抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ノーサイド・ゲーム 2話 あらすじと感想【お手紙でみんなHAPPY♪】

ノーサイド・ゲーム 2話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

 

 

 

あらすじ

トキワ自動車 経営戦略室から府中工場に飛ばされた君嶋(大泉洋)。
そこで総務部長 兼 ラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー(GM)となる。
とりあえずアストロズの監督を決めなければならないが、「監督なんて試合に出るわけじゃないし…」と、その重要性をいまいち理解していない君嶋に呆れ顔の佐倉(笹本玲奈)。
監督は、会社に置き換えると社長。
社長がどんな方針か、どんな風に予算を使うかで会社は大きく変わる。
監督は大事だぞ!
ということで、前任のゼネラルマネージャー・吉原(村田雄浩)がピックアップしていった監督候補の2名に会うが、どちらもピンと来ない。

 

一方、カザマ商事買収の件で「随分と急いでいるように思える」と、社長の島本(西郷輝彦)に言われている滝川(上川隆也)。
一人でボールを抱えて走るのもいいが、我々は組織だ。
スクラム組んでじっくりいこうじゃないか。(社長はラグビー贔屓)

 

キャプテンの岸和田(高橋光臣)に、早く監督を決めてほしいと急かされる君嶋。
経営戦略のプロである君嶋は、経営者についてキャプテンたちにレクチャー。
経営者には2種類あるという。
失敗する経営者と、成功する経営者。
成功する経営者はどんな事業をやっても何とかうまく軌道に乗せることができる。
勝ち方を知っているのだ。
ひらめく君嶋。
「チームを優勝させるには、優勝させたことのある監督ってことか。」
脇にあった新聞が目に留まる。
柴門(大谷亮平)が城南大ラグビー部の監督を辞任した記事。
柴門は低迷していた城南大を三連覇に導いた監督で、君嶋の大学時代の同期でもある。
優勝経験のある監督。ぴったりじゃないか。

~大学時代~
ガリ勉でいつも一番前に座っていた君嶋。
チャラ男なのにラグビーでチヤホヤされている柴門に嫉妬し、ノートに「ラグビーなんか消えてなくなれ」と殴り書きしている。
そこへ女性を連れた柴門が珍しく授業にやって来る。
悲しい顔で柴門を見ているシオリちゃん(川田裕美)。
同級生が、優等生だった君嶋のノートを柴門に貸す。
落書きを見られたかどうかは、その後柴門と会話することもなく卒業したため、知らない。 

 

その頃、柴門は…

名門ラグビー部 柴門監督 更迭の真相
城蹴会幹部との不協和音

というネットの記事を見ていた。
伝統を重んじる城南大ラグビー部OBの間では、柴門のなりふり構わぬやり方は反感を買っていたらしい。

 

アストロズの正式な予算案は、取締役会議で報告しなければならない。
前任の吉原も根掘り葉掘り聞かれて大変だったらしい。
滝川に逆らうようなことをしたからには、今年も荒れそうである。

とにかくさっさと監督を決めなきゃ。てことで柴門に電話をかける君嶋。
アストロズの監督をお願いするが、断られる。
「そもそも断ったのはそちら」と、君嶋には寝耳に水なことを言われる。

前GMの吉原に事情を聞きに行く君嶋。
実は2年前の監督人事で行き違いがあったらしい。
前監督の前田で一本化していたところに、当時の副部長が柴門にも監督のオファーをしてしまった。結果、こちらからオファーしておきながら断るという、失礼な形になったのだった。
勇み足を踏んだ当時の副部長はなんと滝川
当時からアストロズの経営方針に何かと批判の声を上げていたらしい。
金のかかるベテラン監督より、学生ラグビー上がりの若い監督の方が安上がりで済むと思ったのかもしれない。
それを知り、滝川のせいで交渉もできずに終わるなんて我慢できないと、なんとしても柴門にアタックすることに決めた君嶋。
誠心誠意謝るしかないと、丁寧な手紙を書く。

その甲斐あって会えることに。
「久しぶりだな、君嶋。」
大学時代のことを覚えていた柴門。
君嶋は改めてアストロズの監督になってほしいとお願いする。
「ラグビーなんか消えてなくなれ」
と書いていた君嶋がなぜラグビーを?ノートの落書きに気づいていた柴門。
君嶋は、正直今でもラグビーの面白さはわからないが、アストロズとともに這い上がるしかないのだと訴える。
柴門が監督引き受けるかどうかは、アストロズを見て決めることに。

 

柴門のことを聞いたアストロズのメンバー。
柴門のやり方はガチガチの管理ラグビーだと、あまり歓迎していないらしいハマさん(廣瀬俊朗)。
毎年メンバーが替わる学生ラグビーには有効だけど、社会人ラグビーに通用するとは思えないらしい。

 

柴門がアストロズを見に来る日。
シオリちゃんが運転する車に乗って登場する柴門。目を疑う君嶋。
なんと柴門はシオリちゃんと結婚していた。
複雑な感情が入り混じりつつ祝福する君嶋と、そんな君嶋を見てニヤニヤしている佐倉。
柴門は練習よりもまず仕事の様子が見たいと言う。
社会人チームは会社の雰囲気が出るらしい。
工場の雰囲気は良い。
しかし2年連続プラチナリーグで優勝している日本モーターズのサイクロンズと比べると、環境は雲泥の差だと言う。
サイクロンズの主力選手はほとんどがプロ契約。
つまり昼間の仕事などなく、一日中ラグビー漬けなのだ。
予算もアストロズの倍近くはあると思われる。
一方アストロズの選手でプロ契約を結んでいるのは外国人2名だけ。
優勝するにはサイクロンズを倒さなければならないが、戦う前から選手層や環境に差がついている。

今度は練習の様子を見る柴門。
がら空きのディフェンスライン。
気づいたハマさんが蹴り込むかと思いきや、パスを回すだけ。
自分が信じられない…といった様子で両手を見つめて目を閉じるハマさん。

バックス推しの佐倉に対し、「アストロズの本当の武器はフォワードだ」と、スクラムを褒める柴門。
15人の選手をどう生かすか。
それぞれの選手の特性をうまく生かせば、15が100になるし、噛み合わなければゼロになる。
それが戦略。ラグビーの面白いところらしい。
また、優勝を争うチームと本当に優勝するチームにはかなりの差がある。
優勝争いができるチームにはするが、優勝できるかどうかは約束できないと言う柴門。
また、社会人チームの監督として新人になるため、本当に自分でいいのか。
選手たち全員の賛成がなければ監督にはならないと言う。

 

選手たちを集める君嶋。
柴門が監督を引き受けてくれそうだと伝える。
しかし「ガチガチの管理ラグビーだしなぁ」と文句を言う部員たち。この間から、弱小チームのくせに文句を言える立場なのだろうか…。
そんな部員たちに、柴門から預かっているという手紙を渡す君嶋。
先日の練習や過去の試合の映像を見て、柴門が一人ひとりに宛てて書いたものだ。
手紙を読み、目を見張るハマさん。部屋を出て行く。
的確な分析をもとに書かれた手紙。
「管理ラグビーって聞いてたけど、本当は柔軟なラグビーなんじゃ…」とキャプテン。

外に出てきた君嶋に、もらった手紙を見せるハマさん。
「見抜きよった…。誰にも分かるわけないと思ってたのに…」
読んでもよくわかんない君嶋。
先日の練習での一場面。(ディフェンスラインががら空きだったときの)
昔のハマさんなら何も考えず自然に蹴れていた。
なのに動けなかった。
動きたかったのに、動けなかった。
「お前はもう若くない。ラグビー選手としてのピークは過ぎた。」
と言われているようなものだ。悔しいけど当たっている。でも認めたくなかった。
柴門はそれを見抜いていた。
とにかく柴門がすごい人物だということがわかった部員たち。

 

選手たちの結論。
「柴門さんと一緒に戦いたい。」
実はもう来ていた柴門。
選手たちを見渡す。
「今日から俺たちは家族だ。優勝目指して、勝つぞ!」
ウオー!!

f:id:matchadrama:20190723143304p:plain

 

一方その頃。
トキワ自動車に就職するらしい七尾圭太(眞栄田郷敦)。
怪我をしてニュージーランドから帰国したラグビー青年だ。
何か特技は?と聞かれるが、答えに詰まっている。
 

早速短期間で強くするための強化プランを作ってきた柴門。
予算を1億円もオーバーしている。
しかしこれでも最低限度の要求だと言う。
予算をなんとかするのが君嶋の仕事。

前途多難な君嶋とは対照的に、前途洋々らしい滝川。
カザマ商事の買収も進んでいる。
経営戦略室時代の上司・脇坂(石川禅)に、アストロズに追加1億なんて予算案を通したら役員たちに目をつけられて本社に戻れなくなるかもしれない、と脅された君嶋は、予算は無理だと柴門に伝える。
「お前にとっちゃ、ラグビーは出世の道具ってことか。そんなGMとはやっていけない。」
出て行く柴門。

「クソッ!ホント貧乏だな、うちのラグビー部は!
と叫ぶ君嶋。
そこへ社長登場。

f:id:matchadrama:20190616112426p:plain社長!

「柴門君を切るつもりかな?」
「こう言っては何ですが、柴門が城南大を追い出されたのもわかる気がします。
いくらラグビーのためとはいえ、わがままが過ぎる。そこまで言うんだったら自分で1億用意してみろって話です。」

社長が知り合いに聞いたところによると、柴門が城南大の監督をしていた頃、予算はOB会長でサイクロンズ監督の津田(渡辺裕之)が掌握していて、柴門は自由に使わせてもらえなかったらしい。
しかし柴門は諦めず、企業を回ってスポンサーを募り、自力で金を集めた。
他にも柴門は戦略から何からことごとく改革していたから、伝統にこだわる津田は面白くなかった。
柴門が城南大を追い出された理由を知る君嶋。

「アストロズの選手たちに認めてもらって、やっと一緒に戦える仲間ができたと思った矢先、また金の問題。ただラグビーがやりたい、それだけなのに難しいものだな…」と社長。

 

家に帰ると、君嶋の息子・博人もため息をついている。
博人を散歩に誘う君嶋。
タックルの練習をするが、身が入っていない。
もういじめられなくなったから、ラグビーをやらなくてもよくなったらしい。
でも代わりに他の子がいじめられるようになった…。
「それじゃあ試合は終わってないな。ノーサイドなんかじゃない。
タックルってのはただぶつかるだけじゃなくて、相手をボールごと一緒に捕まえるんだ。でも怖いよな、ボール持って走ってくるやつにわざわざぶつかりに行くなんて。
でも仲間のために誰かが止めなきゃいけない。それはホントに勇気がいることなんだよ。」
ラグビーの15人の選手の話をする君嶋。
一人ひとりがどう頑張るかで、15がゼロにもなるし、100にもなる。
ゼロになるか100になるかはきっと自分次第。
何度倒されたっていい。最後にボールを掴めば博人の勝ちだ。
「明日、勇気出してぶつかってみる!」
その夜、博人のノートには
1×15=100
と大きく書いてあった。

f:id:matchadrama:20190723150202j:plain

 

翌朝。
ホワイトボードに色々書き出して予算を考えている君嶋。
最終予算案提出まであと5日。
出費の多いところから削るとすると、合宿費。
しかし合宿費は柴門が必須と言っているので削れない。
となると…
一番大きな支出は、プロ契約している外国人選手2名への人件費だ。
しかし佐倉が「そこは絶対に外せない」と。
この2選手はアストロズの大きな得点源なのだ。

 

運命の取締役会。
予算案を発表する君嶋。
予算はすでに承認されている14億円でOK。
しかし内訳を少々変更している。
まずは人件費。外国人選手2名の契約を見送ることにした。
看板選手の契約見送りにざわつく役員たち。
「アストロズは勝つつもりすらないのか?だとすればこのチームにはもう存在価値はなくなる。契約見送りは柴門監督も承認したことなのかな。」

佐倉の分析の結果、プロ契約の2選手はアストロズのポイントゲッターであると同時に、点を取られてもいる。そのプラスとマイナスを違う選手で補うことはできないか。
個々の選手は弱くても、選手同士の特性を生かせばチーム全体が大きなプラスになるのではないか。
この人件費を削れば、足りないのはあと2000万になる。
そこで、コーチスタッフをなくす提案をする柴門。
全体とバックスは柴門が、フォワード陣はコーチング能力がある本波が選手とコーチを兼ねる、それにコーチ一人に匹敵するくらい優秀なアナリスト・佐倉がいる。
1×15=100が見たい、責任は取ると君嶋。

「我々の目標は優勝です。
プラチナリーグで優勝して、アストロズの名を、トキワ自動車の名をこの国の皆さんに広く知っていただく。それが我々の目標です。」

 

こうしてキックオフの笛は吹かれた。
だけどボールは予想もしない方向へと転がり、君嶋とアストロズは混乱の渦に巻き込まれることになるのだった…。

 

 

 

感想

 

息子に語るところが今回も良かった。
いじめに立ち向かうのは、ボールを持った相手にタックルしてボールごと一緒に捕まえるようなもの。とても怖いし勇気がいることだけど、仲間のためには誰かがやらなくちゃいけない。
頑張れ博人。
1×15は自分次第で100にもなるし、ゼロにもなる。
こういうことを息子に教えてあげられる父親、かっこいいな。
どんなに松たか子に虐げられていても、かっこいいよ。笑
今回の真希語録

  • 「ため息吐くくらいなら呼吸しないで」
  • 「あなたがラグビーを好きか嫌いかなんて、毛ほどの興味もない」

「毛ほどの興味もない」積極的に使っていこうと思う。

外では仕事ができるのに、家では奥さんの尻に敷かれている感じの旦那さん、『ハラスメントゲーム』の唐沢寿明もそんな感じだった。奥さんに威張ってる旦那さんより100倍かっこいい。
好きなドラマの一つ。続編やってほしいな。

 

博人とのラグビーの練習で君嶋が着ていたスポーツウェアがかっこよかった。

スポーツ苦手っぽいのに格好だけは一丁前w

柴門が一人一人にお手紙書いたのも良かったよね。
一人でも反対する選手がいたら監督にはならないって言っていたけど、あんな心のこもったお手紙もらったら反対できるわけない…。ハマさんをも一撃で倒した。
ある意味LOVE LETTER♡

君嶋も柴門にお手紙書いていたし。
滝川にも仲直りのお手紙書いてみたらいいんじゃないのかな。

それにしてもラグビーのチームに年間14億円もの経費がかかるなんてびっくり。
外国人選手二人の年俸が約1億円というのも。
弱小チームなのにそんなにもらっているなんて。
得点源の二人を解雇しちゃって本当に大丈夫なのかなって思うけど。

ラグビーのルールは相変わらずわからないけど、バックスとフォワードというポジションがあるらしいことと、スクラムを組んで何かしらの何かをするということ、あとボールを持っている相手にタックルするということがわかった。
見終わるまでにどれだけラグビーに詳しくなれるか楽しみです。

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

f:id:matchadrama:20190724001349j:plain