抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で 4話のあらすじと感想【ネタバレあり】奈未のキャラがイラつく

『MIYAVI』の創刊号が発売になり、自分がファッション業界の最先端で働いていることに酔ってしまった奈未(上白石萌音)は、急に攻めた格好で出勤。こういうのは「編アシデビュー」と言ってよくあることらしい。

同僚の子たちに「何その恰好、罰ゲーム?」って言われてたけど、言ってきた子たちの服装も言うほどオシャレだった?奈未のファッションと並んでも、そう変わらないように見えた私はファッション業界では働けないわ。

 

 

 

奈未が麗子(菜々緒)に言われた差し入れ(チーズテリーヌ)じゃなくて自分で勝手にセレクトした芋ようかんを先方に持って行き、それを報告もしていなかったところに若干イラっとしました。

しかし結果的に奈未の判断は間違っていなくて、先方には芋ようかんが好評だったらしい。

担当者の好みを知った上でのセレクトだったようです。それなら事前に菜々緒に相談していれば良かったのに。注意されてふてくされるのも良くないし、担当者の好みだってことをまず説明すればいいのに。なぜ芋ようかんの味を先に説明しちゃったの。

このあと、麗子はこの先方への差し入れは芋ようかんに変更したそうです。

ところでチーズテリーヌってなんなの?

 

めっちゃ美味しそうなんだけど~。チーズケーキとは、違うのかな…(困惑)

 

 

雑用ではなくて、ファッションに携わる編集の仕事がしたくなっちゃった奈未。(図々しい)

先輩たちにJIMMY CHOOのパーティーに連れて行ってもらえることに。

当たり前のことではありますが、これでもかとばかりにJIMMY CHOOの商品が散りばめられていましたね。

こちらで是非チェック↓

matchadress.com

 

 

パーティーでは偶然健ちゃんに再会。

健ちゃんめっちゃ最低野郎じゃん!

婚約者がいるにもかかわらず、奈未を2番手にしようと強引に連れ去ろうとしているところに、潤之介(玉森裕太)登場。

「俺彼氏なんで。俺の一番を二番にするとかありえないから」

ファン絶叫の台詞を吐いてスローモーションで屋上へ出る二人w

 

そのパーティには、ファッション業界のトップに君臨するというジンコ・ウエクサ(高岡早紀)の姿が。

なんとジンコは麗子の元上司だそうで。

着物を艶やかに着こなしてJIMMY CHOOの靴を眺める姿が素敵だったわぁ。しかし名前、どうにかならなかったんだろうか。ジンコウエクサってなんか。なんか…。(なんだよ)

 

そんなオーラバンバンのジンコウエクサを遠巻きに見つめる麻美(高橋メアリージュン・お笑い要員みたいな立ち位置になっちゃってるけど、一応雑誌『ZEAL』の編集長)に、下っ端雑用係の奈未が放った一言。

「いいんですか?いつもみたいにしゃしゃり出ていかなくて」

www

めっちゃ失礼なこと言われてるのに、メアリージュンも特に気にしてないし。いいコンビだよねこの二人。

 

そして、ジンコと麗子が久しぶりの再会を果たし、会話に花を咲かせているところにしゃしゃり出ていったのはなんと奈未の方であった…。

「鈴木!シー!」って麗子にやられてるのほんと、もうペットか幼子だもん。

 

そんな奈未はジンコのオフィスにお使いに行った際、ジンコから副社長(ユースケ・サンタマリア)との食事会のセッティングを頼まれます。

実はジンコと副社長は元夫婦だったんだって~。

そしてジンコの仕事を手伝わないかと誘われてウキウキの奈未。

ジンコと麗子が旧知の仲だと知っているのに、麗子の愚痴をジンコに言ってるところ、なんかう~んて感じ。しかも生き生きと。性格が悪い。

そしてジンコの言うことを肯定しかしない、明らかに顔色を伺って仕事をしているスタッフたちを見て、いいチームだと思えたの謎。お前の目は節穴か?どうしたらスタッフ一人一人とちゃんとコミュニケーションをとってるように見えたの? 

ジンコのところでファッション関係の仕事ができることに舞い上がってる奈未を見て非常にイラつきました。

 

そんな中、奈未は同僚の遥(久保田紗友)に誘われてグランピングに行くことに。

色々あってメンバーは奈未・遥・中沢(間宮祥太朗)・潤之介の4人。

遥は中沢さんのことが好きみたいだけど、中沢さんは奈未のことが気になっていて、奈未は潤之介が好きという見事な一方通行。

仕事面でも奈未にはイライラさせられるけど、恋愛においてもイライラするわぁ。石橋叩いてるつもりなのか、あれ。ちょっとした言葉の端をとらえて潤之介の気持ちを推し量ろうとしてるの。

自分から「半径1メートル以内に入るな」と言っておきながら、潤之介が本当にそうしてるのに気づいて大笑いもなんか…。全然可愛くない。(上白石萌音ちゃんは好きだけど)

一方、中沢さんのあからさまな奈未への好意に気づきつつある遥。怖いわぁ。アユへの卑劣な嫌がらせを思い出すわぁ。(『M 愛すべき人がいて』)

 

 

さて。

芋ようかんの件が麗子に認められたと知るや否や手のひらを返す奈未。

ジンコが麗子のことを「編集長として最低ランク」だと言ったことに必死に反論してましたが、そう言われたのは部下の教育がなってないって意味だし、奈未を見てる限り麗子がそう言われても仕方ないかと。はい。

何よりもあんなに麗子のことを最悪だと言っていたのに、急な手のひら返し、引くわ~。

着物の撮影のシーンはよくわからないけどオシャレだったなぁ。

撮影に使う帯がひとつ間に合わなくて、アシスタントがそれをジンコに相談せず勝手な判断で別の帯を用意したことにぶちギレたジンコでしたが、なんだかんだで自分が裸の王様だったことに気づいたんだねぇ。素直に謝るところは好感が持てましたよ~。

それにしても高岡早紀美しいなぁ。

 

麗子はどうやら本当に副社長に恋している模様。

嘘だろ。あんな見た目なのに恋が苦手とか嘘だろw

上司の夫だと思うと気を遣うのはわかるが、洋服のタグがつけっぱなしだったことを指摘されて恋に落ちた?ww 謎。

 

 

奈未と潤之介は二人で星を見に行く約束をしていたんだけど、その直前に「潤之介には一途に思い続ける幼馴染がいるらしい」と人づてに聞いちゃった奈未。

 

 

この人が言いました。↑

 

漫画やドラマにありがちだけど、なんで本人に確認する前に勝手に思い詰めて約束すっぽかすの?そんですっぽかされた方は雨の中ずぶ濡れで待ってるの?道明寺なの?

なんで肝心な時に携帯忘れるの?

潤之介に好きな人がいるかもしれないと知ってからの奈未の落ち込みようも大げさすぎて。まさかの既婚だったとかなら仕事中でもあんなに上の空になるのもまだわかるよ。でも彼女がいたですらない。「好きな人がいるかもしれない」だよ!そんなの誰にだってありえることだよ?せっかく芋ようかん認められたんだろ?少しは落ち着いてくれ!

 

倉科カナと玉森裕太が幼馴染役って、倉科カナの方がだいぶ年上じゃないの?って思ったら33歳と30歳だった。玉森君って若く見えるね。30歳で子犬のコスプレ、すごいわ~。一般の30歳がやったら事故でしかない。

 

 

www.matchadrama.com

 

 

 

f:id:matchadrama:20210127131302p:plain