抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

「純愛ディソナンス」第2話の感想【冴が可哀想です】

「純愛ディソナンス」、今期のドラマの中では面白いと思う。

原作がないので単純に続きが気になるのと、正樹がかっこよくて冴が可愛いからw

ただ、今回撮られた写真がいたたまれなさすぎて。

二人で手を繋いで歩いてるとか、楽しそうに顔を寄せ合っているとか、まだあのレストランでの写真だったら良かったけど、先生が完全に弱ってるあの写真はいたたまれなくて二人が可哀想になってしまいました。

まぁ、前も撮られてるのに迂闊すぎるよ、と思ったけど、切ないシーンだったから…

で、撮ったのは碓氷先生で、亡くなった小坂先生の恋人は加賀美先生で…?

正樹と冴の“禁断の恋”以外に不穏な要素がありすぎて、ある意味楽しく見れています。

二人が自分たちの世界に酔っているような禁断の恋だけだったらキツかった。

 

素敵だな~と思う曲ってほとんど不協和音が使われてますよね。

というか、不協和音のない曲ってほとんどないですよ。あっても古典とか。協和音だけの音楽ってとにかく単調です。

でも不協和音が続くとやっぱり気持ち悪い、変な曲になるんで、何事もバランスが大切ですね…

このドラマもバランス良くお願いします。

 

もっといたたまれなかったのは、冴の母親が冴の小説を複数部プリントアウトして配ってたシーンですかね(^^;

自分だったら恥ずかしすぎてあの瞬間に死にます。

あのあと校内を彷徨ったりできない…

 

黒板の落書きを見て駆けだした冴を、慎太郎が追いかけたのかと思ったら碓氷先生に会いに行ったのはずっこけました。

そんなんじゃ永遠に冴に振り向いてはもらえないよ。

 

次回で第一部が終わって5年後になるようです。

何部まであるの?

碓井先生が比嘉愛未の本領を発揮してめちゃめちゃ綺麗になってましたよね…碓氷先生に何があったのかが一番気になりますw

 

 

 

www.matchadrama.com