抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

ノーサイド・ゲーム 7話 あらすじと感想

ノーサイド・ゲーム 7話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20190901104136p:plain

 

 

 

 

あらすじ

アストロズのポスター案を家族に見せている君嶋(大泉洋)。
今年は浜畑(廣瀬俊朗)と里村(佳久創)の二枚看板をバーンと打ち出していくらしい。
七尾圭太(眞栄田郷敦)はまだ新人だからポスターにはいない。

 

練習に励むアストロズ。
ピークを過ぎたとはいえ、やはり浜畑は別格。
アストロズのスタンドオフは浜畑しかいない。

 

海外事業部。
府中工場へ異動になったことをレナ(阿部純子)たちに報告する圭太。
浜畑からレギュラーを奪う勢いでラグビーを頑張る所存。

そんな圭太のプレーを、才能はあるが粗いと評するサイクロンズの津田(渡辺裕之)。
まだ浜畑の方が格段に上。
やはり今年のアストロズは、浜畑と里村を中心としたチームになる。
手を打っておいて良かったと鍵原(松尾諭)とほくそ笑む。

 

そんな中、ホテルのラウンジで浜畑を見かけるレナ。

 

白水商船のタンカー座礁事故の件で、研究所の星野(入江甚儀)と連絡を取る君嶋。
星野は、事故の原因がカザマ商事のオイルかもしれないと言っていた。
しかし、白水商船から直接依頼を受けて調査を行っていたという森下教授に話を聞いてみたところ、カザマ商事のオイルは事故とは関係ないとの結論が出たらしい。
星野が分析した不具合が出たオイルは、比較のために用意されたカザマとは別のオイルのサンプルだったようだ。それ分析する意味あんの?ていう。
ということはカザマのオイルには何も問題がない?
星野の取り越し苦労だった?
ついでに、レナが昨日ホテルのラウンジで浜畑を見かけたことを君嶋に伝える星野。
会っていた相手はサイクロンズの津田だったと。

 

「引き抜きだな。」と柴門(大谷亮平)。
津田は浜畑をサイクロンズに引き抜こうとしていたのだった。

 

引き抜きなんて卑怯だと怒る君嶋に対し、真希はヘッドハンティングなんて今時当たり前だと言う。
でも開幕前のこの時期に看板選手を引き抜かれたら、アストロズはおしまいだ。
「それなら向こうよりいい条件を出すしかないんじゃないの?
自分だって本社に戻ろうとしたくせに。あなただって同じ穴の狢。
潔く諦めることね。」

 

浜畑を呼び出す君嶋。
とある噂を耳にして、浜畑の給与をもっと高くできないかと予算案とにらめっこしてみたが、どうしても今より高くすることはできなかったと伝える。
アストロズにあるのは夢だけ。
浜畑はアストロズの希望そのもの。
チームに残ってくれないか?
しかし浜畑は、今の自分の夢はアストロズで優勝することだと言ってサイクロンズの話は断っていたのだった。

 

蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)に失礼な態度を取ったそうですね、と君嶋に声をかけてきた鍵原。
君嶋は、ラグビーは金儲けの道具ではないと決まり文句しか言わない木戸に、そんなのサラリーマンの世界では通用しない、あなた方が変わるまで諦めないと啖呵を切ったのであった。
組織のルールを守れと鍵原に言われる。
ルールを守れというなら、そっちだって汚いことしてくれたなと浜畑の件で文句を言う君嶋。
しかし、浜畑はチームに残ってくれることになった。
不敵な笑みを浮かべる鍵原。
オファーは成功したと言っている。

 

どういうことだ?と考えている君嶋のもとに里村が。
アストロズを辞めてサイクロンズに行くと言う。
辞表はもう出したらしい。

「里村がいなくなればアストロズは崩壊する」と読んだ津田の仕業だった。

この時期に里村に抜けられたら、その穴を補強する時間も選手も残っていないと困る柴門。
しかし一つだけ引き留める方法があると言う。
それは、移籍承諾書
この承諾書が発行されずに移籍した選手は、一年間公式試合に出場することができないらしい。
つまり、アストロズが承諾書を出さなければ、里村は今シーズンプラチナリーグの試合に出ることができないのだ。
承諾書を出すか出さないかはGMの胸ひとつ。

部員たちに「承諾書なんて出さないですよね?」と詰め寄られる君嶋。
里村はアストロズの裏切り者。許せないと言う。

 

君嶋はまず、里村の意思確認を。
アストロズに優勝は無理だと言う里村。
主要選手はピークを過ぎているし、かといって世代交代できるほど若手が育っているわけでもない。昨シーズンの2位はできすぎ。
里村の夢はヨーロッパでプレーすること。
ワールドカップもあるし、もっと上を目指したい。
これは考えに考えた末の結論だと言う。

君嶋は、昨シーズン優勝できなかったことはすまなかったと謝る。
でも今年こそは優勝を目指して、みんな懸命に戦おうとしている。
今、里村に移籍されたらアストロズは大打撃、反対にサイクロンズは大きな一枚を手に入れることになる。
こんな移籍がフェアだといえるのか。
それでも移籍すると言うなら、承諾書は出せないと言う。

これにはさすがに里村もショックを隠せない。
こんな才能ある自分に移籍承諾書を出さないのは日本のラグビーに対する挑戦だと豪語する。すごい自信

「その前に、君がやろうとしていることは社会人として正しいのか?」と君嶋。
今まで会社がどれだけのものを里村やアストロズに投じてきたか。
その恩恵を忘れたのか?
会社やチームに対して感謝の気持ちは?

しかし、こんな貧乏なチームで何年もプレーしてやったんだからそっちこそ感謝しろと言う里村。
昨年2位になれたのは自分のおかげだと言う。
承諾書があろうがなかろうが、サイクロンズでプレーしたいという気持ちは変わらないらしい。

 

アストロズが里村に移籍承諾書を出さないという話は津田の耳にも。
津田の目的はアストロズから里村を奪うこと。
よって里村が一年試合に出られなくても構わないらしい。
選手を駆け引きの道具に使うことに怒りを隠せない君嶋。
しかし承諾書を出さない以上、アストロズもやっていることは同じ。
「浜畑はあっさり断ってくれたのに…」と思わずこぼす。
「あっさり?」と柴門。
そんなわけない。
選手なら誰だってより良い環境でプレーしたいと思うものだ。
特にピークを過ぎた浜畑にとっては、一年一年が勝負。
残り少ない現役生活をどこで過ごすのか、選手なら誰しもが悩む。
浜畑も死ぬほど悩んだはずだ。
それでもアストロズに残ると決めたのだ。

 

部員たちとギスギスしていた里村だが、仕事でも同じだった。
今まで優遇していたのは、会社のためにラグビーを頑張っていたから。
「もう特別扱いはしない」と、仕事をたっぷり与えられる。

 

ジュニアアストロズ。
地道な練習を重ねている博人(市川右近)。
着実に上達しているようで、なんとBチームに昇格。

なのになんだか元気がない博人。
博人の代わりにBチームを外された子が、ジュニアチームを辞めると言い出したらしい。

 

そんな中、府中工場にゴルフ場建設反対のデモ隊が押し寄せてくる。
頼りにならない工場長の代わりに君嶋が矢面に立つ羽目に。
しかし、府中グリーンカントリーの建設は延期になっていたはず。

青野(濱津隆之)に事情を聞きに行く君嶋。
確かに工事は中断していたが、反対運動の勢いがおさまってきたので再開したらしい。
以前キャンセルになったゴルフカートの発注が改めて来るのは良いが…。

ラグビーファンの青野に、アストロズの調子を聞かれる。
今年も応援していると言う。
注目選手は里村だと。

 

ゴルフの打ちっぱなしに来ている滝川(上川隆也)と風間社長(中村芝翫)。
カザマ商事の資産の中にある、建設中のゴルフ場で反対運動が起こっているようだが?と滝川。
風間はあまり問題視していない様子。
滝川に「お前さんはゴルフなんて高尚な遊びしないだろ?」とちょっと馬鹿にしている感じ。

 

ジュニアアストロズを辞める子は、引越すからだったらしい。
引越してもラグビーがやりたいと言っている。
元気を取り戻す博人。

 

ラグビー部の書類申請で本社に来た君嶋。
脇坂(石川禅)に会う。
カザマ商事のデューデリ(企業精査)が終了したらしい。
契約まで1ヶ月。
この大型買収が成功すれば、滝川にとって大きな実績になる。
次期社長が射程に入るのは間違いない。

 

デューデリの結果、特に大きな問題はなかったと伝える滝川。
1ヶ月後には正式な売買契約を結べるはず。
風間が買収金額を800億に下げてくれたおかげでトキワ自動車も踏み切れた。
冷静に身の程を考えた結果だと言う風間。
滝川はおもむろに風間の社長の椅子に座る。
驚き、憮然とする風間。
しかし買収が済めば、会社もこの社長室もトキワのもの。
いや、俺の物…ふふふと笑う滝川。
今夜はいつもの料亭ではなく、一人で行きたいところがあると言っている。

 

大量の仕事を与えられ、残業している里村。
そこへ浜畑が。
みんなを裏切ったのは悪いと思っているけど、もっともっとでかい舞台で活躍したいと言う里村。
このチャンスを逃すわけにはいかない。

しかし浜畑は別に里村を引き留めに来たわけではなかった。
マニュアル作成なら前にもやったことがあるからわかる、と里村の仕事を手伝う。
「家族が困ってたら助けるのは当然やろ。
どこ行っても頑張れよ、里村。応援してるで。」
もう泣く。

 

その頃、遅くまで練習しているテツと友部(コージ)。
本波(天野義久)が引退し、ポジションを継いだ友部はプレッシャーと戦っていた。
いくら練習してもタックルをかわされるイメージしかできないと腐りかけている。
そこへ里村が。
友部にタックルのアドバイスをする。
里村と友部のタックルの特訓が始まる。
他の部員たちも集まってくる。
何度もぶつかってはかわされる友部。
最後にタックルが決まる。
「やればできるんじゃねーか。その感覚、ぜってー忘れるんじゃねえぞ。」

 

明日で里村は退社。
承諾書をどうするか悩んでいる君嶋。
戦略的には出すべきではない。

 

空のロッカーを後にする里村。
グラウンドへ一礼。
去ろうとするとライトが点く。

里村に向かって歩いてくる部員たち。
「逃げようったって甘いんだよ。お前の考えはお見通しだ。」
とテツ(高橋光臣)。
君嶋も
「好き勝手やって、ただで出て行けると思ってたのか?」と。
長年ともに戦ってきた選手たちの気持ちってものがある。
罵声のひとつでも浴びる覚悟はできてるんだろ?

前に出るテツ。
「出て行ったこと必ず後悔させてやる。
お前は自分がいないと俺たちが勝てないと思っているかもしれないが俺たちは平気だ。
お前がどこへ行こうが勝手にやるがいい。
ただし、だらしないプレーをしてアストロズの名を汚すことだけは絶対に許さない。」
里村へ餞別を渡すと言う。

 

君嶋は、GMとしてアストロズを不利にするようなことはできないが、これまで一緒に戦ってきた仲間とこのまま決別して良いのかとずっと悩んでいた。
そこで、チーム全体で考えたいと浜畑に相談した。

部員たちに語りかける浜畑。
自分もサイクロンズに誘われて、より良い環境でプレーしたいという里村の気持ちもわかる。
アストロズを選んでほしかったけど、ここまで一緒に戦ってきた仲間が、今度は世界で戦おうとしている。
それはアストロズの誇りではないか。
家族の誇りではないか。
里村からラグビーを奪って、本当にそれでいいのか?

立ち上がるテツ。
同じラグビー選手として、一年間も試合に出られないのは残酷すぎる。
里村にとっても、日本のラグビー界にとってもマイナスだと。
それにただ勝つだけではなく、里村がいるサイクロンズに勝って優勝したい。

「君たちは人が良すぎる」と言う君嶋。
勝つための戦略としては間違ってる。
でも賛成。
これがアストロズの戦い方。

 

「これは我々の決意表明でもあり、君への挑戦状でもある。」
里村に移籍承諾書を渡す君嶋。
みんなで話し合ってこうすることに決めた。持ってけ。
サイクロンズでの健闘を祈る。
里村の胸を叩く浜畑。
「みんな…すまん…」と涙を浮かべる里村。

 

大きな柱を失った…と喪失感でいっぱいの君嶋。
しかし柴門はそんなことはないと言う。
佐々(林家たま平)のパスに磨きがかかっている。
このチームには、里村よりも佐々のプレースタイルの方が合っている。
それを誰よりも分かっていたのは里村だった。
佐々が伸び、七尾圭太も浜畑から刺激を受け、アストロズは今、競争しあいながら全員で強くなっている。
優勝争いをするチームから、本当に優勝するチームになれるかもしれない。

 

 

 

感想

里村がいなくなったことにショックを隠せません…。
あの強気なスター選手が好きだったの。
一般人からしたら驕りすぎじゃね?って思っちゃうけど、世界で通用するような一流の選手はそのくらいのプライドがないとダメなんだろうなって。

ハマさんもかっこよすぎて。
里村とは対照的だけど、寡黙で謙虚なタイプもいいよね。

今回はラガーマンたちの熱いぶつかり合いが良かった。
強い男は優しいものなのよ。
みんなが良い人すぎて、引き抜きが卑怯だって騒いだり(一部の部員たちも騒いでたけど)、「承諾書は出さない」と里村に説教している君嶋がちっせーと思ったけど、やっぱり君嶋もかっこよかった。

家の中でラグビーしない!って真希に怒られて、やる気満々だったくせに子供たちに「たー!」って威嚇していたところは可笑しかった。

博人も、レギュラーになれなくてもくさらず黙々と努力ができる子で偉い。
いじらしい。
自分の代わりに降格した子に心を痛めてしまうところは、スポーツマンとしては心配になっちゃうけど、優しい子だよね。

津田さんにもこれから益々活躍してもらって、プラチナリーグ開幕に向けて盛り上がっていくことを期待します。
アストロズを去ったこと、里村は後悔するんじゃないかな。

優勝争いをするチームから、本当に優勝するチームへ。
その差は大きいって言っていたよね。
次回も楽しみ。

 

matchadress.com


 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村