抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

わたし、定時で帰ります。9話 あらすじと感想

 

わたし、定時で帰ります。 9話 ネタバレありのあらすじと感想です。

f:id:matchadrama:20190616123537j:plain

ーーーー
種田(向井理)が福永(ユースケ・サンタマリア)の会社を辞めた本当の理由。
それは結衣(吉高由里子)のためだったと言う福永。
彼女と結婚したいから定時に帰れる会社に移りたい、と言っていたらしい。
仕事と私との結婚、どっちが大事なのって聞いた時には仕事だって言ってたのに…。
にわかには信じられない結衣。
「ネットヒーローズに来たのは君とよりを戻したかったんじゃないの?」
星印の納期も早まったことだし、多忙な種田を助けるため、チーフとして定時を1時間後ろにずらしてくれないかな、と残業を強制しようとする福永。
しかし「一人に負担が偏るのは健全ではない。納期を元に戻してくれるように星印に交渉に行く。」と結衣。

チーフだった賤ヶ岳(内田有紀)が家庭の事情で休職することになり、結衣が新チーフとなった星印の案件。磯貝課長になんとかアポを取り付け、納期を元に戻してほしいと頼むと、呆気なく元に戻った。
納期を早めたかった理由がくだらなかった…

種田に「無理しないでください。」と言う結衣。
「別に無理してない、そっちこそ無理すんなよ。」と種田。

 

赤字必至な星印の見積りを強引に通した丸杉常務(岡部たかし)はネットヒーローズを退職するらしい。
驚く福永。
星印の件は赤字が出ないよう福永さんが責任を持って進めてください。と管理部のグロさんこと石黒(木下隆行)。
「残業も月80時間を超えないよう絶対守ってください。」
赤字も出さず、残業もせず、品質も下げないようにするの無理じゃない?ピンチな福永。

f:id:matchadrama:20190616112426p:plain

納期は元に戻ったが、それでもタイト。
とにかく効率重視でみんなが定時で帰れるように精一杯やると結衣。

結衣を懐柔できなかった福永は三谷(シシド・カフカ)に声をかける。
福永に何か言われてバリバリ仕事をし出す三谷。
次に福永は来栖(泉澤祐希)を誘う。
褒められて乗せられ、張り切る来栖。

夜、「ユイユイのチームがファミレスに集まってる、サービス残業してるんじゃないのか?」とグロさんから結衣に電話が。
福永に焚きつけられたみんなが変な方向にやる気に出してしまっているようだ。
実は、牛松(金井勇太)の発注ミスで要件から漏れていた“キャンペーンサイト”を「無償でやってやれ」と福永が種田と結衣以外のみんなに言ったらしい。牛松…
また、ただでさえ忙しい種田と、結婚を控えている結衣には負担をかけたくないと言っているという。
結衣は「みんなをそそのかすのはやめてほしい、そんなので味方を得ても本当の信頼は得られない」、と福永に直接訴えるが、信頼何それ美味しいの?暖簾に腕押し、のらりくらりとかわされる。

キャンペーンサイトの件はみんなにばかり負担はかけられないと、ついに結衣も残業することに。

 

そんな中、星印の広報課長だった磯貝が異動することになったらしい。
納期が迫ってピリピリしたり、明らかに疲れが出ている制作4部のみんな。

休職中の賤ヶ岳に電話する結衣。
「なんかもう全然うまくいかなくって。
みんなギスギスしてるし、結婚の準備も進まないし。みんなに何もしてあげられない。自分が情けない。」と泣く結衣。
「何かをしてあげようって思わなくていい。自分のために、よく食べて寝ること。
愚痴はためずに吐き出すこと。」と励ます賤ヶ岳。
こうなっているのは賤ヶ岳のせいでもあるが…
まぁ、信頼関係があるから連絡できたんだとは思う。

 

上海飯店に来る巧(中丸雄一)。
常連が余計なことを言う。
「この間、酔っ払った東山ちゃん(結衣のこと)をおんぶしてるとこ、見られてたらしいよ~。」
ご存知の通り、おんぶしていたのは種田。
でも結衣は会社に泊まったことは言ったけれど、種田と一緒だったことは巧に言ってません。
おんぶされて会社まで行ったことは覚えてませんでした。

 

星印。
新しい課長の武田曰く、合併を機に馴れ合いをやめることにしたらしい。
サイトの運用もネットヒーローズに任せるという話だったが、他社からも見積もりを取って比較した上で発注すると言い出す。
ベイシック・オンに声をかけているらしい。
運用までやることでやっと黒字になるという計算だったのに、運用を取られたら確実に赤字である。

星印を出たところで巧と巧の先輩・吉住に会う。
「お手柔らかにお願いしますね。」と吉住。
(巧は結衣のいるネットヒーローズのライバル会社、ベイシック・オンの社員だよ。)

連日の無理がたたって倒れる来栖。
今日はもうこのまま帰って睡眠をとって、と言う結衣に、「僕だって役に立ちたい!」と聞かない来栖。
種田みたいになりたいらしい。
種田の働き方を真似したらダメだと結衣。
「付き合ってたんでしょう?見てればわかる。
なんだかんだ種田さんは頼りになるって思ってませんか。」
帰って寝ろと言っているのに、「ここで頑張らないと」と会社に戻る来栖。
無理して倒れることが頑張ることじゃないのに…

 

巧と映画の約束をしていたけれど、残業で行けなくなった結衣。
納期終わるまで約束入れちゃだめだって。
チケットを取ってしまっていたけど、気を遣ってまだ取ってないと結衣に伝えたことを聞いていた吉住は、「私、付き合ってあげよっか?」と…。

22時頃まで残業している結衣。
もう帰れ、と種田。
帰っても巧がいない。
柊(種田の弟・桜田通)からメールが。
星印の新しい広報課長・武田は、元々は優秀なエンジニアだったらしい。ウェブに精通しているから手強いかもしれないと。

福永にそそのかされた来栖が、種田みたいな無茶な働き方をしていると柊にこぼす結衣。
「その後輩に会ってみたい。」と言う柊。

 

来栖を連れて種田の実家に行く結衣。
休みの日くらい休ませたれよ、と思わなくもない…
結衣と来栖が柊の部屋に上がったあと、種田もやって来る。

一年前に勤めていた会社を辞めたと言う柊。
研修もなくいきなり飛び込み営業に出され、毎日上司に怒鳴られて。
そんな時、兄が実家に来た。
眠れないと悩む柊に、「寝なくても死なない、死ぬ気でやれば必ず乗り越えらえる」と言った種田。
次の日、楽になりたくて電車に飛び込もうとしたけどできなかった。
ギリギリのところで思いとどまったのは、結衣が初めて種田の実家に来た時、お酒を飲みすぎて次の日仕事を休んだことを思い出したからだった。
「ずる休み、たまにはいいよね。」

f:id:matchadrama:20190616121221p:plain
世の中にこんなに簡単に仕事を休む人がいるのかと驚いた柊。
僕も休んでもいいのかなって。死ぬのはやめて少し休もうって。
来栖さん、兄みたいに働いたら必ず認めてもらえるって無理してるんじゃないですか?
兄には仕事しかない。それって幸せなことなんでしょうか?」
種田が前にいた会社(福永の会社だよね)では、社員が何人も倒れた。体や心を壊していまだに社会復帰できない人もいる。
彼らは弱いから壊れたんじゃない、無理して働き続けたら誰にでも起こることなんだ…。
「私は教育係として来栖くんを守りたい。
自分で思っているよりもずっと疲れてるんだよ。」と結衣も言う。
「少し考えてみます。僕なんかのためにありがとうございます。」と言う来栖。
柊と結衣の言葉は来栖の心に届いたかな…。

部屋の外で聞いていた種田は「結衣がいてくれて良かった」とお礼を言う。
柊があんな風に考えていたなんて知らなかった、と。
福永から聞いた、種田が福永の会社を辞めた本当の理由を確かめる結衣。
定時で帰れる会社に移りたくて寝ないで働いていたって…
だいぶ話盛ってるよ、それ、と言う種田。
知らなくてひどいことを言ってごめんなさいと謝る結衣に、
「やっぱりこの会社に来るべきじゃなかったのかもしれないな…」と種田。

 

結衣が家に帰ると、荷物をまとめた巧が「しばらく実家に泊まる」と言い出す。
やっぱり結衣とは結婚できない、と…

ーーーー

 

はいー?
吉住と何があったー?!
帰らなかった夜に種田といたのかもしれないと思うなら、まず結衣に聞いてみなよ~。
いきなり「実家に帰る」「結婚できない」って意味がわからないよね…。
巧って意見が食い違って結衣が微妙な反応していても全然気づかないで自分の考えごり押しだし、同僚女子の適当な発言を真に受けちゃうし(前回ね)、結衣は別れて種田とよりを戻した方が幸せになれると思うよ…。

種田も最後ちょっと可哀想だった。
励ましたつもりの言葉が弟を追い詰めていたなんて。
しかも「兄には仕事しかない。それって幸せなことなんでしょうか」なんて言われちゃって…。
そんなのは余計なお世話だと思うが。
しかしね、柊は真面目すぎるよね。
悪いことではないけれど、「世の中にこんなに簡単に仕事を休む人がいるんだ」って驚いたってさ。
結衣が毎週のようにずる休みしてるならアレだけど、たまには「体調が悪い」って二日酔いで休んだっていいと思うよ。
それよりも彼氏(婚約者)の実家で二日酔いになるまで飲みすぎたことにドン引きだけどな…。

来栖は、柊みたいに生真面目だから頑張りすぎたというよりは、福永におだてられておだっちゃった子供みたいなね。
がんばれ。

 

 

わたし、定時で帰ります。 (新潮文庫)

わたし、定時で帰ります。 (新潮文庫)

 


ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村