抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

「テッパチ!」第3話の感想【一人ずつ可愛くなっていくw】

前回は荒井、そして今回は武藤。

順調に心を奪われていってますw

笑顔が可愛すぎか!

荒井役の佐藤寛太さんは町田さんと同じ「劇団EXILE」のメンバーなんですね~

1996年生まれの26歳。

なんか不思議な魅力がありますね。これから注目します。

 

武藤役は一ノ瀬 颯(いちのせ はやて)さん。

1997年生まれ25歳。

リュウソウジャーの人か~!

青山学院大学の入学式に向かっている途中でスカウトされ芸能界入り(Wikipediaより)って強すぎるw

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一ノ瀬颯(@hayate_ichinose_official)がシェアした投稿

 

パフェが似合う。

 

ドラマの内容はさておき、一班のみんなが見たくて見てます。

今回の「おいおい」なシーンはやっぱり、

 

1.桜間教官(白石麻衣)による突然のヨガ指導

焦ったのかなかなか「弾込め」ができない宙。(焦りすぎ)

見かねた桜間は宙の手を握り、ぷるっぷるの唇で「落ち着いて。深く息を吸って~吐いて~吸って~吐いて~」

突然のヨガ指導始まった

ポーズをやりだす前に弾込めできてよかったです。

でも宙の焦りの原因が桜間だとしたら、逆効果だよねw

 

2.ひどい特訓

父親から受けた虐待のトラウマを抱える武藤に対して、思ってもいない罵声を浴びせ、耐えたら合格とかいう意味の分からない特訓。

荒井とかやりすぎだし。

あんなんでトラウマを乗り越えられるわけはないと思いつつ、音声を無視して画面だけ見ていたら、なんだかとても感動しましたw

最後の武藤の笑顔がね。

まだ19歳の若者の無邪気な顔だった。

 

この二つのシーンはもはやコメディなのかと思ってしまったけれど、嫌いじゃないw

白石麻衣さんが浮いているという意見も見かけますが、私はそんなに気になりません。

みんなが憧れる女性教官の役だから、わかりやすく可愛らしい方がね…。

それに彼女、滑舌が良いので、1.5倍速で見ても台詞が聞き取りやすいです。

八女さんの事情を長々と説明しているシーンも全部聞き取れました。(何の報告)

 

一班のみんなの成長が見たいので、これからも楽しみにしています。シャワーシーンも今回くらいに留めてくれたら許容範囲。

 

 

www.matchadrama.com