抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

俺のスカート、どこ行った? 9話 あらすじと感想

 

俺のスカート、どこ行った? 9話 ネタバレありのあらすじと感想です。

f:id:matchadrama:20190619213011j:plain


ーーーー
矢野先生(小市慢太郎)によってボクシングのときの動画がネットにアップされ、
「傷を負っている生徒を押さえつけているように見える」 
と、原田(古田新太)がニュースで大きく取り上げられてしまう。

f:id:matchadrama:20190619212413p:plain

寺尾校長(いとうせいこう)と長井先生(松下奈緒)に事情を説明する原田。
「あれは明智(永瀬廉)が私を殴ったあとなの。
私が明智を押さえ込んでいるように上手に切り取ったんじゃないかしら。」

原田の無実は信じるが、学校として対策は取らなければならない、と校長。
既にマスコミからの取材も殺到しているため、しばらく謹慎することになった原田。
バカンスの間、の病院に行くらしい。

 

動画の件はクラスでも話題になっている。
教室に入ってくる副担任の田中(桐山漣)。
原田が謹慎になったことを伝え、原田からみんなへのメッセージを読み上げる。
「いや~ん バカンス」

f:id:matchadrama:20190619204656p:plain以上。


学校に群がるマスコミ。
「生徒には取材に答えないよう周知してほしい」と先生方に伝える長井先生。
今回のことは原田にも非はあるとはいえ、明智を守るためにやったこと。
「原田先生には現在謹慎をお願いしていますが、いずれは復帰してもらう…」と言いかけたところで矢野先生が異議を唱える。
「謹慎だけして復帰するというのは世間が納得するんでしょうかね…。」
「責任を持って説明する。」と校長。

 

会見を開く校長と長井先生。
その場で校長が「責任を取って辞任する」と発表する。
原田の女装やゲイについての質問が相次ぐが、長井先生が“本件とは関係のない質問”と片付けて会見は終了。

「校長だけでいいんですかねぇ。世間が納得するかどうか…。」と矢野。しつこい。

 

ネットに動画をあげた人物を探して訂正させたい、と相談する生徒たち。

 

先生方に辞任の挨拶をする校長。
「こんな形で学校を去るのは不本意ですが、学校の今後は矢野先生、よろしくお願いします。

長井先生を呼び出す矢野。
原田にも辞めてもらわないと保護者に示しがつかないのではないかと、
退職勧奨同意書
を長井先生に渡す。
「原田先生に話しておいてもらえますか?クビではなく、自らね。
校長のように。と…」

 

動画のアングルに文句を言いながらニュースを見ている原田。
外は雨。
やりたいことノートを開く。
・教え子に卒業証書を渡す
だけ「済」がついていない。

原田の自宅に長井先生が訪ねてくる。
普通のおじさんみたいな原田を見て、
「あっ、家ではそういう格好なんですね。」
「あれは戦闘服だからな。」
それはさておき、校長が辞めることも、原田が辞めさせられそうになっていることにも納得が行かない、と言う長井先生。
原田が教師になりたかった理由を尋ねる。
過去なんて振り返りたくない、と言う原田だが、全日本ギャン泣きスペクタクルなそのエピソードを話し始める…

ーそれは40年前、のぶおが中学生の時。
女子から手紙をもらって友達に冷やかされるのぶお。
告白されて断ったところを陸上部の顧問だった松坂先生に見られていた。
「ヒューヒューだよ!」とひやかす松坂先生。
「ヒューヒューだよ!」って言ってたんですか?と反応する長井先生w
牧瀬里穂より先だったらしいw
個人的には「ヒューヒュー」といえば朋ちゃんです。

最初は先生のことを好きだなんて思っていなかったが、ケガで陸上ができなくなったのぶおに熱心に色々と他のことを勧めてくれた松坂先生は、いつの間にかのぶおの心の中に椅子を作って座っていた。
でも、まだ10代だったのぶおの中には、その気持ちを否定したい自分もいた。
椅子から追い出すために、先生に思いを伝えたらしいのぶお。
先生はのぶおの思いには応えられないと言ったが、真摯に対応してくれた。
のぶおはのぶおのまま、自分の生きたいように生きればいい。
男が好きなら男が好きでいい。好きって気持ちを否定することはない。

それからしばらくして、原田が27~8歳の頃。
松坂先生が死んだ。
最後にお礼が言いたくて先生の自宅へ行き、“死ぬ前に為すべき事”と書かれたノートを見せてもらう。
・生徒は必ず卒業させる
の項目だけ「済」の印がない。
松坂先生の妻は「そりゃそうですよね。教師を続けていたらずーっと教え子は増えて行くばかりなんだから…」と笑っていた。

それで教師になった。
自分と同じように悩んでいる若い子がいるんじゃないか、
先生からもらったもの伝えた方がいいんじゃないか、と思った。
先生がやり残したことをやりたかったのかな…。

しかし男性と付き合っていることが生徒にバレ、
黒板に 男LOVE 変態教師 と書かれ、冷たい目で見られる原田。ひどい…。
当時はゲイに対する風当たりも強く、原田は必死でゲイではないフリをした。
それはつまり、レズビアンの親友と相談して偽装結婚をした。
松坂先生が教えてくれた「自分が好きなものを信じる」という気持ちをないがしろにしてしまった。
でももう一回自分らしく生きたいと思い、施設から養子をもらった。
それが糸ちゃん(片山友希)だ。

それからお店を開いてやっていたら病気が発覚。
余命いくつかと言われたら、もう一度先生をやりたくなった。
結婚していたレズビアンの親友は8年前に亡くなったらしい。
血がつながっていようがつながってなかろうが、家族は家族だ、と言う原田。

「話していただいてありがとうございました。」と帰ろうとする長井先生に、
「クビにしに来たんじゃないの?もしくは退職届。書くよ。」と原田。

辞めさせません!
原田先生が目標を達成するまでは絶対に辞めさせません!
それが私の目標になったからです!

世間に事実を説明する、と言う長井先生に、
事実も何も関係ない、ゲイで女装家の教師が人を殴ったという事実に世間は怒っている。切りやすい悪をとにかくその正義で切りまくるのが大好きなんだと言う原田。
「正義の剣は何でも切っていいわけじゃないんです。
第一、正義は剣ではない!盾です!」
身体を大事にして待っていてください、と言って帰っていく長井先生。
雨の中、退職勧奨同意書をくしゃくしゃに丸めてゴミ箱に捨てる。

 

校長の椅子に座る矢野。

f:id:matchadrama:20190619211246p:plain

その頃、動画を見て何かに気づく生徒。
画面のコントラストを下げると、何かに反射してぼんやりと矢野が写っている…
初心者にありがちな映り込みミスw

 

職員室で先生方を集める長井先生。
そこへ「動画を撮ったのは矢野だ」と生徒たちが伝えに来る。
校長を辞任させて自分が校長になるために原田先生を利用したってこと…?とざわつく職員室。
原田を辞めさせたくない、と言う生徒たちに
「校長先生と原田先生、二人の処分の撤回を求めるには、マスコミに事情を説明して、この処分が本当にふさわしいかどうか署名を集めたい。
そのためには明智くんからも事実を話してもらわないといけません。」と長井先生。
校長は明智のことを思って経緯を話すことをためらっていた。
本当のことを全部話す、と明智。
正義というものは振りかざして相手を傷つけるためにあるものではない。
一致団結するみんな。

 

マスコミの前に出て行く明智。

 

校長室で
“被害者の生徒が緊急記者会見を開いた”
というニュースを見る矢野。

 

明智が本当のことを話し出す。
「あの映像は原田先生が僕を押さえ付けているものではありません。
僕が先生を殴ったんです。」
父に暴力を振るわれ、家を出た母が自分に置いていったお金を父が返せと言ってきたこと、そのために学校を辞めて働こうとしていたこと、それを止めてくれたのが原田だったことを冷静に話す明智。
さらに
「何度も言いますが、僕は一度も殴られていません。
拡散された動画は上手に切り取られたというか、印象操作です。
真実ではない、切り取った一部のフィクションで原田先生と校長が辞めることはおかしいと思っています。
僕たちは原田先生と校長が辞めることが本当にふさわしいのかどうか、処分撤回を求める署名活動を始めました。
どうかご協力お願いします。」
明智、スピーチの才能あるよね。
高校生とは思えないほど堂々と、理路整然と話していておばちゃんはびっくりしました。

 

署名を集める生徒たち。

明智の会見を見ていた原田。

 

集めた署名を矢野に突きつけるみんな。
「お二人に復帰のお願いをしてもいいですよね?」と長井先生。
「はい…」
「それからあの動画をネットに上げたのも矢野先生だったんですよね?
なぜ原田先生を陥れたかったんですか?」
矢野は別に校長になりたかったわけではないらしい。
若林を飛び降りさせたときから、何か問題を起こすと思って原田を監視していた。
いつか校長が責任を取るはめになると。
真面目にやってきた自分を無能扱いする校長が気に入らなかった。
校長が困ればいいと思って軽い気持ちでやった、とうなだれる矢野。
ありえない、くだらない理由に開いた口がふさがりません!

f:id:matchadrama:20190619212050p:plain


めでたく教師復帰が決まり、戦闘服に着替える原田。
スカートがなくて探しまくる。
校長も無事復帰。

のぶおが復帰して喜ぶ生徒たち。
しかし、
「帰ってきて一発目で何なんですけど…
原田のぶお、学校辞めます!
と宣言する原田。
卒業式もやりたいことの一つだったけど、やりたいことを今やっておこうと思ったらしい…。
「引き留める~って感じ?」と言う原田に
「とめねえよ。やりたいことあるならやればいいんじゃねぇの?」と明智。
言い方がかっこいい~ 

ーーーー

 

原田が「生徒を卒業させる」以上にやりたいこと…
そんなの思い浮かばないよね。ということは…

原田が最初に教師になった頃って、「エイズ」が話題になった頃なのかな。
今でこそ感染経路は他にもあって、早期治療で予後が改善されてきていることも知られるようになっているけど(え、知られてない?)、当時はエイズ=同性愛者・死ぬ病気のイメージが強くて、確かに偏見は大きかった気がする。
全日本ギャン泣きスペクタクルとまではいかないけど、原田が辛い時代を過ごしてきたことはわかった。
LGBTの人たちにとっては今よりずっと生きにくい世の中だったんだね。

とはいえ、今でもゲイで女装家の教師が生徒に暴力をふるっているような動画が拡散されたとしたら、やっぱり大きな騒ぎになると思うわ。
普通の教師が暴力をふるうよりも。

だからと言って
「正義は振りかざして人を傷つけるためにあるのではない」
「正義の剣は何でも切っていいわけじゃない、そもそも正義は剣ではなく盾」
長井先生良い事言う。

『デジタル・タトゥー』でも、『向かいのバズる家族』でも、あと『3年A組』でも同じようなこと言っていたよね。
今のこのネット時代のテーマなのかな。
誰でも簡単に自分の正義を全世界に向けて振りかざせるようになった。
Twitterとか見ているとよくわかるよね。
議論するのは悪いことではないけれど。
議論と攻撃をはき違えないように気をつけなければといけない。
日本人は苦手な人多そう。私もだけど。 

次回、最終回。
号泣する自信があります。

 

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [Blu-ray BOX]

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [Blu-ray BOX]

 

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村