抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

あなたの番です 13話 -反撃編- あらすじと感想【横浜流星がかっこ可愛かった回】

あなたの番です 13話 ー反撃編ー ネタバレありのあらすじと感想です。

今回からの新メンバー↓ 

 

  

 

 

あらすじ

袴田吉彦殺しの指名手配犯、外国籍の男二人に拉致されそうになった翔太(田中圭)
たまたまエレベーターで鉢合わせた二階堂(横浜流星)に助けられる
見かけによらずめちゃ強い二階堂。
騒ぎを聞きつけて401号室から出てきた木下あかね(山田真歩)と管理人の蓬田(前原滉)。着衣が乱れている。二人の仲は順調に?発展している模様。
管理人が助けてくれたと勘違いする翔太。
騒ぎを影から見ていた203号室のシンイー(金澤美穂)。
警察沙汰になることを察し、不法滞在中の恋人・クオン(井阪郁巳)を逃す。

 

警察の取調べを受ける指名手配犯の二人。
移管される前に袴田殺しの件についても問い詰める刑事の水城(皆川猿時)。
袴田吉彦が殺された現場に残っていた足跡は3人分。
3人目の足跡は、大きさからして女性のものだと思われるが、捕まった男はシンイーではないと言い張っている。

藤井の取調べ。
翔太が藤井の部屋で見た大量の薬は、シンイーから故郷の村に送りたいと頼まれたものらしい。
それを指名手配犯の二人が取りに来たと説明している。

続いて翔太。
もう埒が明かないと、交換殺人ゲームの話を水城に暴露する。

交換殺人ゲームについて、翔太が知る限りの情報を聞いた水城は神谷(浅香航大)を怒鳴っている。
「このことは自分で上に報告しろよ。全部、正直に。
報告の内容次第で今後お前を信用するかどうか決めさせてもらう。」

 

元304号室の住人・北川澄香(真飛聖)。現住人は二階堂。
ラジオのパーソナリティの仕事をしている。
息子のそら(田中レイ)も一緒。
二人が一緒にビルを出てくるところを影から見つめている榎本総一(荒木飛羽)。

 

翔太の部屋。二階堂と黒島沙和(西野七瀬)がいる。
翔太は藤井の部屋に押し入るという強引なことをしたことについて一応反省はしているものの、今まで強引に事を進めるたびに事件は進展してきた。
自分が殺されるかもしれないという事態になり、菜奈もこんな風に怖かったのか…許せない、と語りだす翔太を遮る二階堂。
「あなたが怒りに任せて向こう見ずな行動に出る、という情報はAIに入力済みなので、別の情報が欲しいです。」超絶ドライw
前にも早苗(木村多江)の部屋で目隠しをされた翔太。
今回その時と似たような状況になったわけだが、あの時聞いた第三者の声に何か心当たりは浮かばなかったか、と言う二階堂。
しかしわからない。少なくとも指名手配犯の二人ではないし、藤井でもない…。

 

部屋から出てきた501号室の佐野(安藤政信)。
管理人の蓬田が声をかけるが、無視して走り去る。
となりの502号室に新しい住民が引っ越してきたのでお知らせしたかったらしい。
新しい住人の南(田中哲司)は、アロハシャツにサンダル姿。
引越しの挨拶にその辺のスーパーで売ってそうなポテトチップスを持ってくるような男。

f:id:matchadrama:20190715185426p:plainマジ?


やっと警察内でも公になった交換殺人ゲーム。
翔太の供述によって作成された
「蔵前マンション住民会参加者による交換殺人ゲーム一覧」
という、ゲーム参加者・書いた紙・引いた紙をまとめたものが捜査員たちに配られる。

 

その頃マンションでは、臨時住民会が開かれていた。
町内会のお祭りに毎年出店していたらしいが、今年も出店するのどうか。「する」っていう選択肢あるのかw
そこへ蓬田がやって来て、502号室の新住民・南をみんなに紹介する。
赤池さんの家…とびっくりする一同。
事件について探ろうとする南だが、記者ではないらしい。本当かわからないけど…。

部屋に戻った田宮(生瀬勝久)。
舞台の本番が3日後に控えているからと、妻が怪しむ中またすぐに出て行く。
田宮に告白してきた女性・東とセリフ合わせをするらしい。

 

「毎回鍋…」と翔太の手料理に文句を言いながらも素直に食べるようになった二階堂。
沙和に関して気になることがあると言う。
他人のにおいに敏感な二階堂だが、沙和のにおいは気にならないらしい。
それは…だと言う翔太。
においは本能。
解散したあと、菜奈を思い出し、菜奈がいなくなってから開けることができなくなったクローゼットの前で「会いたいよ」を熱唱。(BGMです)
そこへ田宮が舞台のチケットを持って訪ねて来る。


指名手配犯二人が捕まり、3人目の実行犯として疑われていたシンイーだったが、アリバイが成立したため取り調べから戻ってくる。
袴田殺しは、脅されていたシンイーを助けるため、シンイーに世話になっている居候たちが勝手にやったことらしい。

 

田宮の劇団の公演を観に行く翔太。
観客はまばら。
バイトリーダーとして異次元の芝居を披露する田宮。
完全に『バイトリーダー物語』だったけど、舞台のタイトルは『別れのラプソディー』だったw
終演後、田宮にサインをもらいに行く翔太。
本題、田宮が設置していた防犯カメラの映像を見せてほしいと頼むが、「何も映っていなかった」と、はぐらかされてしまう。


捜査会議の後、「一番弱そうなところから攻めてみるか」と、藤井を呼び出す水城。
案の定ごまかしきれないと悟った藤井は、洗濯機の中に山際の首があったことを打ち明ける。その後慌てて部屋を飛び出し、戻って来た時にはすでに首はなくなっていたことも。その時、部屋には鍵がかかっていた。
どうやって藤井の部屋に侵入して頭部を回収したか…
榎本正志(阪田マサノブ)と早苗がマスターキーを使っていたことを思い出す神谷。
その時、別の刑事が入ってきて、藤井が殺したとされる田中政雄の死亡時刻には、藤井にはアリバイがあったことを報告する。
藤井は夜間診療の当番日で、救急の患者を診察していたことになっているらしい。

釈放された藤井は病院でカルテを確認。
「やっぱり…俺が診察してることになってる」
身に覚えのないアリバイに怯える藤井。
そこへやって来た看護師の桜木るり(筧美和子)
実はカルテを改ざんしたのはるりだったらしい。
「お前があの日何をしていたのか正直に話せ。
ホントは誰かに洗いざらい話してすっきりしたいんだろ?話しちゃお?
当日の出来事をるりに話し始める藤井。
るりのポケットはICレコーダーらしきものが…。

 

スーパーで買い物している北川親子。
お菓子を見に、ひとり母から離れたそらに話しかける総一。
「久しぶり。」
以前402号室でそらが見たのは、やっぱり総一だったらしい。
お菓子売り場にそらがいないことに気づき、血相を変えて探す澄香。
スーパーの入口にいたそら見つけて安堵する。
総一に渡されたと思われる紙をポケットに入れるそら

 

早苗に、どうやって山際の頭部を藤井の洗濯機に入れ、回収したのか聞く水城。
「普通に考えてあなたか、夫の正志さんか、あとは…
それまで黙秘を続けていた早苗が、突然自分がやったと饒舌に語り出す。

 

久住が入院している東京警察病院にやって来た翔太。
そこで柿沼(中尾暢樹)とあいり(大友花恋)に会う。
浮田が、殺される前にちょくちょく久住に会っていたことから、何か知っているのではと、何度か様子を見に来ていたらしい。
久住の唇がかすかに動いているが、誰も気がつかない。

帰り道。浮田が笑顔で亡くなっていたと聞いて食いつく翔太。
菜奈も笑っていた。
そして赤池夫婦も…。

何か手掛かりがあるかもしれないと、赤池夫婦の殺害現場である502号室・南の部屋を訪れる翔太と二階堂。
床にはどす黒いシミ。ルームクリーニングでも落ちなかったらしいが、南は気にならないらしい。
殺風景な部屋にカメラが二台置いてある。
南に赤池幸子(大方斐紗子)の居場所を聞かれ、わからないと答えた翔太だが、南の部屋を出たあと、「明日おばあちゃんに会いに行く」と二階堂に言う。

 

沙和を陰から見ていた男。新たな登場人物。
男に気づいた沙和は、大学にいた二階堂に一緒に帰ってくれるように頼む。

 

翌日、赤家幸子に会いに行く翔太。
404号室の江藤が面倒を見ている。
混乱状態になるから事件の話はダメだと言われたが、江藤が席を外している隙に幸子に話しかける翔太。
ちぐはぐな会話。
「俺のこと覚えてる?」
「一緒なの?」
「菜奈ちゃんのこと?」
「あの子よ。」
目線は合わない。
「どの子?」
「似合ってるって褒めてくれて…」
「誕生日の夜のこと?」
誕生日の夜=事件の日。恐怖に怯え出す幸子。
「ジューーーリアーーー!!」

 

ラジオの仕事をしている北川澄香。
また一緒に来ているそら
総一にもらった紙には
「いっしょにおまつりにいこう」
と書かれていた。

マンションに帰ってきた二階堂と沙和は、総一に会う。
友達のところに行くと言って出て行く総一。

 

「佐野ーーーーーー!!」と叫んで目覚める久住。

 

袴田殺しを思い出している犯人の男。
3人目はやはり女性。
マスクを外したその正体は…看護師の桜木るりだった…

 

 

 

感想(考察はしていないただの感想だよ)

次回予告で生気なく倒れていたのは佐野?
久住が佐野の名前を叫んで目覚めたけど、接点あったっけ。

そしていよいよ事件に関わってきた桜木るり。
最初の方から癖のある感じだったけど、こんなに関わってくるとは思いませんでしたよ。
まさかの袴田吉彦殺しの実行犯。
なんで?
カルテを改ざんしたのは、藤井を釈放させて何があったのか話させるため?
思惑通り藤井は話し出し、るりはそれを録音していた模様。
るりが翔太のジムに通い始めたのも何が目的かまだわからない。

そして304号室から出て行った北川親子もまた絡んできた。
総一がそらに接近している理由は…。
なんか嫌な予感しかしません。
でもこれもミスリードだったりして。
でもでも黙秘していた早苗がしゃべりだした。
山際の頭部を藤井の洗濯機に入れたり出したりしたのは総一なのかな、やっぱり。
早苗が身を挺してでも守りたいのって息子しかいないよね。

二階堂が沙和の「におい」をしきりに気にしていたのも、蓋を開けてみたら「恋」って。事件に関係ないw
翔太の指摘を照れる様子もなくきょとんとした顔で聞いている二階堂が可愛かった。
きょとん顔は深キョン直伝かな(@はじ恋)
文句を言いながらも翔太の作った鍋を食べるようになったシーンも可愛かったし。
でも翔太がいなくなった後は消臭スプレーをするし、「その話はもういい」と感傷的な翔太の話を遮るw
そして冒頭の、めんどくさいと言いつつ翔太を助けるシーンはかっこよかった。
あのシーンはぜひもう一度見なければいけない。

今回は尾野さんがあんまり出てこなくて寂しかった…

浮田、菜奈、赤池夫婦が微笑んで亡くなっていたという奇妙な共通点に気づいた翔太。
どうして微笑んでいたのか全然わからないけど、納得できる理由があるのでしょうか。
特に浮田と赤池夫婦は全然わかんないよ。
亡くなったあと、犯人が笑顔にしてたとかだったら怖すぎて泣く。

黒島沙和を陰から見ていた男も姿を現した。
けど、誰なの?
南もだけど、今から新しい人物出してきて収拾つく?つくの?
南も記者じゃないとしたら誰なの。
好き好んであんな部屋に住むなんて…。
カメラがあったし、心霊研究家(なにそれ)とか…。
人が亡くなっているのに面白がっているような不謹慎な男だし。

そういえば田宮の部下を殺した犯人もまだわかっていない。
紙を引いたのは菜奈なのに、菜奈は殺していない…よね?
無関係なのに本当に気の毒だよ。
それを言うなら山際も袴田吉彦もだけど。
田宮が設置した防犯カメラには何が映っていたんだろう。

でもいよいよ交換殺人ゲームが警察全体の知るところとなり、大きく進展しそうな予感じゃないですか。
あんな一覧表もらっても刑事さんたちも困惑するよね。ナニコレ…って。
でもそれで実際あんなにたくさんの人が短期間に亡くなって、あのマンションに住んでいなくても怖すぎるったらないわ。
全国どころか世界ニュースレベルの出来事だよね。
そして数年後に仰天ニュースで取り上げられる未来まで見える。

というわけで何一つ考察していない単なる感想でした。
来週も楽しみ。

 

 

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村