抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

ラジエーションハウス 9話 あらすじと感想

 

ラジエーションハウス 9話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

f:id:matchadrama:20190610140843j:plain 

ーーーー
エスカレーターで倒れて運ばれる杏(本田翼)。
頭部CTに明らかな異常はないが、見えない脳損傷を起こしているかもしれないから2~3日入院することに。

 

そんな中、甘春総合病院に大物政治家・安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。
大学病院などではなく、「なんでうちに?」と訝しがる裕乃(広瀬アリス)。

実は鏑木(浅野和之)が、辻村(鈴木伸之)の父である、麗洋医科大学病院・辻村教授(名高達男)から頼まれていたのだった。
政治資金に関するスキャンダルから逃れるために、一週間ほど身を隠したいと安野からお願いされたらしい。
この件がうまく行ったら鏑木には相応しい病院とポストを紹介すると約束する辻村父。
主治医は息子である辻村に任せたいと言う。

甘春病院の裏口で安野を出迎える鏑木と辻村教授。
「こんな民間の病院で大丈夫か?」と安野。呑気にゴルフの素振りをしている。

f:id:matchadrama:20190610141142p:plain


一方、も怪我していたらしく、検査を受ける杏。
先日、院長(和久井映見)と小野寺(遠藤憲一)の会話から、五十嵐(窪田正孝)が医者であることを偶然聞いてしまった。
五十嵐に「どうして…」と呟くが、何も言えない。

 

横柄な安野。
甘春病院の特別室に文句を言ったりしてやな感じ。
一週間、のんびりするために来たらしい。

 

杏の検査結果はバンカートリージョン。亜脱臼らしい。
保存的治療で十分。しばらく経過を見ると辻村。
しかし五十嵐はMRIだけでなく透視下のストレステストもするべきではと言う。
MRIで十分だと辻村。
ねばる五十嵐。
不安定性のチェックは経過を見てからで十分だと辻村。こっちも頑な。
「技師が思いつきで物を言わないでいただきたい。患者に対する責任を負っているのは医師です。検査をしておしまいの技師とは違う。
彼女は僕の患者です。」

 

安野の入院を見届けた辻村父が帰ろうとしているところへ、辻村がやってくる。
「父さん、お久しぶりです。」
安野の出迎えに来なかったことをチクリと言う父。
辻村を安野の主治医にした意味は、安野との繋がりを作るため。この人脈は今後役に立つ。政治家みたい。
「こんな病院で終わるつもりはないんだろ?がっかりさせないでくれ。」と言う父。

 

検査入院なのに、安野の検査はしなくていいとラジエーションハウスに伝える鏑木。
偽装入院だと噂する面々。

 

五十嵐は確かめたいことがあると杏のお見舞いに行こうとするが、辻村に阻止される。
辻村のペンを見て、「まだ使ってたんですね。」と言う杏。

その昔、麗洋医科大学に落ちたらしい辻村。
二流医大には受かったらしく、これからは辻村教授の息子として見られるから相応しい物を使うようにと、父から高そうなペンを与えられる。高そうなペン。高級ペン?
「これ以上がっかりさせるなよ。」
杏は二流医大で辻村の後輩だったらしい。
辻村は医者になったら麗洋病院に行くことを目指していたが、杏の父の講演に感動して甘春病院に来たと言う。

また院長と小野寺の会話を思い出して
「なんで医師にならないんだろう…。」
と呟く杏。五十嵐のことで頭がいっぱい。

 

安野の偽装入院週刊誌に暴かれ、マスコミが殺到する甘春病院。
裏口でゴルフの素振りしていたところを隠し撮りされていたらしい。
自業自得でしかないのにキレる安野。
何かしらの理由をつけて発表しろ。今すぐに会見だと騒ぐ。
「いてっ」と腹をさする安野を見つめる辻村。
診断名は辻村に任せると鏑木。

 

形だけでも安野の検査をすることに。
会見まで時間がないのでスピーディーにお願いしますと辻村。
五十嵐はどこかに行っていていない。

杏のところにいた。
杏の肩に触れると熱を持っている。
痛みはないと言う杏に、もう?と驚く五十嵐。
五十嵐が少し触ると痛がる。
駆け出す五十嵐。杏も医者なのに少しは自分で考えないのか。

 

形だけですので、と安野に検査を受けさせる辻村。
そこへ杏の肩の再検査を頼みに五十嵐がやって来る。
関節部分に熱があり、関節の不安定さが残存していると。
しかし、治療方針を決めるのは医師だと突っぱねる辻村。
食い下がる五十嵐。
「技師にもきちんとした写真を撮るという責任があります。」
そんなちっぽけな責任と一緒にするな!技師と医師は違う。」と辻村。結構ひどい。

と、突然検査室に入ってくる辻村父。安野の検査は中止にしてくれと言ってくる。
形だけでも検査した方が、という辻村だが、父は検査なんかしなくても診断できるだろ、と。
「甘い考えは捨てろ。二流医大卒のお前がうちで生き残るには相応の覚悟が必要なんだ。」と言い出す父。
一応気を遣って「人がいるので会議室へ…」と言う鏑木に、
「構わん。どうせ技師だろ。」ひど。

研修医の頃は麗洋病院にいたらしい辻村だが、落ちこぼれて「これ以上特別扱いはできない」と追い出されたらしい。相当じゃない?
安野の件が済んだら麗洋病院に呼び戻してやる、と父。
患者を診るだけが医師の仕事ではない。お前にはより上を目指してもらいたい。
ちなみに安野は先月麗洋で人間ドックを受けて異常なしだったから検査しなくていいんだって。
「こんな病院で検査するなど失礼だ。
がっかりさせるなよ…」
と言い去っていく父。面白いくらいに失礼発言連発。
ドラマとはいえ、今時こんな心の声駄々漏れの偉い人います?こんな考えしかできないのはもうしょうがないけど、せめてもっとオブラートに包んでくれ。

「あんたいいのか?それで」と辻村に聞く小野寺。
麗洋のトップクラスの医師たちが異常なしと判断したからいい…と辻村。
「ほんとは嘘なんてつきたくないんじゃない?」とたまき(山口紗弥加)。
「部外者に検査を止める権利はない」と威能(丸山智己)も。
辻村のオーダーがある以上、検査すると小野寺。

検査は続行。
素晴らしいチームプレーで手際良く検査を進めるラジエーションハウスの面々。 


杏を見舞う院長。
軽い脳震とうだからすぐに復帰できると思うと言う杏に、ピンクのハーブティーを振る舞う。普通に美味しそう。
院長が小野寺と話しているのを聞いたと打ち明ける杏。
「どうして彼は…」
「そうしたいからに決まってるじゃない?
もったいないって?
彼にとってどっちが上か下かって関係ないんじゃない?」
と院長。

 

病名は任せるからそろそろ記者会見の準備を、と辻村に促す鏑木。
診断書を書き始める辻村。

ごねながらも最後のバリウム検査を受ける安野。
お腹痛がってたよね。
バリウムの二重造影は技師の腕の見せどころらしい。
書き終えた診断書を手に戻ってくる辻村。
同時に検査も終了。
終わっていると思っていなかったらしく、驚く辻村。

検査画像を見る医師と技師たち。
これは…

スキルス胃がんが見つかった安野。
麗洋で受けた内視鏡では異常はなかったと驚いている。
まれに内視鏡で見つからないものもあるらしい。
「このタイミングで発見できたのは不幸中の幸い。転院の準備をします。」と鏑木。

捏造した診断書を握りつぶす辻村。

 

杏の病室を訪れる五十嵐。
杏自身で再検査のオーダーを出してくれないかと頼む。
肩関節の不安定性が強ければオペが必要。このままだと重い機能障害が残る可能性がある、と説明する。
読影もせずオーダーを出せるわけないと杏は言うが、粘る五十嵐。杏、自分の肩のことなのになんか他人事みたい。
そこへ「その必要はありません」と現れる辻村。

また阻止しに来たのかと思いきや、
「オーダーは僕が出します。
すぐに準備をお願いします。」と五十嵐に頭を下げる。

すごいな、うちの技師たちは。
彼らは麗洋病院が見逃した胃がんを見つけたんだ。参ったよ、色々と。
技師よりも医師、民間病院よりも大学病院ってずっと思ってきたんだけどな…。
と杏に話す辻村。

 

安野がスキルス胃がんだったと会見で発表した鏑木。

安野の病室。
辻村父と電話している。
自分の処遇を心配する鏑木に
「約束は守ると言ってたよ。当然だろ、私の病気を見つけてくれたんだからな。」と安野。

検査は中止しろといったはずだろ、と父からの電話にすいませんと謝る辻村。
しかし結果オーライで機嫌良く、麗洋病院への推薦状と入局申請書を送るからサインして返せと言ってくる。
「戻ってこい。これからは私のもとで学ぶといい。」

 

杏の検査をする五十嵐。
「一つ聞きたいことがあるんですけど…」と杏が呟くが聞いていない五十嵐。
検査の結果、やはり不安定性が強く、保存的治療では症状が残った可能性が強いことが判明。
「関節鏡によるオペをお願いします。」と言う五十嵐に、
オペも君がやった方がいいんじゃないか?と辻村。
冗談だった。びっくりさせる~。
関節鏡の経験があまりないらしい辻村は、うちに適任者がいなければ麗洋病院に転院させると言う。
「麗洋病院の医師の方が先生より優秀なんですか?僕はそうは思いませんけど。」
辻村が担当している患者の術前と術後の写真を見れば、辻村がいかに丁寧な治療をしているのかわかる。あとはお願いします、と言う五十嵐。

自分でオペすると決心したらしい辻村。
杏に、自分がこの病院に来たのは杏の父の講演に感動したからだと言ったけど、実は違うんだと打ち明ける。
「辻村先生も私もこだわりすぎなんじゃないでしょうか?
技師よりも医師、民間病院よりも大学病院。
そんなのないんじゃないかな。
大事なのは何をするかなんじゃないかなって最近思ってる。」と話す杏。

オペ当日、心配で杏を見送りにきた五十嵐。
辻村に託す。
五十嵐が撮った画像を見ながら手術する辻村。

 

安野先生の胃がんを見つけたのは私ではありません。
甘春総合病院の放射線技師たちです。
途中で出なくなる辻村愛用の高級ペン。
安物のペンを取る辻村。
私にとっては麗洋医科大学病院以上に、甘春総合病院で学ぶことがあると思います。
入局を辞退させていただきます。

ペンの価値はペンそのものではなく、
何を書くかによって決まるのかもしれない…

 

五十嵐にオペ成功を報告する辻村。
あなたの写真のおかげです。
皆さんもありがとうございました。
五十嵐さん、これからもよろしくお願いします。
良きライバルとして。
負けるつもりはありません。仕事も恋愛も。

ーーーー

 

辻村先生の回。
技師に対して偉そうだったけど、医者の世界では落ちこぼれだった辻村先生。
高圧的な父による、おそらく幼少時からの洗脳により、民間病院より大学病院とか一流医大以外がっかりだとか医師以外人にあらずみたいな価値観を植え付けられていたわりに、技師を見直すのはや!
人の価値観はそんな簡単に変わんないよう。
どこに属するか、ではなくて、何をするかが大事。
それはわかるけど、辻村先生の劣等感はそう簡単になくならないよね。

それにしても毎回毎回、医師が気づかないような病気に気づく五十嵐。
それを指摘して医師にキレられる展開。
甘春病院にはまともな医者はいないのか?
そろそろ五十嵐の意見を素直に聞こうよ。
五十嵐が医者として働いてさえいれば起きない問題ばかり起こる。

杏は脳は結局何もなかったのかな?
整形外科医の辻村先生の回にするためにエスカレーターから落ちて肩怪我しちゃったんだ。可哀想に…。

 

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村