抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

監察医朝顔 9話 あらすじと感想

監察医朝顔 9話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20190917135821p:plain

 

  

あらすじ

法医学教室に運ばれてきたのは、朝顔(上野樹里)の幼馴染で、先日も朝顔の家に遊びに来たばかりの三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)だった。
器具を握る手が震えて仕事にならないので、茶子(山口智子)に外に出される朝顔。

解剖が終わる。

 

結衣は今朝、自宅の1階、階段前で頭を打って死亡しているのを三郎に発見された。
2階から転落したものと思われる。
重篤な損傷は頭蓋骨の骨折と頸椎の骨折。
特に頸椎が致命傷となったようだ。
転倒した衝撃で脾臓が損傷したと思われ、腹腔内出血も認められた。
しかし、普通に落ちたにしては背中の傷が少なく、上腕には全く傷がついていない。
三郎によると、亡くなった結衣の腕の中に1歳の息子・陽斗がいたらしい。
陽斗は無傷。
足を滑らせたのか、くらっとしたのか…。

誰かに押された可能性を指摘する丸屋(杉本哲太)。
結衣は仰向けの状態で亡くなっていたため、仰向けに落ちたと思われる。
しかし解剖所見からは転落死としか言えない。
事故なのか他殺なのかは警察が調べることに。

それまでずっと黙っていた朝顔が、他殺なんてありえないと言い出す。
「さぶちゃんが、結衣さんを殺すはずありません!」

茶子(山口智子)に呼ばれる朝顔を心配そうに見つめる光子(志田未来)。

三郎の無実を証明するべく、結衣の遺体の検査を担当したいと言う朝顔。
しかし、法医は警察ではない。
解剖室に入ったらまた手が震えてしまうのでは?
当分朝顔に解剖は任せられないと言う茶子。

 

亡くなった結衣が朝顔の知り合いだと聞いて驚く法医学教室のみんな。
先日朝顔の家で一緒に食事をした光子(志田未来)も、三郎たちは仲の良い家族で、他殺なんて考えられないと言う。

 

警察の取り調べを受けている三郎。
平(時任三郎)が部屋に入ってきて聞き取りをする。
昨日は店に団体客が入り、すごく忙しく、帰ってすぐに寝たと言う。
そして朝になり、ドンという大きな音で目が覚めた。
自分は疑われているのかと不安そうな三郎。

警察では、三郎が結衣を突き落としたと見ているようだ。
また、三郎の家の隣に住む中学生が、午前6時に三郎の家からかなり大きな金属音が聞こえたと証言しているらしい。
しかし三郎はそのことについて何も言っていなかった。
怪しむ山倉(戸次重幸)。
さらに、半年前、虐待の疑いで三郎の家に児童相談所が訪問していたことが判明する。
三郎が陽斗を虐待し、結衣がそれを守ろうとしたということか?
しかし、三郎は虐待するようには見えないと言う森本(森本慎太郎)。
疑うのが刑事の仕事だとしたら嫌な仕事だと、やりきれない様子で出て行く。
また、知り合いということで捜査から外される平。

警察から思いきり疑われているが、まだ容疑者ではないからか?三郎は家に帰っても良い模様。

 

自転車を押して歩いている朝顔。
三郎の店の前を通る。
しばらく閉店するという貼り紙が。
ドアを開けると、帰宅していた三郎がいた。
お茶を入れる朝顔。
結衣が死んだことを受け入れられない三郎。
今も信じられない。全然理解できない。
しかも警察に疑われている。
本当に覚えていないと頭を掻きむしる。
そこへ店員の小野ちゃん(喜多乃愛)が駆けこんでくる。
「保育園に陽斗くんを迎えに行ったら…」

 

山倉のもとを訪ね、三郎の子供たちの行方を問う朝顔。
三郎の容疑が晴れるまで、一時的に児童相談所で保護しているらしい。
以前虐待の疑いで児童相談所に通報があったことを話す山倉。

つぐみ(加藤柚凪)を保育園に迎えに行く朝顔。
つぐみは今度のお遊戯会『眠り姫』でリスをやることになったらしい。

f:id:matchadrama:20190917132824p:plain

家に帰り、コロッケを食べていると平(時任三郎)が帰ってくる。
リス役は舞ちゃんもやるらしい。

桑原(風間俊介)も帰ってくる。
バディになった神崎(市川右團次)は人使いが荒いと言っている。
神崎は昔は平の相棒だった。
三郎一家のことを何も知らない桑原は、
「さぶちゃんたちを呼んだみたいに、今度神崎を家に呼ぼう」
と話す。
二人の様子がおかしいことに気づく桑原。

リョウくんとナナちゃんもリス役らしい。

結衣が亡くなったことを平に聞かされる桑原。

布団を敷いている朝顔。
今日はつぐみは平と一緒に寝るらしい。
手が震えて結衣を解剖できなかったことを涙ながらに語る朝顔。
今までご遺体を大切に解剖してきたつもりだった。
その人の友達のように、家族のようにと。
でも友達を目の前にしたら全然違っていた。
今までのは何だったんだろう。
解剖ができなくなってしまい、結衣のことも調べられていない。

明日は朝顔が休みなので、つぐみを送っていくと言う。
朝顔の手を握る桑原。

 

翌朝。
三郎の分のお弁当も作っている朝顔。
家に持って行くと、結衣の父親に「お前が結衣を殺した!」と怒鳴られている三郎を目撃してしまう。
子供たちも連れていかれた。

三郎に声をかける朝顔。
心が荒んでしまった三郎は、できることがあったら言ってと言う朝顔に、
「結衣を生き返らせてくれよ!健と陽斗を取り返してくれよ!できないだろ?そんなこと!」
と言い捨て、走り去ってしまった。

渡せなかったお弁当。
家に帰ってきた朝顔。
部屋の掃除や洗濯を始める。

 

体育館から持ってきたという短い階段を法医学教室に置き、何やら検証している光子たち。
光子も三郎が結衣を殺したとはどうしても思えなく、徹底的に調べると言っている。
警察は結衣が突き落とされたとみているようだが、階段の下に仰向けに倒れていたことがどうして突き落とされたことになるのか。
もし自分で階段を踏み外したなら、どどどどどっと階段の壁や段差にぶつかって背中に表皮剥脱や内出血ができるはず。
しかし結衣の背中にはほとんど傷はなかった。
つまり、階段の上から思い切り突き飛ばされて、浮いた状態で頭から一気に落ちた可能性が高いということなのだ。
三郎は、結衣がミルクを取りに2階から1階に行ったときに足を踏み外したのではと証言している。
しかし、降りているときに足を踏み外したなら仰向けには落ちない。
頭部の損傷が一ヶ所だということについても、突き飛ばされたとして矛盾はない。

 

渡せなかったお弁当を見つめる朝顔。
自分で食べることにする。

虐待の証拠もないのに児童相談所が親から子供を引き離したと、神崎にこぼしている桑原。
やりすぎではないかと。
しかし早めの対応が万が一を防ぐことになると言う神崎。
神崎は児相に知り合いがいるらしい。
何かの捜査で国江建設という会社へ入っていく神崎と桑原。

 

結衣の両親が子供たちを連れていったことを知る平と山倉。
陽斗は一度、救急車で病院に運ばれたことがあるらしい。
結衣が授乳中、居眠りをして顔を圧迫してしまった。
命に別状はなかったが、病院側が虐待を疑い、児童相談所に連絡を入れた。
その時、三郎は結衣をかなり厳しく叱責していた。
結衣は相当傷ついていたらしい。
精神的に追い詰められていた可能性がある。
保育園によると、結衣は一週間ほど前に自転車で転んだと怪我をした状態でお迎えに来ていた。
DVの可能性も否定できない。

その時、三郎が出頭したと森本が駆け込んでくる。

三郎が出頭したことを平から聞いた朝顔。
結衣と子供たちがいなくなり、自暴自棄になっているのだ。
三郎は勾留中。
居ても立っても居られない朝顔。
しかし取り調べは明日だし、どっちみち関係者は会えない。

冷蔵庫に貼ってある里子(石田ひかり)のメモを見つめる朝顔。
この間結衣が遊びに来たとき、すごく楽しそうだったと平に話す。
次は女の子が欲しいと言っていた。
三郎もニコニコしていて。
二人がうまくいっていないなんて信じられない。
平も、三郎が結衣の命を奪ったなんて思っていない。
だからこそ徹底的に調べたい。
朝顔の仕事と同じだと。
茶子に当分解剖は任せられないと言われたことを話す朝顔。
結衣の遺体を前にして、信じられなくて怖くて悲しくて何もできなかった。
今まで法医として何年やってきたかなんて通用しなかった。

平と東北に行ったときも、駅から出られなかったことを思い出す。

あの日、平は県警本部で地震を知り、里子と朝顔に電話したけど繋がらなかった。
留守電に何か入っているかもしれないと慌てて帰ったが、何も入っていなかった。
津波のニュースを見て、二人が津波に巻き込まれたんじゃないかと思ったら恐ろしくなり、何度も何度も二人に電話した。
でも繋がらなかった。
仙ノ浦に着き、朝顔が生きている姿を見てほっとした。
それから二人でご飯も食べずに里子のことを必死に捜した。
近所の人と食料を分け合って食べた。
食欲がなくて食べられなかった朝顔の手におにぎりを持たせる平。
食べなきゃ。
一口食べ、涙を流す朝顔。

「朝顔は自分のせいだと思っているかもしれないけど、そんなことない。
お母さんだって、朝顔がちゃんと生きていること喜んでいると思う。
だから自分のことを責めなくていい。
朝顔が法医になると言ったとき、嬉しかった。
朝顔が一生懸命生きようとしていることが嬉しかった。
だから朝顔が生きてさえいてくれればそれでいい。」
静かに語る平。

「私もつぐみが生きていてくれればそれでいい。
桑原と結婚してつぐみが生まれて、今お父さんが言っていることがよくわかる。
うまくできないかもしれないけど、自分ができるところまで、やれるだけやってみる。」

 

結衣の遺体には肘のかすり傷があった。
自転車で転んだときのものらしい。
警察にとってはDVの証拠にも見える。
事故か他殺か。
でも三郎が自首したのなら、殺人なのでは?

出勤した朝顔。
茶子に結衣の死因鑑定に参加させてほしいと頼む。
残された家族のため、結衣のためにどうしても死因を明らかにしたい。

 

三郎の取調べ。
平も自分にやらせてほしいと山倉に頼んでいる。

この件は丸屋も納得がいっていないらしい。
実況見分を一緒にやらせてほしいと平に頼んでいる。
頷く平。

 

 

感想

結衣の死因はまだ不明。
三郎が自首?
「何も覚えていない」と頭を掻きむしっていたのは嘘だったのか?

同じ階段から落ちるにしても、足を踏み外すのと突き落とされるのでは傷のつき方が全然違うんだね。
足を踏み外したとしても背中に傷がつかないことはありそうだけどなぁと素人は思う。お尻でドドドドと落ちたりとか。
その場合はお尻が痣になってたりするのかね。
でも逆さまに落ちていたからお尻で落ちたとは考えにくいか。
事実を調べるって大変だね。改めて。
歴史を紐解くのと似ている気がする。
本当のことは誰にもわからないけど、色々な状況や物証から真実を探っていく。

解剖ができなくなってしまった朝顔。
今までもご遺体に敬意を払っているつもりだったけど、本当の友人を目の前にしたら手が震えて解剖ができなかった。
解剖したことないからわからないけど、朝顔は真面目で優しいから、今までの解剖はやっぱりどこかでご遺体を「モノ」として扱っていたのではと思ってしまったんだよね。
朝顔を見ていたら、いい加減な気持ちで仕事していないことは一目瞭然なのに。

それに友人の解剖なんてできなくて当たり前だと思う。
臨床医だって身内の手術はできないって言うよ。
人間だもん。
感情があるんだもん。

結衣の死因を突き止めたい、三郎の無実を証明したいという朝顔の気持ちが報われますように。

 

matchadress.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村