抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

わたし、定時で帰ります。8話 あらすじと感想

 
わたし、定時で帰ります。 8話 ネタバレありのあらすじと感想です。 

ーーーー
星印工場の見積もり(赤字必至のありえないやつ)が社内審査に通ったと制作4部に報告する福永(ユースケ・サンタマリア)。
チーフは賤ヶ岳(内田有紀)に。
予算も人員も足りないと嘆く結衣(吉高由里子)たちに、コスト圧縮のアイディアをまとめてきたと種田(向井理)。
社内審査に関わる管理部のグロさん(木下隆行@向かいのバズる家族・父)に話を聞きに行く結衣。
どうやら丸杉常務から、サイトの運用までやれば黒字になるからと横やりが入ったらしい。
丸杉は常務だったんだね。前回福永から星印の担当・牛松(金井勇太)がネットヒーローズのメインバンク・明成銀行頭取の息子だと聞いた人ね。

 

そんな中、賤ヶ岳の夫・陽介(坪倉由幸)の母が脳梗塞で倒れたと連絡が。
賤ヶ岳と双子の赤ちゃんを残して熊本に帰る陽介。
双子の保育園の送り迎えは賤ヶ岳の両親が協力してくれているらしい。
「みんなには言わないで。」と結衣に言う賤ヶ岳。

 

一方、巧(中丸雄一)の母(清水よし子・ピンクの電話)が式場のパンフレットを大量に送ってくる。
結婚式について意見が食い違う二人。(盛大にやりたい巧 vs ささやかにやりたい結衣。これ結構重要な問題な気がするー)

f:id:matchadrama:20190606132059j:plain

星印に行く制作4部のみんな。
星印側の出席者は牛松のみ。
コスト圧縮案と、このあとの運用まで任せてほしいとプレゼンするが、「僕だけの判断ではとても…」と口ごもる牛松。
牛松に不安を感じる来栖(泉澤祐樹)たち。来栖にまで心配されてる。
種田と賤ヶ岳は星印の磯貝課長が戻るまで待ち、コスト圧縮と運用の確約を得る。

 

柊(桜田通・種田の弟)から牛松についての情報が。
牛松の父が明成銀行の頭取だと知る結衣。

 

巧の母がやって来る。
巧は仕事で遅くなるとのことで、二人で過ごすことになった結衣と巧の母。
「結衣さんお仕事はいつまで?結婚したらやめるんでしょ?」と言う巧の母に、仕事は続けるつもりだと答える結衣。
「定時で帰るって聞いてたから仕事に興味ないのかと思ってた。羨ましい。」と義母。
義母はお勤めしたことないんだって。
「専業主婦になったこと後悔はしてないけど、ちょっとさみしいと思うこともある。結衣さんには仕事頑張ってほしいわ。」
良い義母じゃん。

義母帰宅後、帰ってきた巧と話をするうちに、「もし億万長者になったら働かない」と言う巧と、「私は働きたいかな」と言う結衣。小さなすれ違い。

f:id:matchadrama:20190606132530p:plain
石油掘り当てたい…。


星印からの返信が遅いせいで作業が滞っていることを種田に言う結衣。
そのせいで賤ヶ岳の仕事も増えてしまっている。
賤ヶ岳の義母の件を知っていた種田は、フォローは自分がやるから結衣は無理するなと言う。


忙しい賤ヶ岳を少しでも助けようと、家に夕飯を作りに行く結衣。
夫の陽介は、母が落ち着くまで熊本にいたいと言っているらしい。脳梗塞はリハビリも大変。
賤ヶ岳も、子供たちを連れて一緒に行った方がいいのでは…と迷っている。
「仕事は好きだけど、家族が大変な時に別居までして仕事するのってどうなんだろう。
結婚って相手の人生も全部背負うことだと思う」と賤ヶ岳。

そこへ巧もやって来る。
ラー油がなくて、買いに行くと言う巧。なくても大丈夫じゃない?と結衣は言うが、あった方が絶対いい!と、出て行く巧。
小さいことだけどまたすれ違う二人。

牛松から返信があったと、残業中の種田から連絡をもらう賤ヶ岳。
明日から作業がすすめられるとほっとする二人。
まだ残業してるのか、と種田の話になり、結衣が前職で心身を病んだこと、そんな結衣を種田が気づかっていることを話す二人。
それを、ラー油を買いに行っていた巧が帰ってきて聞いていた。

 

納期を早めたいと言い出す牛松。
上からの指示だと言う。
賤ヶ岳は「ただでさえ遅れてるのにそれは難しい」と伝えるが、そこを何とかと言われる。
困った賤ヶ岳は、福永に「牛松だけでは厳しいから磯貝課長も打合せに入ってもらうようにしてくれ」と頼むが、逃げる福永。最の低だな。
納期の件は種田が交渉すると言ってくれる。

 

巧の会社の飲み会。
婚約者(結衣)が元彼(種田)と同じ部署で働いていることに驚かれる巧。
「私ならそんな職場辞めて諏訪さん(巧のことね)を安心させるけどなー」と適当なことを言う女性。
適当に言ってるだけなんだから気にしなきゃいいのに、真に受ける巧。

帰ってきた巧は、賤ヶ岳と楽しそうにメールのやり取りをする結衣に

「ほんとに仲良いんだね。僕よりも結衣ちゃんのこと詳しいもんね。
結衣ちゃんが前の会社で大変な目にあったこと僕は知らなかったし。
種田さんも知ってるんだよね。
結衣ちゃんが億万長者になっても働きたいのって種田さんがいるから?」

と余計なことを言ってしまう。
いきなり突っかかってこられたら結衣も黙っていられない。
「私のこと信じられないってこと?好きなのは巧だって言ってるよね?」
(しつこいよ!)って私には聞こえました。

でも「種田さんは今でも好きだと言っていた」と蒸し返す巧。もう黙ればいいのに。
そう言う意味じゃないってと言う結衣に
「ほんとにそうだって言い切れるの?」
「じゃあどうしろって言うの?!」
部屋を飛び出した結衣は閉店後の上海飯店へ。紹興酒を飲みすぎる結衣。
そこへ種田がやって来る。
「こんなに酔いつぶれたの誰かさんと別れた時以来よ!」という王丹(江口のりこ)。
結衣を背負って会社へ運ぶ種田。
“ 酔っ払っておんぶした男女は結ばれる ”って何かのドラマで誰かが言ってた。ドラマの中で一緒に東京ラブストーリーを見ていたときに言ってたセリフなんだけど、なんのドラマか忘れてしまった。
結衣を会社にのソファに寝かせる。
朝、目を覚ましてとりあえず自宅に戻る結衣。
携帯を置いて出ていた結衣を心配していた巧。寝てたけどな。
昨日はほんとごめん!お互い謝る二人。

 

休日の賤ヶ岳。
公園の家族づれを複雑そうな顔で見つめる。
そこへ福永から電話が。
今度の日曜、星印の磯貝課長とゴルフに行くことになった。ゆっくり話すいい機会だから賤ヶ岳も来るようにと。
困りつつも調整すると言う賤ヶ岳。

自宅に戻り、いっぱいいっぱいになりながら双子の離乳食作りをしているところに陽介がひょっこり帰ってくる。
どんなに忙しくても必ず一緒に過ごそうと約束していた結婚記念日だったらしい。忙しくて忘れてた賤ヶ岳。
余裕のないときはベビーフードでいいんだよ…。裏ごしだなんて。

f:id:matchadrama:20190606133749p:plain

「しばらく仕事を休んで子供たちと熊本に行くことにした」と結衣に言う賤ヶ岳。
家族みんなで一緒にいたい。
「こんな大変な時期に仕事放り出して身勝手だと思う。非難されても仕方がないと思ってる。」と言う賤ヶ岳に、
「先輩は間違ってないんじゃないんですかね。
私も考えてみたけど答えが出なかった。
覚悟を決めて決断した先輩はすごいなって思う。
私はどっちの先輩も好きです。仕事してる時も家族といるときも。どっちを選んでも応援します。」
と返す結衣。
良い後輩すぎて涙出る。賤ヶ岳が休むことで自分も大変になるのわかっててこんなこと言える子なかなかいないよ。

 

賤ヶ岳から休職願を受け取り、驚く福永。
「せめて星印の案件が終わってからじゃダメなの?チーフが抜けるなんてありえない…」と明らかに迷惑がっている。
申し訳ありませんとみんなに謝る賤ヶ岳。
結衣が思わず「チーフは私が引き継ぎます!」と立候補。
「私も全面的にサポートする」と三谷(シシド・カフカ)。
「賤ヶ岳さんは無責任に仕事を放り出す人ではない。休んでも居場所は無くならない、ですよね?東山さん(結衣のことね)。」

 

福永に呼ばれる結衣。
「定時で帰ることを否定はしないけど、そんなチーフだとみんなの士気が下がらないか。それと種田くん倒れるんじゃないかな。
東山さんはさぁ!もうすこし種田のために頑張ってもバチは当たらないと思うけどね。
なんで種田が僕の会社をやめてネットヒーローズに来たか、本当の理由を教えてあげるよ。」

 

ーーーー

なんだなんだ~本当の理由って。

巧の母個性的すぎるよピンクの電話のよっちゃん!
良い人っぽいけど、あのテンションの時点で結婚躊躇してしまうレベル。
巧は結衣と小さなすれ違いが続いていることに気づいていないみたいだったよね。
結婚式の話のときもラー油のときも「自分の考えは正しい」って信じ切ってる感じだった。
種田に嫉妬してるのも余裕ないなぁって感じだし。破局しそう。

賤ヶ岳の選択、進行中のめーっちゃ大変な案件のチーフなのに途中で休職って、実際にやったら反感買いまくりそう。
でも仕事<家族でいいと思う。
家族でも趣味でも、誰もがプライベートを優先しても会社が回るようにしてほしいわー。

 


 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村