抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

デジタル・タトゥー 4話 ~娘の告白~ あらすじと感想

 

デジタル・タトゥー 4話 ネタバレありのあらすじと感想です。

~娘の告白~

 

 

 

 

ーーーー

あらすじ

スマホで@ちゃんねるを見る早紀(唐田えりか)。

【東洋テレビ女子アナ】岩井早紀ちゃんご乱交www【来年入社】
「国境なき教師団に入りたいとか嘘ついて内定取ったあたりから怪しいと思ってた」
「意識高い系の没落、メシウマww」
「1年の時から男とっかえひっかえしてるって噂がある」

などと書かれ放題。
小西(荒井敦史)に素っ気ない態度を取ったことを思い返す早紀。

 

早紀のマンションを訪ねる岩井(高橋克実)。
早紀は留守。
タイガ(瀬戸康史)が、ネットで騒がれている早紀のことを心配して岩井に電話をかけてくる。
どこにいるかは言えないらしいが、何やら停泊中の船上にいる。
「一体何やってんだあいつは!あんな醜態さらして!」と怒鳴る岩井。
早紀は学生とはいえ21歳の大人の女性。
写真を撮ったのは軽率だったけど、アナウンサーに内定が決まったこのタイミングで流出するなんて、何か作為的なものを感じる。
早紀にも非があると思っていた岩井に「おじさんはやっぱり早紀ちゃんのことがわかってない。」と言うタイガ。

f:id:matchadrama:20190703171607j:plain


オケケのカレー屋。
弁護士仲間の田村(八嶋智人)が入ってきて岩井に声をかける。
最近リベンジポルノの案件を扱ったらしく、早紀のことで力になりたいと申し出る。
「娘さんは悪くない」と熱くなる田村。
岩井も娘を信じたいのはやまやまだが、どんな学生生活を送っていたのかさっぱりわからない。娘のことを全然知らなかったとうなだれる。

 

早紀のファンだったと言うユーチューバーらしい男が早紀の部屋の前まで来て撮影している。
チャイムを鳴らしまくる迷惑な男。
そこへネズミの駆除業者のふりをして殺虫剤を撒きながら男を追い払うタイガ。

f:id:matchadrama:20190703171903p:plain
タイガを家に入れた早紀は小西について話す。
みんなでバーベキューに行った帰りに盛り上がってOKしたけど、小西は早紀が友達と飲みに行くのも嫌がるような束縛の強い男だった。
最後に会ったのは昨日の夜。
みんなでカラオケに行ったら、事情を知らない友人が小西を呼んでいたので、後から来た小西と入れ替わりで早紀は帰ってきたらしい。
しかし小西も就活生。自分にもリスクがあるようなことをするかな…とタイガ。
とにかく自分でなんとかする、お父さんには言わないで。と言う早紀。

 

顔を隠すため、マスクで大学へ行った早紀に声をかけるミサ(久保田紗友)。
昨日、早紀が帰ったあと、小西はずっと早紀の悪口を言っていたらしい。
「何かやるんじゃないかと心配していた。」と言うミサ。
「アナウンサーって何やっても叩かれるんだね。私はテレビ局なんて受けないで良かった。ん。やっぱりただの友達じゃなかったぞぉ。

 

東洋テレビ人事部から呼び出され、内定辞退を示唆される早紀。

帰りの地下鉄、隣の男に顔を見られているような気がしてマスクを探しているうちに、過呼吸を起こして倒れてしまう。

病院に駆けつける岩井。
早紀は倒れたときに頭を打って軽傷。大事を取って一日入院することに。
「どういうことなんだ。あれやこれや全部、なんでこんなことになった!」とまくし立てる岩井。
そうやって興奮するから何も言いたくなくなる、と早紀。

 

早紀の流出した画像、男の顔にはモザイクがかかっていたが、顔の判別ができるくらいにモザイクを取ったタイガ。
早紀に「何もしないで。」と言われた岩井だったが、その画像を見ながら大学構内で相手の男を探している。
「もしかしたら彼も被害者かも。」と言うタイガ。
もし自分が犯人なら、モザイクをかけるよりもトリミングして顔を切る、と。
似た男を見つける岩井。電話を切って走り出す。
逃げる小西を追いかけ、抑え込む岩井。
写真を拡散したのは自分ではないし、むしろ就職活動に影響して迷惑していると言う小西。
流出した画像はカラオケで酔いつぶれたときに抜かれたらしい。

幹事がミサだったと聞き、ミサを探して声をかける岩井。
しらばっくれるミサ。
「それよりも早紀が自殺未遂したと噂になっている」と、地下鉄で倒れたときの動画がネットにアップされていることを岩井に突きつける。

 

病院でミス城聖学院に選ばれたときの動画を見ている早紀。
そこへタイガが来る。
「自殺未遂の動画をネットにあげたやつがわかった。」
と、写真を早紀に見せる。
写っていたのは、倒れている早紀にスマホを向けているミサ…
小西との写真をネットに流したのも多分ミサだと言うタイガ。
「ミスコンで負けたくらいでここまでするかな?」と不思議がる。
小さい頃、岩井の転勤について転校を繰り返していた早紀。
イジメられないようにクラスの力関係を気にするのが癖になり、それが気に食わなかったのか、友達だと思っていた子からよく裏切られていたらしい。
立場は違っても、友達だと思っていた人がそうじゃなかったという経験が嫌というほどあったタイガは早紀に共感する。
「だから一緒にいると安心するんだ」と早紀。

奥寺ミサ。
親が離婚していて、昔の名字は山内というらしい。
山内ミサ。
「あっ…何でもない…。」何か思い出したけどごまかす早紀。 


タクシーに乗りこんだタイガ。
運転手にタイガだと気づかれる。

 

東洋テレビに呼ばれた岩井。
早紀は自殺未遂ではなく、過呼吸を起こしてホームで失神しただけだと力説する。
東洋テレビの人事は破廉恥写真流出の件も持ち出し、岩井にも内定辞退を示唆するが、そこは弁護士。娘は被害者だと主張する。
しかし自殺未遂となるとそうはいかない、と人事も引かない。そりゃぁ入社前からこんな問題児、嫌だよね。
アナウンサーとして働きだしたら、今以上の逆風にさらされる。その度に自殺…もとい過呼吸を起こされたらたまらない、と皮肉たっぷり。

 

船で寝泊まりしているらしいタイガ。
「タイガ発見?!」とのネットの投稿を見ている。
投稿したのはタクシーの運転手らしきアカウント。
「死んだって嘘?」
「何がしたかったのこいつ。」
「自作自演乙。」
「フェイクニュース確定。」
とざわつくネット。

 

タイガが女子大生のマンションに現れたとの情報を伊藤秀光(伊武雅刀)に報告する秘書の高嶋(飯田基祐)。
女子大生?と訝しがる秀光に、あの検事の娘らしいと伝える高嶋。
「岩井か…。」

 

 

 

退院した早紀は、岩井の事務所で小学校の卒業アルバムをめくっている。
岩井早紀の隣に山内ミサ。
「山子…」と呟く早紀。
遠い記憶がよみがえる。
給食の時間、牛乳がかかってしまったミサを馬鹿にしたように笑う早紀。

事務所に戻ってきた岩井。
東洋テレビに内定を取り消されたのではと心配している早紀に、内定は労働契約だから企業が一方的に取り消すことはできないと説明する。
大体あんな写真くらいで…とぼやくが、テレビ局はイメージ勝負だからあんな写真でも大ごとなんだよ…と言う早紀。思わず
「悔しくないのかお前は!」と怒鳴る岩井。
「悔しいよ!」と叫ぶ早紀。涙がこぼれる。
と、タイガが早紀に渡したミサの写真を見つける岩井。
「奥寺ミサ?…なぜこいつはお前のことを陥れる?」
「知らない」と言う早紀。
「お前は間違ったことをしたと思うか?してないなら毅然としてろ。」と出て行く岩井。ミサに直接聞きに行くらしい。

大学。
岩井を見て踵を返すミサ。
追いかける岩井。
またしらばっくれようとするミサだが、小西のスマホを調べればすぐに分かる、弁護士を舐めるなと脅すと観念する。父親が弁護士ってこういうときいいわね~w
小学生の時からずっと、早紀とは友達だったことなんてない、と話し出すミサ。
よくあるイジメ。ブスとか死ねとか机に書かれたり、先生のいないところで小突かれたり、誰にも話しかけてもらえなかったり…
「あの子のせいで学校にいられなくなった。全部早紀のせいなんです。」

ミサの言うとおりだと早紀。

十年前、岩井の転勤で高崎市に引越してきた早紀。
転校初日、早紀の隣の席だったのが山内ミサ。あだ名は山子。
教科書を落とした早紀を見てクスクス笑ったミサ。
前の学校でイジメられかけていた早紀は、このままではまたイジメられると思い、わざと教科書を落としてミサに拾わせた。これで早紀とミサの力関係は決定した。
以前からクラスの一部の女子にイジメられていたらしいミサ。
早紀が来たことでそれが加速。自分を守るため、早紀もミサをいじめる側になった。
ミサはイジメに耐えられなくなり、卒業を前に転校していった。
クラスに溶け込むことのほうが大事だったその頃の早紀は、ミサを利用したのだ。

「だから小西のこともミサのことも、ネットで誰かをディスる人のことも批判はできない。」
と言う早紀。

 

一方、美枝子(朝加真由美)に呼び出されるタイガ。
自殺した兄・壮輔が遺していたUSBの中身を調べて欲しいと言う。
美枝子名義の貸金庫に入っていたもので、契約期限が切れて連絡が来たらしい。
パスワードに手こずるタイガ。
壮輔はタイガの動画の熱心なファンだった、と美枝子。
「よく、大輔君の方が政治家に向いてるかもって言ってたわ。」
それを聞き、昔の動画のコメントを見ていくタイガ。
daisuke_ganbareから「応援してるよ~!」というコメントが…。
“T資金の溜まり一覧.docel”といういかにもなデータを開くため、パスワードに「daisuke_ganbare」と入力する…。


「就活は一からやり直す」と、出かける用意をしている早紀。
事務所のドアを開けると、ミサが立っていた。
屋上に出る岩井。
事務所には女子二人。
いつか早紀に復讐したいと思っていた、と話し始めるミサ。
カラオケで眠ってしまった小西のスマホをチェック、早紀とのツーショット写真を見つけてラッキーと思った。
ミスコンの活動で半年間も一緒にいたのに、全然自分に気が付かなかった早紀に腹が立っていたミサは、早紀がネットで叩かれているのを見て気分が良かったらしい。
「大学で再会した時に気づいて謝ってくれていたら、こうはなっていなかったかもね。
私許せなかったんだよね。あの時のこと忘れて、いけしゃあしゃあとミスコンでグランプリ取って笑って生きていこうとする早紀が。謝ってよ。」とミサ。
しかし、
「お互いにごめんなさいって言い合って水に流せると思ってるの?
無理だよ。私のことは許さなくていい。私もあんたのことは一生許さない。あの画像は一生消えないんだから。」

ミサを呼んだのは岩井だった。
「ミサには一生許さないって言ったし、ミサにも許してくれなくていいって言った。でも会わないより会ってよかった。
こんな娘、最低でしょ。軽蔑するよね。」と言う早紀に
「お前は俺の娘だ。世の中の人間が全部お前を軽蔑しても、お父さんはしない。」
早紀の頭を不器用になでる岩井。

事務所へ戻ると、USBが入った封筒が届いていた。差出人はタイガ。
ちょうどそこへタイガから電話が。
これから秀光に会いに行くと言う。
岩井が「一人じゃ危険だから一緒に行く」と言うが、これは自分と父親の問題だから、と電話を切ってしまう。
歩いているタイガに忍び寄る男。
背後から鉄パイプで殴られ、倒れるタイガ…。鉄パイプってどこで調達するんだろう。
チラッと見えた男の顔は…
イチゴ大福の化身、Vチューバ―のともちん?!

f:id:matchadrama:20190703170321p:plain

ーーーー

感想 

まさかのともちん再登場。
1話で「タイガに天誅を下す」と書き込んだのは認めたものの、地下鉄で押したのは自分ではないと言っていたし、それは伊藤秀光の差し金で別人の仕業だったことは判明していた。
岩井の事務所を出て根無し草状態(船で寝泊まりしているみたいだけど)のタイガの居場所をピンポイントで狙ってくるってすごい能力じゃない?
寝泊まりしている船じゃなくて、移動中を狙うって。
あんな鉄パイプ持って移動してたら目立つし。
岩井の事務所に「タイガくんお帰り」の紙を入れたのもともちんなのかな?
わざわざ新聞の切り抜き文字で…。ご苦労様です。

さて、今回のメインは早紀。
早紀のしたことと、ミサのしたこと、どっちが重いのかなぁと考えたけど、答えは出なかった。
子供の頃のイジメって、恨みがあるとか、嫌なことをされたとか明確な理由があるわけじゃなくて、なんとなく気に入らないとか、友達もイジメているから、とかそんな理由。
でもやられた方は心に一生の傷が残る。
結構前だったと思うけど、SNSで回ってきた「紙の例え話」が印象的。
一枚の紙をくしゃくしゃに丸めると、二度とは元のまっすぐな紙には戻らないってやつ。
本当にその通りだと思う。
嫌いな子や苦手な子がいるのはいいと思うけど、だからといってその子をイジメたり、傷つけていいわけではない。

そもそも早紀はミサに何かされたわけですらないよね。
強いて言えば教科書を落として嫌な笑い方をされたような気がしただけ。
でも、前の学校でイジメられかけていたらしいから、子供なりの防衛本能で、ミサとの上下関係を作ってしまった。これもすごいと思うけどね。咄嗟に上下関係を作れる早紀はボス猿の才能あるよ。本当に気の弱い子ならそんなこと思いつきもしない。

f:id:matchadrama:20190704083519p:plainボス猿はいじめっ子ではないが。

とにかくイジメは負の連鎖。
子供ってなんでイジメが好きなんだろうとため息が出るけど、大人の世界もそうだったわ。
手っ取り早い攻撃対象を見つけては寄ってたかって攻めて。
『俺のスカートどこ行った?』でも、「ゲイで女装家の教師が生徒に暴力?」と、真偽を確かめもせずに世間はのぶおを叩きまくって…涙

で、ミサ。
子供の頃の恨みを胸に秘め、復讐の機会を狙いつつ表向きは友達を装っているなんて怖すぎ。ドラマみたい。ドラマだけど。
距離置けばいいのに。
イジメが原因で転校までしたみたいだから、恨みは相当深かったんだと。
元々一部の女子にイジメられていたらしいけど、早紀の登場でそれが加速したから、早紀にだけ恨みが募ってしまった様子。
いや、わからない。他の女子のことも恨んでいて、機会があれば復讐しようとしてるのかもしれないけど。
早紀が教科書を落としたときに不敵な笑みさえ浮かべなければ、こんなことにはならなかったかもしれないのにね。結構嫌な笑い方してたよ。

子供の頃のことを言われても…って早紀も思ったかもしれない。子供の頃の記憶って自分に都合の良いように変わってたりするし。
でも「ブスとか死ねとか言われたり、先生のいないところで小突かれたり」っていうのが本当だったら完全にイジメ…。

f:id:matchadrama:20190704061040p:plainアウト!

だからと言って、大人になってからミサがしたことも許されないけど。
早紀も言っていたとおり、「画像は一生消えない」。
でも、ミサの心の傷だって一生消えないんだよ。
難関のアナウンサーに内定したのに、辞退しなきゃいけないかもしれないっていうのも本当に泣きたくなる出来事だけど、子供の頃のミサも何回泣いたかわからない。
ミサのしたことはホント最低だけど、早紀の大切な人とかではなく本人に直接仕返ししているわけだし。いや、ひどいけど。やったことはホントにひどいけど…。小西もとばっちり食らってるし…。

だからお互いにお互いを許さない、っていう選択は良かったと思う。
でもさ、早紀は反省してるのかな。
タイガにも岩井にも、自分からは言おうとしなかったよね。
バレてからも、前の学校でイジメられかけていたから当時はクラスメイトに受け入れられる方が重要だったとか言い訳していたし。
あんな写真が出ても、人として間違ったことはしていないからと堂々としているのって難しいと思うけど、自己保身に長けているし、ミスコンに出たりアナウンサーになろうと思うくらいだから、きっとこれからも強く生きていけるよ。

過去にホステスの仕事をしていたことが問題になり、裁判までして入社を勝ち取ったアナウンサーを思い出したのは私だけではないでしょう。
彼女のWikipediaにはそのことがしっかり書かれている。
これもデジタル・タトゥーかな。
個人的には、アナウンサーが昔ホステスやってたくらいなら何とも思わないけど。
自分に直接関係ないし。
頑張っている人は応援したくなる。

また長くなってしまった。
最後まで読んでくれた人いる?ありがとう!

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村