抹茶のドラマ感想

ネタバレありのあらすじ&感想です。

「競争の番人」第1話の感想【原作を読まずに見ます】

最近のフジテレビのドラマにはがっかりさせられてばっかりなので。

前クールの月9「元彼の遺言状」も、たまたまドラマ化されると知る前に原作小説を読んでいたので楽しみにしていたんですけど、原作ではモブキャラの篠田がなぜか主役級。

原作にはないオリジナルの事件も軒並みしょぼくてびっくり。

でも、原作を知らなければ面白く見られたかもしれない…と思ったので、今回の「競争の番人」も、「元彼~」と同じ新川帆立さんの小説が原作ですが、あえて読まずに視聴してみました。

といっても実は気になって冒頭だけ読んでしまいましたw

結婚式場のカルテルが問題になり、天沢社長を追うところまで。ちょいちょい設定は変わってますが、ここまでは大方原作通りでしたね?

天沢専務(山本耕史)が想像よりだいぶイケメンでしたw

 

小勝負役の坂口健太郎も良かったです。でも「ドレス姿が見たい」とか、「坂口健太郎に言われたいだろ」的な台詞のシーンはなくて良い。

あと楓が…

捜査一課でやらかして公正取引委員会に飛ばされてきたという設定なのでポンコツでもいいのかもしれないけど、そもそも捜査一課の刑事って優秀な人しかなれないのでは…

小勝負の言動の意図が全然わかってなかったり、お花屋さんのシーンでも頭が悪そうで。

公取では新人だけど、あんなに馬鹿っぽくしなくてもいいのに。

 

桃園さん(小池栄子)が面白かったので、たくさん出てきてくれたらいいな~と思いました。

 

 

 

 

www.matchadrama.com