抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

シャーロック 3話【ネタバレあり】あらすじと感想

 シャーロック 3話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20191008201425p:plain

 

  

 

今回は地面師による詐欺事件と、それにまつわる殺人事件です。

 

地面師とは

地面師(じめんし)とは、土地の所有者になりすまして売却をもちかけ、多額の代金をだまし取る不動産をめぐる詐欺を行う者、もしくはそのような手法で行われる詐欺行為のことである。by wikipedia

ドラマの中の言葉を借りれば、地面師詐欺は最も高級な詐欺だと言われているそうです。
頭のいいプロデューサーや成りすまし役の偽造犯、弁護士役をキャスティングし、大芝居を打つ。
成功すれば何十億の世界です。

長い準備期間で人間関係をつくり、取引の場も大手銀行が使われるので、だまされる側は信用して大金を支払ってしまうのだそうです。

ほんとか~~?と思わずにはいられませんが、実際に起こっていますよね。↓

gendai.ismedia.jp

プロもだまされる地面師詐欺。
恐ろしい世界です。 

 

 

 


あらすじと感想

5年前、そんな地面師詐欺が行われた21億円の豪邸。

坂東邸。

今は空き家となっていますが、そこで身元不明の死体が発見されます。

死体の横には折られた短い枝が3本。

 

今回獅子雄(ディーン・フジオカ)が興味を持ったのは、現場が「空き家」だという点。

獅子雄曰く、空き家は現代の東京において最も興味深い場所。
高齢化と相続税のせいで何年も人の寄り付かなくなった空き家が増えており、そこでどんな犯罪が行われても気づかれることはない…。

そして、死体の横に落ちていた折られた3本の枝もめっちゃ気になる様子。
これはきっとダイイングメッセージ的な?

 

5年前の地面師詐欺事件で21億円をだまし取られたのは、大邸建設という会社でした。

その後、大邸建設の社長は坂東邸で首をくくって自殺。

会社は倒産。

奪われた21億円はまだみつかっていないのだそうです。

 

そんな中、死体の身元が判明。

吉野正夫(六平直政)。元遠洋漁船乗組員。

なんと5年前の地面師詐欺の犯人グループの一人でした。
6月に出所したばかり。

5年前、吉野を逮捕したという捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)。

犯罪コンサルタントの獅子雄を部外者では?怪しんでいますが、江藤(佐々木蔵之介)曰く、

「解剖結果について法医学の専門家に聞くのと一緒。」

な、なるほど。

利枝子によると、5年前の事件で逮捕できたのは吉野だけ。

地面師は、空き家の持ち主に化ける成りすまし役や仲介役等、チームで動くのですが、犯人たちの多くは大金を奪った後海外へ逃亡するとか。

5年前の事件でも、主犯の守谷という男に金が渡ったところまでは分かりましたが、吉野以外は行方を突き止めることができなかったと言います。

その吉野が殺された、となると、犯人は吉野に恨みを持つ人物?

  • 坂東邸の持ち主
  • 自殺した大邸建設の社長の家族

でも坂東邸の持ち主は現在老人ホームで悠々自適の生活。
ここ3ヶ月外出していないということでシロ。

大邸建設の社長には妻がいますが、体調を崩して入院中。
子供はいません。

吉野の遺体の様子から、犯人は格闘技経験のある者だと思われるので、入院中の妻には不可能でしょう。

ということで浮かび上がってきたのが、当時物件の担当をしていた営業マン・古田(岡田義徳)という男の存在です。

古田はこの件で会社に21億円もの損害を与え、社員たちからも相当非難されたようです。

利枝子によると、最近坂東家の近くで目撃情報も上がっているとか。


現在はプレンターハウスという不動産屋で働いている古田。

吉野が坂東邸で殺されたことを知り、何も知らない、あの事件のことは忘れたいと言っています。

じゃあどうして坂東邸の近くで目撃証言が?
古田は「行っていない」と言いますが…。

獅子雄の助手であり、精神科医の若宮(岩田剛典)は、古田は嘘をついているのではなく、本当に事件を思い出したくないだけのように見えたと言います。
相当心が弱っていると。

そんな古田ですが、最近、マンション用の土地として13億の話をまとめてきたようです。
近々契約の予定だとか。
古田の上司は、古田が地面師とグルなのではと疑っている様子。

もし古田がグルだとしたら、この契約の現場を押さえれば地面師グループを一斉逮捕できるのではと沸き立つ江藤。
主犯の守谷を引っ張り出し、21億円も出てきたりしたら警視総監賞ものだと興奮しています。

 

そんな中、殺された吉野の携帯の通信記録から、吉野が連絡をとっていた人物が判明。

細川保奈美という坂東家の元家政婦です。

5年前の事件で、吉野は坂東に成りすますために細川保奈美からあれこれ聞き出していたそうです。

早速保奈美に会いに行った若宮。
吉野は出所後、お詫びに来たそうです。
それから交流を続けていた二人。
二週間前の保奈美の誕生日には、手作りの木彫りの箱を贈ってくれたそうです。

吉野は悪い人たちに利用されていただけ。
昔乗っていたマグロ漁船で犯罪に誘われたとか。

 

一方、古田によると、今回の13億の話は大邸建設時代の先輩の紹介のようです。
その先輩・丹波は、今は独立して不動産業をやっているとか。

その契約に獅子雄が同行することに。

しかし、古田は契約を延期すると言い出しました。
グルだから逃げるのはなく、持ち主が本物でない気がしてきたとか。
不動産を売るのは大きな決断なのに、迷いがないのが気になるって。
5年前もそうだったんだって。

会社に打ち明けて警察に調べてもらうと言う古田ですが、獅子雄はこのまま契約を続行して詐欺グループを一網打尽にするつもりのようです。

 

江藤の調査によると、13億の物件の持ち主は斎藤順子(山村紅葉)、72歳。
30年前に夫が死んでからは長男と二人暮らし。
自分の家の門扉を開けるのに手間取る長男。

古田の先輩・丹波と司法書士は、この半年間ロクな仕事をしていないらしい。怪しい。

 

獅子雄は捜査二課の利枝子のことも、何か隠していると怪しんでいる様子。

利枝子は、主犯格の守谷たちの新しい情報は全然入ってこないと言っています。

 

バイオリンタイム♪~

 

13億の契約の日。

獅子雄はプレンターハウスのコンサルタントということで契約に立ち会います。

契約は順調に進んでいきますが、振込の段階でストップをかける獅子雄。
5年前の詐欺事件の話をしだします。


一方、契約に立ち会わない若宮にも重要な任務がある様子。

獅子雄が古田の契約に立ち会っていることを利枝子に伝え、また保奈美に木彫りの箱を見せてもらいに行きました。
木彫りの箱は底が二重になっていて、中からある写真が…。

 

吉野は出所後、自分だけ服役したことに腹を立て、他の仲間を脅したのではと獅子雄は言います。
そして返り討ちに遭い、殺された。

斎藤順子と長男が成りすましだということを暴きます。

  • 自分の家なのに門扉の開け方を知らなかった長男
  • 車椅子に乗っているのに底がすり減った靴を履いている斎藤順子などなど

 

そこへ利枝子が乗り込んできて、偽物の斎藤順子と息子を逮捕。

丹波と司法書士も重要参考人として連行されることに。

なんで丹波たちは逮捕されないんだろう?と思ったけど、このような詐欺の場合、直接金を受け取った「なりすまし犯」以外は善意の第三者を装うことができるかららしい。
「知らなかった」「自分もだまされた」と言われると逮捕するのはなかなか難しいということでしょうか。

 

ちなみに、吉野を殺したのはなんと利枝子らしい~。

詐欺グループの情報は何も分からないと言っていたにもかかわらず、この場に飛んできて、しかも詐欺師たちの名前を完璧に把握していたから。
利枝子は守谷と繋がっていて、最初から全部知っていたと考えるのが自然だというわけです。

「証拠でもあるの?」

出た!前回の菅野美穂に続き、犯人しか言わないやつ。

ちゃんと証拠もあります。
保奈美がもらった木彫りの箱には、丹波と利枝子が一緒に車に乗っている写真が隠されていました。

丹波に誘われて成りすまし役をやった吉野は、利枝子に逮捕されたわけですが、どうしてその二人が一緒にいるんだ?と利枝子を脅したようですね。

吉野に脅された利枝子はつい殺してしまいました。

利枝子は柔道の有段者。
脅されてつい首を折ってしまったんですね~。

我に返り、初めての人殺しで怖くなってしまった利枝子は、吉野が死んだのを確認しないでその場を去ってしまったようです。

実は吉野はまだ生きていて、最期の力で枝を折りました。

それはモールス信号。
遠洋漁船に乗っていた吉野はモールス信号で犯人を伝えようとしたのです。

モールス信号というのは、短点(・)と長点(-)で文字を表す電信符号のこと。

今回、折られた枝で表されたのは、

ツートントン 「-・・」

これは、平仮名に変換すると、「ほ」らしいです。

細川保奈美?

細川保奈美が証拠を持っている、という意味でしょうが、これじゃあ保奈美さんが犯人みたいじゃないか~。

冷静沈着クールな女刑事風な利枝子が、人を殺してしまったからって慌ててその場を立ち去るのも不自然に思えるし、慌てて立ち去ったのなら現場に証拠も残ってそうだし、ダイイングメッセージがモールス信号で、しかも「ほ」っていうのも無理があるような気がするけれども。

 

逮捕された利枝子はというと、詐欺グループの主犯格である守谷に陶酔しているようです。
守谷は人間とは何かを知っている、守谷のためだったらなんだってできるらしい。

キャハハハハハ!

怖かった~この高笑い。

守谷については口を割らないだろうと言われています。
利枝子は守谷の正体を知っているのでしょうかね。

 

利枝子は古田に罪をなすりつけようとしていたようですが、古田が坂東邸に来ていたのは本当だったみたいです。
時々、社長が好きだったタバコを供えに来ていたとか。

 

利枝子は黙秘を続けているようですが、一応吉野を殺した犯人もわかり、詐欺も未然に防げたということで、一件落着?
でも、獅子雄は、全く正体の見えない守谷という男に引き付けられてしまったようです。

 

前回の菅野美穂の事件もそうですが、イマイチすっきり終わりませんね。

今回も主犯格の守谷には全然迫れてないですし。

最終回までには明らかになるのでしょうか?

 

www.matchadrama.com

 

 

 

www.matchadrama.com

www.matchadrama.com

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村