抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

シャーロック 7話【ネタバレ】あらすじと感想

シャーロック 7話【ネタバレ】あらすじと感想

 

f:id:matchadrama:20191008201425p:plain

 

 少年シャーロック現る!

 

とあるじっちゃん(伊武雅刀)が行方不明になりました。

威厳あふれるじっちゃん↓

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

‪. 📣出演情報‼️‬ ‪#シャーロック 第7話のゲストとして #伊武雅刀 さん #山城琉飛 くんの出演が決定👏✨‬ . ‪伊武さん演じる寅次郎が突然、行方不明に💦‬ ‪孫の虎夫(琉飛くん)が捜索依頼をしに獅子雄、若宮の元にやってくる…🔍 . ‪そして💡琉飛くんが獅子雄の少年時代を演じるシーンも登場😆 7話も内容盛り沢山でお届け🤲🏻 来週もお楽しみに〜🌈‬ . #7話は11月18日放送 #月9 #ディーンフジオカ #岩田剛典 #佐々木蔵之介 #毎週恒例の次回ゲストの情報解禁だよ #次回は何色 ? #今宵も6話のご視聴ありがとうございました 👋🕵🏻‍♂️

【公式】月9『シャーロック』(フジテレビ)毎週月曜よる9時(@sherlock_cx)がシェアした投稿 -

 

小学生の孫・虎夫(山城琉飛)が、いつの間にか獅子雄(ディーン・フジオカ)が配っていた犯罪コンサルタントのチラシを見て、じっちゃんを捜してほしいと訪ねてきたのです。

面倒なので若宮(岩田剛典)に獅子雄のフリをさせて虎夫の相手をしますが、見事な推理でバレました。

若宮より推理力は上かもしれないこの少年。

虎夫役の子、演技が上手だった。

 

警察は認知症老人の徘徊だと相手にしてくれないようです。

でも虎夫がじっちゃんの通りそうな道を探してみたところ、河川敷にじっちゃんが大事にしている小さな袋が落ちているのを発見しました。

中身は白い粉。

じっちゃんはヤバいやつかもしれん…。

いい意味での白い粉かもしれんやん。(滝沢カレン風に)

虎夫の推理力が気に入った獅子雄は調査に乗り出すことに。

 

早速、袋が落ちていた現場へ行ってみます。

こちらでも大人顔負けな推理を披露する虎夫。

獅子雄の見立てと同じとか。すごいな少年。

河川敷の草むらには3人分の足跡や車の形跡。

そして現場の環境から、犯人はプロではなく、素人だと思われる?

プロがこんな見晴らしの良い土手で犯行に及ぶはずがないとか。

また、近くの路上生活者たちに目撃情報を聞いてみますが、見慣れない車が通ったら目に付くはずだと言っています。

この道をよく通る近所の素人の犯行だということですね、うんうん。

 

行方不明になった日、じっちゃんは朝からデイサービスに出かけていたというので、次にそのデイサービスへ行ってみます。

じっちゃんの担当者、長嶺加奈子(黒沢あすか)によると、当日は徒歩10分の自宅まで歩いて帰ったそうです。

普段は施設長の寺島(遠山俊也)と二人で車で送迎しているようですが。

二人の靴についた土に気づいた獅子雄。わかりやすいw

下駄箱から土を採取します。

そんな中、じっちゃんが見つかったとの連絡が。

家に帰る虎夫についていく獅子雄。

じっちゃんに抱きついて喜ぶ虎夫は無邪気な子供のようでした。(子供だけど)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

🎬 #シャーロック #7話放送まであと4日💁‍♂️🌙 . 寅次郎役の #伊武雅刀 さんと、孫の虎夫役 #山城琉飛 くんのほっこりオフショットをお届け☺️💕 . じっちゃんの為に健気にも勇敢に立ち向かう 虎夫くんの頼もしい姿と、獅子雄と若宮との やりとりにも是非ご注目ください👏🏻 . 琉飛くんは獅子雄の少年時代も演じますよ〜✨ そちらも併せてお楽しみに🤗 . #7話は11月18日放送 #月9 #ディーンフジオカ #岩田剛典 #佐々木蔵之介 #次回は何色 #伊武さんが琉飛くんとおそろいポーズをしてくれました 🥺 #👍🏻

【公式】月9『シャーロック』(フジテレビ)毎週月曜よる9時(@sherlock_cx)がシェアした投稿 -

 

じっちゃんの右手親指に刻まれた×の印が気になる獅子雄。

虎夫の母親によると、若い頃に前に彫ったもので、おまじないのようなものだと言っていたそうです。

認知症っぽく、ぼーっとしているじっちゃんに話しかける獅子雄。

じっちゃんが落とした袋を調べたようで、状態からして50~60年前のものだと言ってます。どんなことを調べたらそういうことがわかるのだろうか。

1960年前後の日本といえば、高度経済成長期でセンセーショナルな事件が多く、盛り上がる犯罪者も大勢いたとか。

じっちゃんもそういうヤバイやつだったのでは?

連絡先を残してきた獅子雄なのでした。

果たして認知症みたいなじっちゃんは連絡をくれるのか?!

 

 

 

 

じっちゃんの事件に興味津々の獅子雄は、今回江藤(佐々木蔵之介)が持ってきた事件には見向きもしませんでしたね。

一応書いておきましょうか。

青酸化合物による中毒で、阿佐ヶ谷と五反田の二人の男が死亡しました。

それぞれの現場にトランプのキング(スペードとダイヤ)が置かれていたことから、この二つの事件は同一犯の仕業で、しかも残るクローバーとハートのあと二人殺すという予告であると思われていました。

獅子雄はこれだけ聞いて事件の結末がわかったのでしょうか。

結果的にみれば的確な指示を江藤に出してましたけど。

 

そんな獅子雄のもとにじっちゃんが来ました。

じっちゃんには墓まで持っていく秘密があり、もし認知症になってそのことをしゃべってしまったらまずいと、今から認知症のフリをしていたのでした。

木を隠すなら森。

認知症のフリをして普段からあることないこと話していれば、いつか本当の秘密を話してしまっても大丈V!

 

あの日、突然誰かに襲われて袋のようなものを頭に被せられ、担いで車に乗せられたと言うじっちゃん。

手足を縛られ、車で2時間走ったそうです。

流れていたラジオから時間がわかったのだとか。

 

その後、車から降ろされて犯人の二人組はどこかへ行ってしまいました。

顔を出すとろうそくがぼんやり、足は鎖でつながれ、目の前に金庫が。

 

この金庫を開けろ

中身は見るな

見たら殺す

 

獅子雄はじっちゃんが昭和の鼠小僧なのでは?と言いますが、自分はただの金庫破りだと言うじっちゃん。

何の謙遜w

ちなみに鼠小僧とは江戸時代の泥棒で、悪人から金を盗んで庶民に分け与える、善良なる悪人なんだとか。

f:id:matchadrama:20191209091503j:plain

 

薄暗い中、金庫破りに励むこととなったじっちゃんでしたが、どこかで猿の鳴き声が聞こえたと言います。こわい。

2日経って金庫は開きました。中身は見ていないと言ってます。

現役の頃なら2時間で開けたものを2日もかかったのは、右手の親指を使わなかったからのようです。

それを言ったらじっちゃん、怒っちゃったけど。

 

じっちゃんは1950年代に活躍した須磨寅の大鼠らしい。

須磨寅の大鼠は二人組で、盗んだ後に必ず、須磨家の家紋を寅の方角に貼り付けていました。

それで世間は須磨寅の大鼠と呼んでいたのだとか。

今回の拉致はその相棒が犯人なのではと疑っているじっちゃん。

 

そんな中、虎夫少年に対抗したのか、若宮がじっちゃんの監禁場所について推理を巡らせ、その範囲を絞り込んでいました。

車で移動して2時間、車内でかかっていたラジオが届く電波の距離から、栃木方面に向かっていた可能性を指摘します。

これは的外れなんだけど、奇跡的に「栃木」というワードが出てきました。

獅子雄はじっちゃんを担当していた介護士・長嶺加奈子の方言から、彼女が栃木出身だと見抜いていたのです

栃木では「大丈夫?」のことを「だいじ?」って言うんだね。

早速若宮を栃木の老人ホームに向かわせます。

長嶺がかつて働いていた老人ホームを見つけたら、右手の親指がない老人について調べるようにと。

 

今回のバイオリンタイムはじっちゃんが拉致された河川敷で。

 

少年野球のボールが獅子雄に直撃ww

虎夫が通りかかった施設の車に助けを求めます。

降りてきたのは寺島と長嶺。

獅子雄を病院に運んでください!

あの時と同じ状況を作り、二人に担がせる獅子雄。

足跡のつき方を観察する虎夫。

車が動き出した瞬間、元気になって車を降りる獅子雄。

車のタイヤ痕も一致しました。

 

施設にいるじっちゃんにテレビ電話で猿の鳴き声を聞かせる獅子雄。

鳴き声の正体はシャッターでした。強風で揺れて猿の鳴き声みたいな音を出していたとか。

そして獅子雄が見せたのは、じっちゃんが開けた金庫。

銀次がいるのか?!と急に認知症の芝居をやめて施設を飛び出したじっちゃん。

獅子雄がいるのは施設から2時間かかる場所だと思っているじっちゃんは、ちょうど車で戻ってきた寺島と長嶺に、拉致された場所が見つかったと必死で訴え、車に乗り込もうとします。

うろたえる二人。

しかしその時、施設の車庫のシャッターが開き、獅子雄登場。

じっちゃんが監禁されていたのは施設の車庫だったのでした。

わざとラジオを聞かせ、近所をぐるぐる回っていただけ。

寺島と長嶺は、駆け付けた江藤たちに捕まってました。

 

じっちゃんが大切に持っていた白い粉の正体は、鼠小僧の墓にあった白い岩を削ったものでした。

ご利益の粉・いい意味での白い粉だったようです。

 

金庫の中身は見ていないと言っていたじっちゃんでしたが、見てた模様。

中身は血が付いた聖徳太子(昔の一万円札)と金庫破りの道具。

1959年9月に山守組の事務所から盗んだものだとピンときたのした。

じっちゃんも銀次も戦争で親を亡くし、生きるために泥棒稼業に足を染めました。

でも鼠小僧を真似て、盗むのは悪い奴からだけ。

しかし山守組の事務所に忍び込んだ際、見つかってしまいます。

銀次は、日本刀で襲い掛かってきた相手からじっちゃんを庇い、金庫破りにとって命ともいえる右手の親指を失くしたのでした。

じっちゃんは不自由な身体になった銀次に金を譲り、二人は足を洗ってバラバラに。

自らに課した罰として、じっちゃんも右手の親指を封印したのでした。

 

須磨銀次は去年亡くなっていました。

担当の介護士は長嶺。

銀次は長嶺に聖徳太子を半分やると言われたようです。

もう半分はじっちゃんの。

鍵の番号を忘れたけど、じっちゃんなら開けられると。

欲に目がくらんだ長嶺は独り占めしようとして、寺島と結託して犯行に及んだのでした。

 

さて、当時届け出られた被害額は4000万でしたが、今回江藤たちが押収できたのは3800万だったとか。

あとの200万はどこに?

江藤は獅子雄がくすねたのではと疑っていますが、大正解です。ただし、使い道は粋でしたね。

 

少年シャーロック・虎夫に真実を伝える獅子雄。

じっちゃんは大泥棒。ヤバいやつだったと。

でもそれは生きるため、盗む相手は極悪人だけだったことも。

そして200万の請求書を渡します。

もう一枚の紙には何やら数式やグラフが。宝の隠し場所が記されているようです。

野球のポジションだとすぐ気づいた虎夫。

ファースト、セカンド、ピッチャー?

とっとと解いて払ってくれ、と言い残して消える獅子雄。

 

ちなみに江藤が持ってきた阿佐ヶ谷と五反田の事件は保険金目的の自殺だった模様。

殺人事件だと思わせるためにわざとトランプを置いたのだとかなんとか。

 

今回は江藤が持ってきた事件ではなくて、獅子雄の営業の結果、舞い込んできた事件でしたね。

報酬は何年か後になりそうですが。

野球も数学もさっぱりなので、あの紙の意味は全くわからないけど、わかる人が解いたら200万円の場所がちゃんと出てくるのかな。

 

じっちゃんがどうやって車庫から出てきたのかが疑問だったんだけど。

金庫を開けて中身を見て、銀次か…?と思ったまではいいんだけど、そのあと河川敷で娘に発見されるまでの間何してたんだろ。

監禁されてたのが車庫だとは気づいていなかったみたいだし。

 

虎夫役の子が良い演技してたと思います。

子役ってどうしても演技が不自然なので、心の中で「がんばれ!」って応援しちゃうんだけど、虎夫にはそう思わなかった。

セリフをしゃべってます!感があまりなかったからかな。淡々としてるというか。

獅子雄の子供時代もやってたよね。

これからが楽しみです。

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村