抹茶のドラマ感想

ネタバレありのドラマ感想です。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」第8話のひとこと感想【ネタバレあり】

【第8話】ついに殺人鬼・LLの正体が明らかに!

1話と2話、怖かったから半目で見てたので、私の中でエイジの姉の存在感が薄くて…w

それ以降も時々出て来てたからいることは知ってたけど、京花ちゃんを襲ったのは義姉でした!と言われても、「あ、あぁ」って感じでした…。

幼少期はあんなに可愛かったのに(朝ドラの舞ちゃん!)、とんでもないことになってしまいましたね…。

 

そして八野衣真、ただのいい人だった…😢

それを「チンピラはいつまでもチンピラのまま」とか無表情で話すエンケンさん…。

怖かった。

 

しかもまだ真犯人がいるってどういうこと?

こうなってくると、エイジに実は第3の人格がある説が濃厚になってきました。

タイトルの意味もなんか気になるしね…

じゃなかったら、登場人物が死にすぎて、残ってるのがナミとエイジ母くらいしか思いつかないのですが?