抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

君と世界が終わる日に 10話(最終回)適当すぎる感想【ネタバレあり】

最終回ゾンビいっぱい出てきた~。

でも肉を引きちぎるシーンとかいる??ゾンビって人間を食べるの?食べられたらその人はゾンビになれないよね。いらん演出だったな…。

 

「これからは首藤教授の手助けをしていきたい」って響に発砲したくるみ。

頬をかすっただけだったけど、くるみはどこを狙ってのあのかすりだったんだろう。下手したら顔に命中しちゃう。怖い。

 

紹子さんの夫が遺してたメモで緊急シェルター「希望の家」の存在を知ったみんな。

ラジオを聞いて、とりあえず港に行ってみることに。でも本当に信用できるかわからないから様子を見に行こうって。本郷さんの件があるからみんな疑心暗鬼になっちゃってるじゃん…

 

等々力が坪井たちの仲間になった?

等々力って『ひきょうなコウモリ』のコウモリみたい。哺乳類だよって言ったり鳥類だよって言ったりして最後はどっちからも嫌われるやつ。

 

響だけはどうしてもくるみを取り戻したくて駐屯地へ。顔撃たれてもまだくるみのこと好きなん?なんで?洗脳されてるだけだと思ってるから?もうかなえでいいじゃん。

駐屯地はゾンビだらけ。自衛隊もみーんなゾンビ化。

自衛隊がこんな簡単にやられてしまう世界。自衛隊弱すぎない??武力もだけど頭も。坪井や響たち一般人がロクな武器も持たずに生き残ってるというのにさぁ。

 

響は、かろうじて生きてた桑田さんの部下に捕らえられてジアンのいる部屋へ。

この部下もうゾンビ化してない??

そしてジアンまだ足引きずってない?矢が胸を貫通したくるみがもうピンピンして動き回っているというのに。

 

やっぱり冷凍装置の中に入っていたのは首藤の妻でした。

首藤は妻の病気を治すためにゴーレムウイルスを開発したそうです。志半ばで響に冷凍装置をダメにされたため、響を殺すと息巻いています。でも自分で手は下さない。

くるみは首藤に脅されて、響を殺すように命じられていたみたい。わずかながらゾンビ化していない人間がまだ駐屯地にいて捕らえられてます。ちょっと待ってよ。他人>恋人なのくるみは?

とりあえず洗脳はされてなかったってことでOK?

くるみはどうしても響のことが殺せなくて(当たり前だよ)、二人でゾンビの餌食に?スプリンクラーから噴き出してきたのは血?めっちゃ怖い。

ていうか二人で首藤を攻撃したらいいじゃん。

 

大量のゾンビがなだれ込んできて絶体絶命のピンチかと思いきや、緊急シェルターに行ったと思ってた仲間たちが助けに来てくれたよん。

坪井と等々力もいるよ。自衛隊でも歯が立たなかったwゾンビたちをバンバン倒すw

みんなでゾンビをやっつけたよ。

首藤は桑田さんの部下ゾンビに噛まれた。滝藤さんのゾンビ演技がやっぱピカイチw優勝!

等々力が撃たれた…!けど死んでない。

 

残ったみんなでシェルターに行くのかな。

勝利もちゃっかり生き残ってるよ。薬と引き換えに自衛隊に返すんじゃなかったのか?

御前崎さんは島に残るの??くるみのカルテみたいなの見て何か考えてる。データはジアンが持ってきたのかな。ジアンは幽閉されてたからゾンビの被害に遭うことなく助かったよねw

 

さ!シーズン2はHuluだよ。

どうせ続きが気になる終わり方なんだろうなとは思ってたけど、続きが気になるというよりも、まだお話の途中だよね全然。

でもうっかり公式の相関図を見たら、響の父親が生きているみたい。やだ気になる。

 

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

f:id:matchadrama:20210126132715p:plain