抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

インハンド 10話 あらすじと感想

 

インハンド 10話 ネタバレありのあらすじと感想です。

f:id:matchadrama:20190621135328j:plain

ーーーー

「フューチャー・ジーン メディカルセンタープロジェクト」

フューチャー・ジーンの福山(時任三郎)は、天然痘ウイルスやエボラウイルスなど最も危険とされる病原体の研究を行うことができる、バイオセーフティレベル4(BSL4)の施設を建設しようとしていた。

栃木県相羽村に施設を建設する」と会見で発表する福山。
この件には厚労省の瀬川(利重剛)だけでなく、栃木に地盤のある厚労大臣の金子(内場勝則)も一枚噛んでいる。

瀬川に呼ばれ、この施設の副センター長として招聘したいと打診される紐倉(山下智久)
それには、現在アドバイザーを務めているサイエンス・メディカル対策室(SM対策室)を辞めることが条件だと言う。
「いつかBSL4の施設をつくる」という入谷(松下優也)との約束を思い出す紐倉。

厚労省で紐倉を見かけ、「どうして瀬川と…?」と訝しがる牧野(菜々緒)。

 

 


相羽村。
畑の人参を盗んでいった猿に引っ掻かれ、軽傷を負う村人・実喜男(中本賢)。

 

一方、高家(濱田岳)の里帰りについて相羽村にやって来た紐倉。
施設建設に反対する看板がいたるところに設置してある。
「そりゃ誰だって家の周りで危険なウイルス扱われたら嫌だろう」と言う高家に、
「だから僕は無人島を買おうとしてるんだ。」と紐倉。
無人島もなかなか非現実的だけどね…。

 

相羽村役場。
施設建設に反対するデモを行う住民たち。
住民の意見を無視して話が進んでいることに憤りを感じている若者・棚橋(平岡祐太)がテレビの取材を受けている。
そこへ割って入る紐倉。
「日本の未来を考えればBSL4は確かにプラスだ。
だが近くに住む人間には住環境を守る権利がある。
要するに無人島が一番だってことだ。」
無人島推しな通りすがりの天才。

 

棚橋は高家の幼馴染だった。
猿に引っ掻かれたおじさん・実喜男の娘で、役場職員の美園(石橋杏奈)も。
紐倉によると、美園は高家が寝言で言っていた名前らしい。

 

SM対策室。
すぐ電話を折り返すよう紐倉の留守電に残す牧野。

フューチャー・ジーンと厚労が共同で作成したBSL4建設予定地の報告書を見ると、県が作成したハザードマップにも載っている、以前大雨で地崩れを起こした場所に建設しようとしていることが発覚する。
これは明らかな法令違反。
データ改ざんの証拠でもつかめれば、瀬川と金子の不正を暴けるかもしれない。

紐倉と瀬川、福山を厚労省で見かけたことを室長の網野(光石研)に報告する牧野。
実は前から手柄をいつも厚労に持っていかれることに納得がいっていなかった網野。
内通者がいるのでは…と。
「まさか紐倉博士が?あいつは世界一自己中で性格も最低だけど、そんな姑息なマネは絶対しない人間です。」と牧野。ほめてるのかけなしてるのかw

テレビのインタビュー映像で紐倉が相羽村にいることを知る牧野。

 

美園はBSL4の施設建設に賛成らしい。
「ウイルスが漏れ出すなんて滅多にないでしょ?」
それよりも、人もお金もないこの村が存続できるかどうかの方が大事だと思う、と。
「棚橋とはどうなったの?結婚」と美園に聞く高家。
今はそれどころじゃない、と美園。
棚橋は青年会の会長で、反対派を取りまとめているらしい。
それで最近は会えばケンカばっかしていると…

「副センター長の件、明日そっちに行くから答えを聞かせてくれ。」と福山から紐倉に電話が入る。

 

高家の実家に泊まる紐倉。
高家の母・良子(宮崎美子)とイイ感じな紐倉。
「明日から良子って呼ぼう…」

良子によると、村唯一の病院である相羽病院は、陽子先生(市毛良枝)が入院中のため、隣町から藤川(田窪一世)という医師が来てくれているらしい。
しかし週3回しか来られないので、混雑がひどいようだ。
「明日行ってみる。」と高家。


「新太(磯村勇斗)と連絡がとれない」と秘書から報告を受ける福山。
マンションも引越したらしい…。新太は福山の息子で、科学者だよ。

 

夜。
何か裏で動いているらしい棚橋。
慌てた様子で誰かに「早くしねえと建設が始まっちまうだろ!」と言っている。
地面にはコウモリの死骸…。

f:id:matchadrama:20190621151601p:plain可哀想…
 

家で寝込んでいる美園の父・実喜男。
激しく咳き込んでいる。
心配しつつも仕事に出かける美園。

高台から相羽村を眺める紐倉と高家。
「子供の頃からお気に入りの場所なんだ。」という高家に
「ここで暮らすのも悪くないな…。」と紐倉。

 

相羽村の村長をを訪れる牧野。
目立った産業も有力な観光資源もない相羽村にとって、センターの誘致は願ったりかなったりだと言う。
牧野は「誘致を止めたいわけではない。でもハザードマップに載っている情報すら反映されていない、安全の担保もできていないのに強引に事を進めるのはおかしいんじゃないか…」と言うが、
「東京の人にはわからない、この村が生き残るにはこうするしかない。」と村長。

「協力したい。」と、役場を出た牧野を追いかけてきた美園。
「不正が行われていた上に安全まで疑わしいなんて知りませんでした。」

 

高家が持ってきたおみやげの饅頭を実喜男に届けに来た良子。
激しく咳き込む実喜男に、病院に行くように言う。

大混雑している相羽病院。
医師の藤川が一人で診察している。県に応援の医師を要請しているが、来ないらしい。
病院にやって来た実喜男。
咳とともにしゃっくりもしている。
今日中に診てもらうのは無理だな…と辛そうにしている実喜男を見て、診療を手伝うことにする高家。
実喜男を風邪だと診断する藤川。
相羽病院、陽子先生が一人でやってたにしては大きいよね。入院施設もあるし、休みがなくて過労で倒れちゃうよ…。

 

建設予定地である廃校になった小学校で待っていた福山。
紐倉に「副センター長の話を受けるかどうか返事を聞かせてほしい。」と言う。
断る紐倉。
副センター長になるにはSM対策室のアドバイザーを辞任しないといけないが、放っておけない人間が周りにたくさんいると。
「僕なんかよりもっとふさわしい人間があなたのそばにいるじゃないですか。」と、新太のことを言うが、
「新太には務まらない。」と言う福山。
「どうしてそんなに急いでるんですか?」と聞く紐倉に、福山は「もう若くない。時間が惜しいんだ。」と答える。

 

病院の帰り、バスの中で激しく咳き込む実喜男。
吐血して倒れてしまう。

 

SM対策室でもBSL4の建設予定地を調査することになったと、現地にやって来た牧野。
小学校で紐倉に会う。
「フューチャー・ジーンに誘われたが断った。」と言う紐倉。
地面に転がるコウモリの死骸。出血している。
そこへ、牧野と一緒に来ていた美園に、実喜男が血を吐いて倒れたと連絡が入る。
相羽病院に運ばれる実喜男。
美園も病院に駆けつけ、父に近寄ろうとするが、
「お父さんは何かの感染症かもしれない。」と高家に止められる。
実喜男は既に亡くなっていた。泣き崩れる美園。

しゃっくりは内出血の兆候。高熱も出ていた。
エボラかもしれない…
と紐倉。

二次感染を食い止めないと大変なことになる。

「あれはただのエボラじゃない。人工的に感染力も殺傷力も増幅させた新型のエボラウイルスだ。あのウイルスは軍によって開発された生物兵器だ…」
入谷の言葉がよみがえる。
 

 

相羽保育園。
娘を迎えに来た父親が咳き込んでいる。
彼は実喜男が乗っていたバスの運転手で、吐血したみきおを介抱していた。
パパに元気あげる、と頬ににキスする娘…。

 

相羽病院では隔離病棟を作り、高家も含むスタッフは防護服を着て準備を整えている。
藤川先生も咳き込んでいる…

接触者病棟に入院している美園。

 

その頃、バスの防犯カメラを確認する牧野と紐倉。
接触した人間は感染している可能性が高い。
倒れた実喜男を介抱していた“栃木中央新報”と書かれた服を着ている男を追うことに。
「金子大臣が村長と会うことになっているから、記者ならそこにいるはず…」と牧野。
案の定、栃木中央新報のその男・増本は役場にいた。
咳き込んで倒れる増本。
駆けつけた牧野と紐倉。
「彼はエボラ出血熱の疑いがあります。」
血を吐く増本。大混乱に陥る役場。
ロビーでは職員が血を吐く姿も。
その光景を見て震えが止まらない牧野。

 

福山を問い詰める紐倉。
「お前の想像通りだよ。これは5年前、入谷の研究室から俺が持ち出した新型エボラだ。入谷の死を無駄にしたくなかった。あいつの遺志を継いでやりたかった。新型エボラが生物兵器として使用されるのを見過ごすわけにはいかないだろう。」
しかし研究は行き詰まっていた。若い世代の力を借りようと、新太を誘った。
新太を自分の後継者に育てるため、全てを見せようと瀬川との面会にも連れて行った。
そこで瀬川の言いなりになる父に反発して出て行った新太。
それっきり連絡が取れていないらしい。
まさかウイルスは新太が…
「自分たちの手で抗ウイルス剤を作ろうとしたんだろう。」と福山。

紐倉が去ったあと、咳き込んでいる。
手の平には血が…。

 

このエボラはただのエボラではないと牧野に報告する紐倉。
接触感染だけでなく、飛沫感染もする。
通常のエボラには咳の症状はないが、感染初期に咳が出るようにゲノムが改変されているらしい。なにそれすごい…。
今すぐ相羽村を封鎖しろ。
じゃないと日本中に感染が広がるぞ!

牧野から報告を受け、危機管理官に報告する網野。
「聞いたよ。大変なことになったね。これから緊急参集会議だよ。」と言う危機管理官。
「聞いたって誰に…」
そこへ現れる瀬川。

 

美園に会いに病院に来た棚橋。
接触者病棟に入ろうとして美園に止められる。
「父さんが死んだの。エボラにかかって。私も感染してっかもしんねえの。
私…妊娠してんの…。ごめんね…。」
突然の衝撃告白。最近はケンカばっかりだったんでねえの?

 

緊急参集会議。
とにかく今は相羽村の対処を決めないと、と官房長官(大森博史)。
「人口1000人の村と1億2000万人の日本そのものと、どちらが大切か答えは明白でしょう。」と言われ、「総理に電話を繋いでくれ…」と苦渋の決断。

相羽村を封鎖することが決まり、村を出るように言われる牧野。
「それから…俺の思った通り、やっぱりこの中に裏切り者がいる。」と網野。
SM対策室の中に厚労の瀬川と通じてる人がいるってこと?誰だ?御子柴(藤森慎吾)か?(適当)

一緒に村を出ようと言う牧野に、自分は残る、と紐倉。
「5年前のけじめをつけないといけない。これは僕たちが蒔いた種なんだ…。
君は外にいてくれ。君にしかできないことが絶対にある。」

相羽村を全面封鎖する、と会見で発表する官房長官。
20時30分、封鎖される相羽村。
ギリギリで出て行く牧野。

 

美園を助けてくれと高家に懇願する棚橋。
「俺はとんでもねぇことをした。」と打ち明ける。

棚橋は「BSL4建設を阻止するために実験したいから協力してくれ」と新太から接触を受け、山小屋を提供したらしい。
まさかエボラウイルスを持ち込むなんて考えもしなかった…と。そだよね。

防護服を着て山小屋へ向かう福山と紐倉。
小屋の中には血を吐いて倒れている柏木(夕輝壽太)の姿が…。
柏木は新太の仲間で「科学界のスティーブ・ジョブズになりたい」って言っていた人だよ。

 

ーーーー


これはまだほんの始まりに過ぎないらしい…。

エボラの感染者が最初の一人から爆発的に増えて行く様に牧野と同様身震いした。怖すぎ。
パンデミック映画の冒頭でありそうな…。

実際に日本でエボラが流行する確率は限りなく低いみたいだけど(それこそ新型エボラを故意に持ち込んだりしない限り?)、最近で言うと麻疹なんかは度々流行しそうになっていて怖い。
私は予防接種1回世代だったので、数年前に話題になったときに自費でMRワクチンを打ちましたよ。

エボラも薬の研究は進んでいるみたいだけど、まだ動物実験段階だったり、流行したときに実験的に使ったり、みたいな感じらしい。
ワクチンも治療薬も確立されていない。治療は基本的に対症療法。
感染力が強くて致死率も高い。怖い要素しかない。

で、山小屋には倒れている柏木しかいなかったけど、新太はどこへ??
抗ウイルス薬の開発をしていたんだよね。 
コウモリ→サル→実喜男
って感染したっぽいけど、そもそもウイルスが漏れたのは新太たちのミス?

あ~続きが気になる。

 

 

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

CHANGE(完全生産限定盤)(特典なし)

CHANGE(完全生産限定盤)(特典なし)