抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ノーサイド・ゲーム 9話 あらすじと感想

ノーサイド・ゲーム 9話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20191002114015p:plain

 

 

 

 

あらすじ

カザマ商事買収プロジェクト会議。
島本社長(西郷輝彦)も姿を現す。
脇坂(石川禅)が、営業部主体のデューデリの重大な見落としについて指摘する。
白水商船の座礁事故について報告する君嶋(大泉洋)。
滝川(上川隆也)は、カザマのオイルには問題ないと言うが、そう報告した森下教授がカザマから3億円の賄賂を受け取ってデータの偽装をしたことを暴露する。
3億は、風間社長(中村芝翫)の個人資産から現金で支払われた。
これは現金を運んだ青野(濱津隆行)から証言を得ている。
さらに森下教授直筆の3億円の受領書を突きつける。
この件が白水商船に知れたら直ちに再調査が行われ、カザマのオイルに問題があることは明らかになる。
カザマ商事はもう終わり。
ワナワナする滝川。
滝川が巨額の金を使って手に入れようとしていたのは、不正と私欲にまみれた汚れたオイルだったのだ。ポエマー君嶋
これにより、カザマ商事の買収は保留に。

 

滝川の鼻を明かしてやったと喜ぶ真希(松たか子)。
しかし君嶋は浮かない顔。
別に滝川をやり込めたかったわけではない。
滝川が裏で風間社長と手を組んでいると思っていたからこそ、バレないように動いていたわけだが、あの反応を見る限り滝川は何も知らなかったっぽい。
会議の場で暴露したことにより、滝川のメンツは丸潰れ。
でも危険な買収は止められた。
君嶋はトキワを救ったと励ます真希。

 

その後、滝川常務は本社役員の任を解かれ、関連子会社への異動が内定した。
一方、脇坂はトキワ自動車の危機を回避した立役者として常務取締役に昇格。

 

そんな中開幕を迎えたプラチナリーグ。
君嶋にとっては2年目。

アストロズ vs サンウォリアーズ
キレッキレの七尾(眞栄田郷敦)の活躍により、大差で勝利。

アストロズは、チケット販売によってゲットした顧客情報をもとに、ホームページやスタジアムの広告主を絞り込み、広告収入を得ることに成功。大きな収益を上げていた。
これは蹴球協会に依存していたらできなかったこと。
君嶋の目標は優勝だけでなく、黒字にすることなのである。

その後も快進撃を続けるアストロズ。
一方、サイクロンズも順調に勝ち進んでいた。

 

常務になった脇坂に挨拶に行く君嶋。
脇坂はアストロズの予算を縮小すると言い出す。
びっくり仰天。
14億でもギリギリだと言っているのにそんなことをされたら、プラチナリーグを脱退せざるを得ない。
選手たちはどうなる?
しかし取り付く島もない脇坂。
蹴球協会は企業から金を吸い上げ、権威と名誉の上でふんぞり返っているような連中だ。
そんなやつらにこれ以上金は貢げないと言う。

 

これには真希もびっくり。
「滝川は天敵だったけど、必要な存在だったのかもね…。」

ところでジュニアアストロズに所属している息子の博人(市川右近)は、パスだけじゃなくてキックも上達しているらしい。
七尾みたいにスタンドオフに向いてるんじゃないかと言う真希。
「やっぱり真希ちゃん、ラグビーめっちゃ興味あるよね?」
夕飯に作ったハンバーグの形もラグビーボールにそっくり。

 

リーグ戦も終盤。
アストロズ vs タイタンズ
どのチームも七尾を研究し、対策を練っていた。
持ち前のテクニックでチームを引っ張っている七尾。
試合のたびに大きくなっている七尾だが、ニュージーランド時代に膝を痛めたときのトラウマが蘇り、ラックに入っていけない
ベンチから七尾に「入れ!!」と叫ぶ浜畑(廣瀬俊朗)。
しかし入れない。
膝の怪我は治っても、体が痛みを覚えているのだ。
試合には何とか勝ったが、厳しい顔で見つめる柴門(大谷亮平)。

 

リーグ戦はアストロズとサイクロンズが全勝のまま、星一つの差でブレイブスが追うという三つ巴の争いが続き、いよいよ残り2戦となった。
ブレイブスの今年の特徴はジャッカル。
ジャッカルとは、タックルで倒れた相手からボールを奪うプレーのこと。
スクラムハーフ以外は全員ジャッカルが上手いと言う柴門。
「とにかくブレイクダウンになったらそばにいるやつは仲間を助けろ。」
ラックに入ってジャッカルを阻止することが必須。

 

そんな中、スポーツ用品メーカーのアトランティスが、アストロズのホームページに広告を出してくれることになったらしい。@陸王

 

脇坂に呼ばれる君嶋。
アストロズの予算を今の半分に圧縮すると言う。
収益は上がっているし、蹴球協会にもかけあっている。
今年こそ優勝できるかもしれないと必死に訴える君嶋に一言。
「だから…何?」
気に入らないものは全て切り捨てる。
それが俺の流儀。ドヤ!
最終的にはラグビー部を廃部にする模様。

 

意気消沈の君嶋。
浜畑に促され、部員たちに予算半減の話をする。
だいぶたくましくなった部員たち。
一緒にこの危機を乗り越えようと一致団結。

 

アストロズ vs ブレイブス
七尾ではなく、浜畑が出てきてびっくりする海外事業部女子3人組&星野。
ジュニアアストロズの子供たちもびっくり。

試合開始。
七尾はラックに入っていけない。
そんな状態ではサイクロンズ戦にも出せないと言う柴門。

ラックに入った浜畑が膝を痛める。
しかし浜畑を下げないと言う柴門。
試合は一進一退のまま前半を終えた。

後半戦直前、浜畑に代わると声をかける七尾。
「その膝では…。」
しかし自分の膝なんかどうだっていいと言う浜畑。
この試合に勝たないと優勝はできない。
「逃げて負けるのは死ぬより嫌や。」

後半に入っても両者一歩も譲らず。
ブレイブスのわずかなリードで残り15分。
アストロズのチャンス。
浜畑がボールを持って走る。得点。
その後、スタミナに勝るアストロズがブレイブスを圧倒してなんとか勝利。

この試合を自腹で見に来ていた滝川。
値段以上のいい試合だったと言っている。
脇坂がラグビー部を潰そうとしていることは滝川の耳にも入っていた。
滝川の方がよほど良かったと言う君嶋。
滝川にはラグビーへの愛情があった。
指摘はいつも厳しかったが、正しかった。フェアだった。
実は父親がラグビーをやっていた滝川。
自分もラグビーをやってみたかったらしい。
やらなかった理由は父親の家業が傾いてスポーツどころではなかったから。
大学でも生活費を稼ぐためにアルバイトに明け暮れる日々。
その大学に風間がいた。
普段から滝川を小馬鹿にしていた風間。
いつか風間を見返してやりたい。
何とかして奴から会社奪い取ってやろうと。
ラグビーは公平なスポーツ。
己の身体一つで正々堂々と戦う。
そして勝ちたいと強く思った者が勝つ。
君嶋に負けたと言う滝川。
カザマのオイルの件では、風間の口座の明細まで用意したことに感服したと言う。
資料に添付されていたらしい。
しかし初耳な君嶋。
そんなことまでは調べていない。
まさか…
しかも、君嶋を府中工場に飛ばしたのも滝川ではないらしい。
滝川は君嶋のような人材こそ経営戦略室に必要だと常々思っていた。
え、なにそれ。てことは一体誰が…
脇坂だとは信じたくない君嶋。
本当の敵は…
「君の本当の戦いは終わっていない。
負けるな、君嶋。」

 

打ちのめされた君嶋がグラウンドへやってくる。
「生きていくのはつらいなぁ…。」
一番信じてた人が一番の敵だった。
涙をこらえきれない君嶋。
だから俺もここで終わるわけにはいかない。
みんなにはいつも勇気をもらってきた。
今度は俺の番だ。
彼らがいつも全力で戦ってきたように、俺も彼らをアストロズを全力で守る。

 

 

感想

君嶋はめっちゃショックを受けていたけど、脇坂さん、前からちょっとアレだったよね?
冷たいし、目が笑っていないというか。
今までさんざん打倒滝川だったのに、脇坂さんに裏切られた途端、滝川さんの方が良かったとか、ちょっとアレだし。
今回はちょっとアレな回だったね。

風間社長はオイルの問題を知っていながら、トキワに会社を売ろうとしていたってことだよね。
腹黒い。
学生時代から何も変わっていない。
滝川さんが哀れになってしまった。
そしてやっぱりラグビー大好きだった滝川さん。
ちょっと歪んだ愛情だったけど。

次回はいよいよ最終回。
楽しみです。