよね。だけど、光がそういうことしてたら嫉妬しそう。

なんで渉先生をいつまでもキープしてんの??

 

渉先生と会った後にまた光の部屋で漫画描いてる~

空にも少しでも気遣いの心があるなら、カフェとか図書館とか公共の場でやるだろうね。光もいつもはその辺よく考えてるのに、今回は普通に家に上げるんだ。

帰り道、光と二人で歩いてたらチンピラに絡まれました。

空の眼鏡が割れちゃったので、危ないから手を繋いで歩くことに。

急にセンチメンタルになって光の匂いを嗅ぎだす空。←文字にするとただのやばいやつw

 

 

チンピラたちが恋のキューピッドになっとるw

 

とにかく渉先生のこといつまでも引っ張るのもうやめてあげて…。

空の気持ちはもうだいぶ前から渉先生に全然向いてないじゃん。

あの時ソイラテさえ拾わなければ空に引っかかることもなかったのに。

 

碧もゴンちゃんに甘えながら風雅のことも気になってるし、母娘そろってどうしようもないな。血の繋がりとかほんとどうでもいいくらい似てるよ。

何回も書いてるけど、しゃべり方が変すぎる!!

「ちと○○」とか言わないし。父ちゃん母ちゃんって言いそうな見た目じゃないし。君呼びも変だし。しゃべり方が普通だったらもうちょっと主役二人に共感できる気がします。

 

 

 

9話の衣装はこちら↓

matchadress.com

 

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

f:id:matchadrama:20210121131222p:plain