抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

「純愛ディソナンス」第3・4話の感想【なぜかワクワクする】

【第3話】

別れ話のもつれから小坂先生を殺したのは、妻子持ちの加賀美先生だったという救いようのない結末。

おまけに加賀美はそのことに気づいた冴を縛ってロッカーに閉じ込めてますから、余計な罪状が追加されたのでは…愚かです。

そして物語は5年後へ…

って、簡単に気持ち切り替えられないよー!

 

と思ったけど、正樹の新しい仕事が色んな意味でブラックすぎて釘付けw

「六本木クラス」では良いお父ちゃんだった光石研が、こっちでは香川照之以上のクズ社長に…気持ちが追いつかん

そして冴がアルバイトをすることになる、路加(佐藤隆太)の会社が手掛けている既婚者向けのマッチングアプリが気持ち悪いww

こんな不倫推奨アプリ、世間一般に受け入れられるの?

5年間一度も会っていなかったのに、再会したとなったらやたらと鉢合わせる正樹と冴!このドラマどうなっちゃうの?

 

【第4話】

なんと正樹の結婚相手があの碓氷先生(比嘉愛未)で、その碓氷先生は人気小説家になっているというトンデモ展開!

しかも碓氷先生のお父さんは正樹の会社のブラックな社長!

5年前、学校を辞めた正樹はなぜか工場で働いていました。元ピアノ講師であり高校の音楽教師だった男が、なぜ肉体労働?本当にそれしかなかった?あの見た目があればどこでも働けそうなのに!

でも工場で下世話なことを言われなければ傷害事件を起こすこともなく、偶然愛菜美(碓氷先生の下の名前)に会うことも示談金を肩代わりしてもらうこともなく、結婚することもあの会社に就職することもなかったので、ドラマ的に仕方がない設定でした。

やっぱり愛菜美は高校教師時代から正樹のことを狙っていたのでしょうか。

正樹の冷酷な表情と、主に愛菜美といる時に見せる優しげな表情の落差がすごくて、私は中島裕翔という俳優に興味津々です。

優しげといっても完全に優しい顔ではないところもポイント。

でも3話の終わりで愛菜美が冴たちに「夫です」と紹介した時の正樹の笑顔はむしろ子供か?ってくらい邪気がなくてびっくり。

中島裕翔って本当はどんな人なんだろう。もう正樹にしか見えないです。

 

5年後のシーンになっても、「純愛」の部分は病院の屋上で思わず冴を抱きしめたシーンくらいしかないw

冷酷ぶっているけど、正樹は繊細で儚さすぎて壊れそうなんですよ。

冴ちゃん結構がっしりしているから正樹を支えてあげてほしいけど、まだまだ世間知らずなので愛菜美に負けそう。あの胡散臭い会社で酸いも甘いも知り尽くして、また5年後くらいに再会してほしい。

 

その間に路加によるモノリスエステート社長への復讐などでぐっちゃぐちゃになりそうw

 

「純愛」以外の要素が多すぎる割には、イライラよりワクワクする。ワクワクするような内容でもないんだけどw

今期一番続きが気になるドラマかもしれない…