抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

シャーロック 5話【ネタバレ】あらすじと感想

シャーロック 5話【ネタバレ】あらすじと感想

 

f:id:matchadrama:20191008201425p:plain

 

 

今回江藤(佐々木蔵之介)が持ってきた事件は、歩く死体の謎


彼氏の部屋がスプラッター映画になっているとの女性からの通報を受け、警察が駆け付けると、ベッドとバスルームが血だらけになっていました。

凶器とみられる包丁や、電動のこぎり、血の付いたシャツやタオルなどが発見されますが、被害者の姿はどこにもありません。まるで死体が歩いて部屋から出て行ったみたいではありませんか。怖い。

 

この部屋に住んでいるのは、松門建設に勤める町田卓夫(永井大)。

真ん中が町田↓


DNA鑑定の結果、部屋に残された血液は町田の部下である乾貴之(葉山奨之)↑右の人のものだと判明しました。

まかれた血液は致死量を超えているといいます。


貴之は町田からのひどいパワハラで精神を病んでいました。

町田に任されたコンペで敗れ、激しく罵倒されたその日から行方不明になっていて、家族が捜索願を出していました。

 

警察では町田の取り調べが行われていましたが、町田の父親は政治家らしく、上からのストップがかかり、解放。

組織が動かないこんな時こそ、犯罪コンサルタントである獅子雄(ディーン・フジオカ)の出番です。

 

町田は、貴之から「パワハラで訴える」とのメールを受け取っていました。

貴之に会うため、出かけている間に部屋が血だらけにされたと言っています。

彼女のために、鍵はポストに入れていたとか。

最近誰かにつけられているような気もしていたと言っています。

 

現場に致死量の血液が残されていたことから、若宮(岩田剛典)は貴之が死んでいるものと考えていますが、例えば献血のように、少量ずつ血液を抜いていたのだとしたら生きている可能性もあると獅子雄は言っています。

怖いよ。

 

貴之の母・千沙子(若村麻由美)は貴之がパワハラを受けていたことを知っていました。

 

貴之は町田のことを人をいじめて喜ぶ悪魔だと言っていたようです。

遺体が見つかっていないことから、千沙子は貴之が生きていると信じていました。

ちなみに貴之の父(小市慢太郎)は外に愛人がいて、家庭のことに関心がないのだとか。千沙子曰く。

千沙子は貴之のことを溺愛しているようです。

 

会社での町田の評判は上々。

町田の父親は政治家だし、組織を守るためにみんなパワハラの事実を隠蔽しているようです。

その中で獅子雄たちに本当のことを話してくれたのは、清水(小澤亮太)という社員でした。

町田は部下に仕事を任せるだけ任せ、必要な助け船は出さない、失敗を責め罵倒する。
やられた方は自信をなくし、潰れてしまうのだとか。

 

そんな中、町田は暗闇で何者かにバットで滅多打ちにされます。

その直前、町田の携帯には、貴之の携帯からパワハラの証拠となる音声が送られてきていました。

幸い?、町田は命に別条はないようです。

 

ネットでは貴之の失踪と町田のパワハラが話題になっています。

千沙子がカメラの前でしゃべってました。

町田の父がもみ消そうとしても、ネットの世界までは力及ばず。

 

貴之の自宅を訪ねた獅子雄は色々と気になるものを見つけた様子。

  • 千沙子が「レクイエム」を聴いていたこと
  • 「町田 殺す」とたくさん書かれたノート
  • 出すには早いクリスマスツリー
  • グッピーの水槽

若宮は千沙子の手首に巻かれた包帯を見て、千沙子が看護師だったのでは?と言ってます。

医療関係者の巻き方のようです。

病院で巻いてもらったかもしれないじゃん~。

 

そんな中、町田を襲ったのは清水だったことが判明します。

貴之に脅されたと言っています。

実は清水も町田によるパワハラの被害者でしたが、ターゲットが貴之に代わり、あろうことかパワハラに加担していたのだとか…。

本当に「いじめ」の構造そのものですね。

 

レオ(ゆうたろう)は貴之の父を尾行して、愛人のものと思しき部屋を突き止めていました。

早速その部屋を突撃する獅子雄。

 

千沙子が看護師なのでは?と言っていた若宮ですが、その通りでした。

結婚前は優秀なオペナースだったようです。

 

バイオリンタイム♪~

 

獅子雄が導き出した事実は信じ難いことのようで。

繊細な若宮がまた落ち込んでしまう…。

 

獅子雄と江藤は千沙子に、若宮は町田に会いに行きます。

 

獅子雄が千沙子に語って聞かせた事実は確かに信じ難く、うそやんてな感じ。

・貴之はクリスマスツリーがしまわれていた場所にいる。←うそやん…
千沙子が早めにクリスマスツリーを出したのは、貴之を隠すため。

・千沙子がモーツァルトのレクイエムを聴いていたのは、貴之の死を知っていて、悼んでいたから。

・大きな水槽に2匹しかグッピーがいないという不自然な状況。
他のグッピーは死んでしまった。
なぜなら、水槽のポンプを使って貴之の血を抜いたから。←うそやん…
オペナースだった千沙子にはそれが可能。

 

…貴之は自殺だったようです。

コンペに敗れ、町田に罵倒されたあの日の夜、貴之は自室のドアノブで首をくくりました。

翌朝、それを発見した千沙子は必死で蘇生を試みましたが、貴之が生き返ることはありませんでした。
手首はその時の心臓マッサージで負傷したようです。

町田への復讐を誓った千沙子は、その道具として息子の遺体を利用することにします。

看護師だった千沙子は死体保存法を知っていました。

血液を抜いたのはそのためです。

そしてその血液を町田の部屋にぶちまけました。←最初からまくつもりで抜いたのではないのかな。

町田をつけていたのも千沙子。
それで鍵がポストに入っていることを知って侵入できたようですね。

でもひとつ失敗します。

町田の部屋にまかれた血液が、ベッドとバスルームだけにあったこと。
部屋の中で遺体を移動させれば、あちこちに血がついているはずです。
千沙子のやったことは、血液だけを動かしたことを示していました。

 

一方、町田に会っていた若宮はというと。

精神科医として、パワハラの被害者を多く見てきた若宮。

中には立ち直れない人もいたし、家族にまで影響が及ぶこともあったと言います。

直接手を下していないにしても、貴之は町田が殺したも同然だと怒りをあらわにしています。

でも全く悪びれる様子のない町田。

 

清水もなかなか最低でした。

町田の真似をして貴之を追い込んだら、楽しくなったなどと言っています。

こういう人はもともといじめっ子の気質があるよね…。

 

貴之の携帯を使って町田や清水を脅していたのは千沙子でした。

貴之は千沙子の指示で町田のパワハラを録音していました。

訴えるために証拠を掴みたかった千沙子でしたが、最愛の息子はその前に自ら死んでしまいました。

千沙子には見えていなかったことがもう一つ。

夫には愛人なんていませんでした。

子離れできていない千沙子の貴之への愛情から目を背けたくて、一人になれる部屋を借りていたのだとか。

貴之は父にメールを送っていました。

「ごめん

僕、もう無理

お母さんと仲良くして」

トラブルを一人で乗り越えられない男にしてしまったのは自分にも責任があると声を震わせる父。

貴之のこのメールは、「お母さん、解放してくれ」と読める、と獅子雄。

 

獅子雄が千沙子を怪しいと思ったのは、家では薄く化粧をしていたのに、カメラの前では化粧をしていないことに気づいたときのようです。

やつれた母親を演出し、町田の悪質さを浮き彫りにしたかったのだろうと。

薄化粧とすっぴんの違いに気づく男、いる?!

 

千沙子は死体遺棄、死体損壊、住居侵入の罪に問われることになりますが、町田は法的には被害者にすぎないようです。

 

千沙子のしたことは許されることではないんだけど、会社も、警察さえも動いてくれないのなら、自分で…と思う気持ちはわからないでもない。

やり方がぶっとんでるけど。

でも復讐はしたものの、町田は大してダメージを負っていないし、法的にもお咎めなしなのがすっきりしないですね。

悪いやつが野放しというまさかの展開。

後味が悪い~~。

 

夫も引くほどの息子への愛。

でも夫が「妻にネグレクトされた」というようなことを言っていた意味がまったくわかりませんでした。

ネグレクトって

子供に対するネグレクトは育児放棄(いくじほうき)、育児怠慢(いくじたいまん)、監護放棄(かんごほうき)とも言う。また、ペットの飼育放棄(しいくほうき)に対しても指すことがある by Wikipedia


妻が夫の世話をしないことも「ネグレクト」って言うの?

要介護でもないのに?

息子への愛が行き過ぎていると思うなら注意してあげたら良かったのに。
千沙子、聞かなさそうだけど。

かまってもらえなくて拗ねて逃げたのだったら、夫もどうかと思う。

 

「シャーロック」、今のところスッキリ終わる回がないのですが。

このモヤモヤ、最終回までに回収されますか??

 

4話と5話の衣装はこちら↓

matchadress.com

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村