抹茶のドラマ感想

ネタバレありの詳しいあらすじ&感想です。

偽装不倫 2話 あらすじと感想【さぁ座って、カンパネルラ】

偽装不倫 2話 ネタバレありのあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

あらすじ

姉の秘密

博多旅行から戻った鐘子(杏)。
借りたワンピースに結婚指輪が入っていたこと、そしてそれをホテルに忘れてきてしまったことを葉子(仲間由紀恵)に打ち明ける。
来週の結婚記念日までには指輪がないと困る葉子。

鐘子はホテルに問い合わせるが、部屋にはなかったと言われてしまう。

博多で出会った丈(宮沢氷魚)のことが気になるが、人妻だと嘘をついてしまったし、向こうも人妻だから後腐れなく遊べると思って近づいてきたんだろうと、自分の気持ちを認めない鐘子。
葉子には指輪をなくしたと正直に謝ることにする。


その頃、福岡空港で指輪を見つめている丈。
東京行きのチケットを持っている。

 

翌朝、名古屋出張に行くと二世帯住宅を出て行く葉子。
葉子の夫の賢治(谷原章介)もいた手前、指輪をなくしたことを言い出せなかった鐘子。

ジュエリーショップに結婚指輪を見に行ってみるが、思ったより高かったらしく驚く。
「弁償っていっても弁償するもんでもないし…」
丈が持って行った(良く言えば預かってくれている)可能性もあるため、連絡しようか迷っている。
連絡先は聞かなかったが、SNSとかやっているかも…と、
「ジョー バンノ」
で検索しようとするが、会いたくなってしまうことを懸念してやめる。それより姉の指輪やん?それに私なら「ばんの じょう」で検索するわ…。

店から出た鐘子は、葉子を見かける。
あれ?なんでこんなところにお姉ちゃんが?名古屋出張言うてなかった?
後をつける鐘子。
ホテルへ入っていく葉子。

 

一方、ジョーは東京に到着し、姉・灯里(MEGUMI)のスペイン料理屋へ。
しばらくお店の2階に住まわせてもらうことになったらしい。
博多のお土産を楽しみにしていた灯里だが、買えなかったと言われ、「えー?!何かあるでしょう?」と丈のカバンを漁る。
転がり落ちる指輪。 
「結婚指輪?なんで?」

f:id:matchadrama:20190718124515j:plain


ホテルに入った葉子を追いかける鐘子。
黒いワンピースに着替えて出てきた葉子を目撃する。
バレそうになり、変装用にサングラスを購入。
オープンカフェでピンクの髪の少年(瀬戸利樹)と会っている葉子。
親しげな二人を見た鐘子は不倫を確信
奇声を発して少年に気づかれてしまう。
葉子にも変な走り方をしているところを見られてしまう。

 

その後、派遣会社での面談に来た鐘子だったが、心ここにあらず。
そんな鐘子に葉子からメールが。
「さっきあんた表参道にいたでしょ。変なメガネかけて。
走り方ですぐ鐘子だってわかった。子供の頃とおんなじ変な走り方。
カニみたい。

f:id:matchadrama:20190718124709p:plain確かに手足が長いからカニみたいだったw

あとで説明するから、このこと賢治には言わないで。」

口止め来た~!

派遣仲間の美女・まさ子(田中道子)に、博多でのことを打ち明ける鐘子。
まさ子は「意味わかんない!」と言いつつ、面白がって二人を再会させようとする。
「早くしないとスペインに戻っちゃうよ?
そしたらもう二度と会えないんだよ?
嘘から始まった恋だっていいじゃん!」

 

帰宅した鐘子を賢治が出迎える。
綺麗な和菓子をいただいたらしく、みんなで食べる。
お茶を入れてくれる気の利く賢治。
「葉子は今頃何を食べてるのかしらね?」と母・みき子(朝加真由美)が言うと、タイミング良く「今夜は味噌カツ」と賢治にメールを送ってきた葉子。
「抜かりない…」と鐘子が戦々恐々としていると、葉子から着信が。
思わず
「何であんな完璧なお義兄さんを裏切って…
出張だって嘘ついてホテルで着替えて白昼堂々若い男とオープンカフェでオープンにいちゃいちゃするなんて!

しかもあんな若い…何あれ?!いくつよ!
あんなピンク頭の、学生なのか何なのか、ニートだかユーチューバーだかわかんないような…」
と、おばちゃんみたいにまくし立てる鐘子。
葉子は賢治と離婚する気はないらしい。
来週の結婚記念日までに指輪だけは返して、と電話を切られる。
「お姉ちゃん、最っ低だな…」と鐘子。
義兄のために、姉の家庭を壊さないために指輪を取り戻そうと決意する鐘子。丈に連絡する口実GETだぜ!

 

指輪を取り戻せ!

「ジョー バンノ」と検索。
カメラマンだと言っていた丈は、撮った写真をSNSに載せていた。
新着画像をクリックすると指輪の写真が…。

 

ピンクの髪の少年は風太というらしい。
風太の誕生日を祝っている葉子。
少年に見えるけど、23歳。
一方の葉子は37歳。
一回り以上年上だけど、風太もそこそこ真面目に付き合ってはいるらしい。
葉子といると疲れない、会うと元気になると言っている。
独身のふりをしている葉子。
「結婚っていう制度自体に興味ない」なんて言っている。

 

意を決して丈にメッセージを送る鐘子。

「濱鐘子です。
指輪を預かっていてくれてありがとう。
まだ博多ですか?」

メッセージを見る丈。

そわそわしている鐘子。

返信。
「日曜日、東京で会えますか?」

 

鼻歌を歌いながら服を選んでいる鐘子。
ふと我に帰り「デートじゃないんだから」と自分を戒めるが、メイクをしながらまた勝手に鼻歌が。
再会する二人。
鐘子の胸が高鳴る。
指輪を返す前に、鐘子に東京を案内してほしいと言う丈。
浅草に行きたいというので行ってみると、なぜか外国人の団体にガイドを頼まれる鐘子。なんで?なんで?!めっちゃ親切に説明してるし。ガイド料もらいなよw

外国人ご一行と別れたあと、以前婚活パーティーで会った門野(迫田孝也)という男が声をかけてくる。
「婚活パーティーでお会いした門野です。」
男性といるのに「婚活パーティーで」とか言わないだろ普通。と思ったけど、丈も婚活パーティーで出会った人だと思ったのかな…。それにしてもデリカシーないわー。
「婚活って…」と丈。
バレた?!と焦る鐘子。
「婚活って…何?」
外国暮らしが長いから、婚活が何だか知らなかった丈。セーフ。
しかしここは東京。いつ知り合いに会って嘘がバレるかわからない。
実は独身で婚活中なんて知られたら絶対引かれるし、既婚だって嘘をついていたこと自体、寒い。そう、寒い。
絶対バレたくない。嫌われたくない…。

 

名古屋出張から戻ったていで自宅に帰る葉子。
賢治はお一人様2点のトイレットペーパーを買いたかった両親に付き合ってあげていたらしい。
「こんな時くらいしか役に立てないし…」と謙虚な賢治。

頼まれていた名古屋土産の「しゃちほこサンド」を渡す葉子。
満面の笑みを湛えた賢治。でも…なんか目が笑ってない。
「結婚指輪、どうしたの?最近つけてないみたいだけど。」
「最近出張続きで太っちゃったかな、キツくなっちゃって…。
でも賢治がせっかくいいの買ってくれたから、無理してでもつけようかな。」
「そうだね。明日の結婚記念日ディナーにはつけてほしいな。」
笑顔を崩さない賢治。こわ!モラハラっぽい…。きつくなったって言ってるんだから無理させるなよな!

 

その頃、鐘子は灯里のスペイン料理屋に連れてこられていた。
パエリアの隠し味を当てて灯里に気に入られる鐘子。
ご機嫌でスペイン料理を食べまくっていると、「指輪まだ?」と葉子からメール。
我に返り、丈に切り出す。
指輪は上にある、と2階へ行く二人。
このまま深入りすると二つの危険がある。
嘘がバレる危険と、彼のことを本当に好きになってしまう危険。
指輪を取り戻したらすぐに帰ろう…。

2階へ行く二人を見て「いいんですか?」と少しジェラシーを覗かせるアルバイトの恵梨香(夏子)。
「いいんじゃない?もう大人だし。悪いことしてるわけじゃ…」と言いかけて、ふと指輪のことを思い出す灯里。

 

壁一面の風景写真に目を見張る鐘子。声をかける丈。
「さぁ座って、カンパネルラ。」笑うわ。
『銀河鉄道の夜』を読み、カンパネルラ=鐘に気づいたらしい。

ダメだ。好きだ。私、この人が好きだ。
「カンパネルラ」って呼ばれて引かないあたり、完全に恋しちゃってるよね。
鐘子は今までの婚活でこんな気持ちになったことはなかったらしい。
正直にならなきゃいい人に出会えないと思って、婚活シートには一つも嘘を書かなかった。
でも勢いで嘘をついたら、私というつまらない人間に「既婚」というタグが一つついた。
それだけで私は危険でミステリアスで情熱的な女になった。
「私、恋できるんだ。」

しかし指輪を受け取ったらすぐに帰るという鐘子。
そうだよね、旦那さんが待ってるんだよね。
突然「旦那さんの写真が見たい」と言い出す丈。
困った鐘子は、ダメだダメだと思いつつ賢治の写真を見せてしまう。なんでやねーん!
二世帯住宅を新築したときに記念に撮った家族写真。賢治の部分だけを拡大して見せているw
「素敵な人だね…」と指輪を返す丈。
鐘子が部屋を出て行ったあと、苦しそうに椅子に座り込む…。

 

 


感想

え、丈…。
病抱えてる系なのかな。まさかのシリアスな展開になっていくの?
いやいや東村アキコに限ってそれは…。

今回の鐘子のセリフ。
「全く何のときめきもない相手にサラダを取り分ける時の、あの頭がグラグラする感じ。私はあれが嫌で婚活をやめた。」
これわかるな。苦痛でしかないよね。
逆に率先して取り分けてくれる男性もあざとくていやだなーって思っているw
そういう時に張り切る人って釣った魚にはエサをやらないタイプかもしれないでしょ?
普段から自分で動いてる人って押しつけがましくなく、自然にできるんだよね。
そういうのを見ると、素敵だなって思うよ。

で、今回は葉子の秘密の不倫。
相手がまた意外すぎますて。
ピンクの髪のボクサーって。
夫が大人で普通の人だから、正反対のタイプに惹かれたのかと思いきや、完璧かと思われた夫の賢治も、本性がちらりと見えました。 
笑顔で人を追い詰めるタイプ。
周りに訴えても「あんな良い人がそんなことするわけない」と言われて、ますます追い詰められるやつ。
二世帯とはいえ、一緒に住んでいる両親や鐘子でさえ、賢治の裏の顔には気づいていないもん。
そんな夫から精神的に逃れるための不倫なんだな。

それにしても、独身のフリをして風太をだましているなんて最低、と思ったけど、賢治にバレたときのことを考えると、風太は葉子が既婚だということを知らないので、賢治は風太に慰謝料を請求できない可能性が高い。
葉子はそこまで考えてのあの発言だったのかなと思うのは考えすぎ?

「さぁ座って、カンパネルラ」の破壊力。
いいな、と思っている人以外に言われたら鳥肌立って全力で逃げ出したくなるやつ。
いいなと思っている人でも笑うわ。
外国暮らしが長いイケメン(丈)でギリ耐えられる。

あとどう見てもデート中の男女にいきなりガイドを頼み出す非常識な外国人観光客。しかも団体。
鐘子が日本文化に造詣が深く、性格も良い女性だということを表現したかったの?
普通にありえなさすぎて笑った。

そして鐘子の派遣仲間のまさ子。
めっちゃ美女なのに婚活でモテないとか。まぁ鐘子もだけど。
婚活しなくても派遣先の、顔か仕事の能力に自信を持ってそうな男性からモテそうだけどな。まさ子の好みがどんな人なのか気になる。

丈の体調と、葉子が陰で賢治に虐げられていないかが心配。
次回も気になる。

matchadress.com

 

ランキングに参加しています↓ 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村